電子書籍が安く買えるお得なクーポンを配布しているストア9選

KindleとBOOK☆WALKERはどっちがオススメ?8つのチェックポイントで徹底比較

kindle BOOK☆WALKER 比較

「Kindleストア」は世界一のECサイトAmazonが運営する電子書籍ストア、「BOOK☆WALKER」は大手出版社のKADOKAWAが運営する電子書籍ストアです。

ヨメ
ヨメ

電子書籍を買うならKindleストアとBOOK☆WALKERどっちがオススメなの?

トミー
トミー

ラノベ・コミックを中心に読みたいならBOOK☆WALKER、様々なジャンルの本が読みたいならKindleがオススメかな

Kindleストア、BOOK☆WALKERともに特徴的なサービスを展開しています。

特に電子書籍でライトノベルが読みたい方はどちらを使うかで悩むのではないでしょうか。

そこでこの記事ではKindleストアとBOOK☆WALKERのサービスの特徴や利用するメリットを比較してどちらを利用するとお得になるのかを解説していきます。

トミー
トミー

どちらを使うか悩んだ時の参考にしていただければ幸いです

KindleストアとBOOK☆WALKERはどっちがオススメ?|基本的な考え方

KindleストアとBOOK☆WALKERのどちらを使うかで悩んだらまずは次の3点を考えてみてください。

  1. ライトノベルをメインで購入するかどうか
  2. “特典付きライトノベル”に興味が惹かれるかどうか
  3. 毎月5,000円以上電子書籍を購入するかどうか

もし、この3つのポイントのどれかに当てはまるならBOOK☆WALKERを利用することをオススメします。

ヨメ
ヨメ

なんでライトノベル購入と5,000円以上購入が重要なの?

トミー
トミー

じゃあ、その理由を解説していくね

BOOK☆WALKERはライトノベルの品揃えがNo.1でオリジナル特典もつく

BOOK☆WALKERは出版社のKADOKAWAが運営する電子書籍ストアで、KADOKAWAは有名ライトノベルレーベルを多数保有しています。
KADOKAWAの保有しているライトノベルレーベルは以下の通りです。

  • 角川スニーカー文庫
  • 電撃文庫
  • MF文庫J
  • ファンタジア文庫
  • ファミ通文庫

漫画で例えるとジャンプ、マガジン、サンデーの3大レーベルを保有しているようなものです。
ライトノベルジャンルにおいてKADOKAWAは絶大な影響力を持っています。

影響力は品揃えにも反映されていて、BOOK☆WALKERとKindleストアが取り扱うライトノベルを比較するとBOOK☆WALKERの方が品揃えが豊富です。(2020年1月時点)

ジャンルBOOK☆WALKERKindleストア
ライトノベル46,500冊
(25,000タイトル)
40,000冊以上
トミー
トミー

買うなら一番品揃えがいいところが良いですよね

さらに、BOOK☆WALKERは作者やイラストレーターとの強いパイプを利用したオリジナル特典も魅力です。
ライトノベルを購入すると「描き下ろしペーパー」や「ショートストーリー」といったファンなら絶対にチェックしたいオリジナル特典がついてきます。

もちろん追加料金などはかかりません。同じ値段で特典がついてきます。
特典はBOOK☆WALKER限定ですのでKindleストアで同じ本を購入してもついてきません。

ライトノベルをたくさん読んでいて、なおかつ作品や著者、イラストレーターのファンの方はBOOK☆WALKERを使った方が満足度が高くなるでしょう。

ヨメ
ヨメ

ラノベ好きにはBOOK☆WALKERの方がオススメだね

トミー
トミー

特典がついてくるのは強烈すぎるよ

どのような作品に特典がついてくるのかBOOK☆WALKERの公式サイトでぜひチェックしてみてください。

BOOK☆WALKER 公式サイト

BOOK☆WALKERは買えば買うほどコイン還元率がアップする

電子書籍を購入するとBOOK☆WALKERは専用コイン、Kindleストアはポイントが購入金額の数%分還元されます。

還元率は作品によって異なりますがKindleストアはほとんど1%です。
それに対してBOOK☆WALKERは前月の購入金額で還元率が決定して以下の表のように規定されています。

BOOK☆WALKER ブックウォーカークラブ 2019年12月

会員登録をするだけだと還元率1%でKindleと変わりませんが、前月購入金額5,000円以上の「レギュラー」になると還元率が5%になります。これは他のストアも含めてもトップクラスの還元率です。

さらに、BOOK☆WALKERで800万円以上購入するとコイン還元率が常時18%になります。

ヨメ
ヨメ

常時18%って凄すぎるね

トミー
トミー

合計800万円は果てしなく遠いw

800万円は無理でも毎月5,000円ならライトノベルやコミックをたくさん買う方なら達成しやすいのではないでしょうか。

さらに条件を満たせば還元率が上がるので毎月たくさん電子書籍を買う予定ならBOOK☆WALKERを利用した方がお得です。

BOOK☆WALKERの利用がオススメの人

  • ライトノベルをメインに電子書籍を書いたい人
  • 好きな作品、著者、イラストレーターの”オリジナル特典”が欲しい人
  • 本を毎月5,000円以上購入する人

BOOK☆WALKER 公式サイト

Kindleストアの利用がオススメの人

  • マンガ、小説、ラノベ、ビジネス書など様々なジャンルの本が読みたい人
  • 面倒な条件を考えすに割引・ポイントアップされるストアを使いたい人
  • Amazonの通販を利用する人
  • Kindle Unlimitedを利用したい人
  • 電子書籍専用リーダー端末Kindleを利用したい人

Amazon Kindleストア 公式サイト

Kindleストアは品揃えが全ストアの中でもトップクラス

Amazon Kindleストアの魅力は豊富な品揃えです。
コミックはもちろん、小説、ライトノベル、ビジネス書、参考書など多岐にわたるジャンルの本をしっかりと取り揃えています。

BOOK☆WALKERもコミックやラノベの品揃えでは負けていませんが、ビジネス書や実用書、参考書などエンタメ以外の分野になるとKindleストアが圧倒的に品揃え豊富です。

様々なジャンルの本を読みたかったり、家族で電子書籍を利用したいならKindleストアがオススメです。

トミー
トミー

特にビジネス書の品揃えが素晴らしいです

KindleとBOOK☆WALKERを9つのポイントで比較

比較内容KindleBOOK☆WALKER
ストアの安全性Amazonが運営KADOKAWAが運営
サービスのタイプストア型 / 個別購入
サブスクリプション(Kindle Unlimited)
ストア型 / 個別購入
電子書籍専用リーダー端末Kindle Paperwhite などなし
電子書籍の品揃え全ジャンルの品揃えが豊富
特にビジネス書が強い
ライトノベルとコミックの品揃えが豊富
アプリの仕様縦読み/ページ自動送り/アプリロック ができないページ自動送り/アプリロック ができない
ポイント制度1ポイント=1円
還元率は作品ごとに異なる
1コイン=1円
前月の購入金額に応じて還元率が変わる(最大18%)
キャンペーン・セールなど定期的に実施
ポイント還元、割引など
日替わりセール
月替りセール
定期的に実施
KADOKAWA系キャンペーンが他ストアよりすごい
会員登録でコイン50%バック
オリジナル特典付き電子書籍の販売
支払い方法クレジット
ドコモ払い spモード決済
au かんたん決済/au WALLET
Amazonギフト(コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー)
クレジット
ニコニコポイント
ドコモ払い
auかんたん決済/au WALLET
PayPal
WebMoney(ウェブマネー)
BitCash
楽天ペイ(旧楽天ID)
LINE Pay
nanaco
BOOK☆WALKERコイン
楽天Edy(PC、Android端末のみ)
Suica(PC、Android端末のみ)
iD(PC、Android端末のみ)
nanaco(PC、Android端末のみ)
Apple ID(iTunes Card)決済(iOSアプリのみ)
ヨメ
ヨメ

それぞれのストアに特徴があるね〜

トミー
トミー

サービス内容が自分にとって”得”な方をしっかり見極めよう

それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

ストアの安全性

電子書籍ストア 安全性

ヨメ
ヨメ

KADOKAWAってかなり大きな出版社だよね?

トミー
トミー

売り上げ金額だけで見れば日本の出版社でトップ3に入るね

KADOKAWAといえばご存知の方も多い出版社かと思います。2019年は講談社に次ぐ第2位の売り上げ規模でした。
超大手出版社のKADOKAWAが運営する電子書籍ストアということでBOOK☆WALKERは安心して利用できるストアですね。

Kindleストアは世界一のECサイトのAmazonが運営する電子書籍ストアで、日本での電子書籍シェア第1位のストアです。
こちらも安心して利用できます。

トミー
トミー

KindleストアもBOOK☆WALKERも大手企業が運営してるから安心・安全なストアです

サービスのタイプで比較

読書 読みふける

KindleとBOOK☆WALKERは共にサイトで電子書籍を購入して専用のリーダーアプリで本を読む「ストア型」の個別課金です。
サイトの使いやすさや購入のしやすさは個人で違いがあると思いますので実際にサイトを訪問して比較してみてください。

ちなみに僕は検索機能とランキングで本を探すことが多いのでKindleストアの方が使いやすいです。

トミー
トミー

Kindleは本が探しやすい

個別課金とは別にKindleストアは月額980円で10万冊の本が読み放題になる「Kindleキンドル Unlimitedアンリミテッド」というサブスクリプションサービス(定額サービス)も提供しています。

10万冊の本が読み放題です。すごくないですか?

様々な本に触れることができる「Kindle Unlimited」は人生を変えるサービスだと思います。

実際、僕も「Kindle Unlimited」を使い始めてからたくさん本を読むようになって人生が豊かになったなと感じています。

「Kindle Unlimited」は本当にオススメで、特にビジネス書が読みたい社会人の方にはぜひとも使って欲しいサービスです。

「Kindle Unlimited」は1ヶ月無料でお試し利用できます。
ちょっとでも気になったら、まずは無料でお試し利用してみてください。

Kindle Unlimitedを無料で試す

トミー
トミー

Kindle Unlimitedは利用する価値のあるすごいサービスです

電子書籍専用リーダー「Kindle」

Kindle Paperwhite

Kindleストアは電子書籍専用のリーダー端末「Kindle」を販売しています。
読書のための専用タブレットで「E Ink(イーインク)ディスプレイ」を採用。紙のように読みやすい読書好きにオススメの端末です。

created by Rinker
Amazon
¥15,980(2020/06/04 10:44:22時点 Amazon調べ-詳細)

アマゾンプライムデー、サイバーマンデーなどの大型セールの時に半額近くまで値引きになるので急ぎではないならセールを待ちましょう。

そして、残念ながらBOOK☆WALKERには電子書籍用の専用リーダー端末はありません。
スマホかiPadなど市販のタブレットを使いましょう。
※BOOK☆WALKERで買った本をkindleで読むことはできません。

小説やビジネス書など読書で画面を長時間見るなら「E Inkディスプレイ」を採用しているKindleはとても魅力的です。
紙の本に近い読み心地なのでスマホやiPadなどのタブレットで本を読むときに比べて目が疲れにくくなります。

また、「Kindle Paperwhite」「Kindle Oasis」は防水機能もついているのでお風呂などのリラックスタイム中に読書を楽しむことができるのもポイントが高い。

トミー
トミー

お風呂読書、最高ですよ

【注意点】
電子書籍専用端末「kindle」を持っていなくてもスマホやタブレットに「Kindle」または「BOOK☆WALKER」のアプリをインストールすれば電子書籍は読めます

電子書籍専用リーダー端末「kindle」はあくまで読書のオプションですが、より快適な読書のためには購入を検討するのも良いでしょう。
あくまでも電子書籍を読むことに特化したタブレットが電子書籍専用端末「Kindle」になります。

ヨメ
ヨメ

専用リーダー端末って必要?

トミー
トミー

そ、それは人によりけりだね…

電子書籍の品揃えを比較

書店イメージ
KindleストアとBOOK☆WALKERの電子書籍の品揃えを比較してみましょう。

比較項目KindleBOOK☆WALKER
少年マンガ30,000冊以上45,000冊
青年マンガ40,000冊以上84,000冊
少女マンガ30,000冊以上44,000冊
女性マンガ20,000冊以上65,000冊
ティーンズラブ20,000冊以上41,000冊
ボーイズラブ40,000冊以上35,000冊
オトナコミック50,000冊以上46,000冊
小説50,000冊以上100,000冊
ライトノベル40,000冊以上46,500冊
ビジネス書70,000冊以上
(ビジネス+趣味・実用)
13,000冊
(ビジネスのみ)

※Amazon Kindleストアは目安の数のみサイトに記載
※Kindleのビジネス書は「ビジネス・経営」と「趣味・実用」の合算

BOOK☆WALKERのストア全体の品揃えは63万冊です。Kindleストアは残念ながら不明。

BOOK☆WALKERはエンタメに強く、小説レーベルを多く保持しているKADOKAWAの特徴が品揃えにも現れています。
コミック、ライトノベル、小説の品揃えの充実具合はさすがですね。

Kindleストアも品揃えでは負けていません。
おおよその数しか出ていないのですが、ビジネス書やその他のジャンルの本に関してはKindleストアの方がやや優勢です。
コミック、ライトノベル、小説なども目安しか表示されないので実際はBOOK☆WALKERとほぼ変わらない品揃えだと思われます。

唯一、KADOKAWA系ライトノベルはBOOK☆WALKERの先行配信や独占配信があるのでラノベが読みたい方、好きな方はBOOK☆WALKERを利用する方が良いでしょう。

トミー
トミー

品揃えはラノベならBOOK☆WALKER、ビジネス書・実用書ならKindleストアがオススメ

アプリの仕様で比較

Kindle、BOOK☆WALKERの電子書籍をスマホやタブレットで読む時に使用するリーダーアプリの比較です。

比較項目KindleBOOK☆WALKER
縦読み×
目次
ページめくり方の変更
ページの自動めくり××
画像の拡大
しおり・付箋機能
明るさ調整
本棚作成(整理機能)
ダウンロード中に読書
アプリのロック××
本棚のロック××

アプリはどちらも使いやすいです。
Kindleで電子書籍を買っても、BOOK☆WALKERで電子書籍を買っても快適に本を読むことができます。

ただ、Kindleは縦読みに対応していません。縦読みで本が読みたい場合はBOOK☆WALKERを使いましょう。

トミー
トミー

どちらも高機能なアプリです

ポイント制度で比較

豚の貯金箱 金

電子書籍を購入するとAmazonはポイント、BOOK☆WALKERはコインが付与されます。
1ポイント(1コイン)=1円として使えるので呼び方が違うだけで同じものです。

付与されたポイントは次に電子書籍を購入するときに使えますし、Kindleストアの場合はアマゾンの通販で買い物をする場合にも使うことができます。

ポイント付与率は以下の通りです。

KindleBOOK☆WALKER
0%〜(作品によって異なる)1〜18%

Kindleストアのポイント制度の特徴

Kindleストアは作品によってポイントの付与率が異なります。
ほとんどの作品のポイント付与率は1%ですが直接金額が値引きなっている作品はポイント付与率が0%だったり、逆に定価だけど10%以上のポイントが付く場合もあります。

Kindleストアの良いところは誰でも・いつでもポイント還元(または値引き)で電子書籍が購入できるところです。
Amazonプライム会員じゃないとポイントがつかないというような”縛り”がありません。

無料会員登録をしてKindleストアで買い物をするだけでポイントがもらえます。

トミー
トミー

誰でもお得に電子書籍が購入できるのは嬉しいですね

Kindleストアでさらに上手に買い物がするならAmazonギフト券チャージを利用するとお得です。
チャージした金額に応じてポイントが付与され、最大で2.5%還元されます。

Amazonギフト券チャージ

チャージした金額とボーナスポイントは電子書籍だけではなく、Amazonの通販で利用できます。
Kindleで電子書籍を購入するならAmazonギフト券チャージをうまく活用しましょう!
Amazonギフト券でポイントをチャージする

BOOK☆WALKERのコイン制度の特徴

BOOK☆WALKERは前月に購入した電子書籍の金額に応じてコインの付与率が決まります。
ちなみにこのコイン制度は「ブックウォーカークラブ」と言います。

ポイント付与率と購入金額は以下の表の通りです。

BOOK☆WALKER ブックウォーカークラブ 2019年12月

最低でも1%のコインバックは保証されています。

僕がお得になると感じるラインは5%からです。理由は楽天Koboなど他のストアで3%前後の還元率が多くなってきていると感じるため。

常時5%還元はまだまだ実施しているストアは少ないです。

5%還元のためには毎月5,000円以上電子書籍を購入する必要がありますが、漫画やライトノベルをたくさん読む方なら割と簡単に達成できるのではないでしょうか。

新刊(新着作品)も含めて購入してジャック以上の還元率を維持できるならBOOK☆WALKERはめちゃくちゃお得なストアに変貌します。

まずは毎月どのくらい本を買うのかチェックしてみて、還元率がどのくらいになるのか計算してみてください。

ヨメ
ヨメ

漫画とラノベ好きの人は達成できそう

トミー
トミー

ジャックの8%還元はヤバイくらいにお得だね

BOOK☆WALKER 公式サイト

電子書籍のキャンペーンやセールで比較

セール

ヨメ
ヨメ

KindleストアとBOOK☆WALKERのセールはどう?

トミー
トミー

BOOK☆WALKERのニコニコKADOKAWA祭りはすごいよ

それぞれのストアのキャンペーン・セールの特徴を見ていきましょう。

Kindleストアは値引きキャンペーンが充実

Kindleは毎日いろいろな本が割引になります。
主なセールやキャンペーンは以下の通りです。

  • 日替わりセール
  • 月替りセール
  • 漫画のまとめ買いセール
  • そのほか様々なキャンペーンによる値引き

とにかくたくさんの電子書籍が値引きになってます。

特にKindleは紙の本と電子書籍の値段差を意識していて、電子書籍の方が紙の本より10%ほど安くなっているケースが多いです。

ほかの電子書籍ストアは紙の本と同じ値段で売っているのでKindleはかなりお得です。

ヨメ
ヨメ

Kindleはポイント還元より値引が多いんだね

トミー
トミー

値引きで安くなってる漫画や本が多いよ

Kindleのキャンペーンのいいところはポイントアップや値引きが誰にでも適用されるところです。
Amazonプライム会員の方が還元率が高いなどの差別化がありません。

初めて電子書籍を使う方にとって「Kindle」は敷居も低く、お得に電子書籍が購入できるのでかなりオススメです。
Kindleストアでお得に電子書籍を購入する

BOOK☆WALKERは初回半額コインバック、KADOKAWA作品キャンペーン、オリジナル特典が激アツ!

BOOK☆WALKERで特に注目したいキャンペーンが3つあります。

  1. KADOKAWA系作品のキャンペーンが他ストアよりすごい
  2. 会員登録でコイン50%バック
  3. オリジナル特典付き電子書籍の販売

自社作品であるKADOKAWA系作品が他ストアよりもお得に買えたり、オリジナル特典がついてきたりします。

BOOK☆WALKER KADOKAWAキャンペーン

こんな感じでKADOKAWA系作品だけ優遇するキャンペーンを定期的に実施しています。

また、BOOK☆WALKERで初めて電子書籍を購入すると、初回購入金額の半額分がコインで還元されるキャンペーンを実施しています。

しかも、このキャンペーン、還元額に上限がありません。
1万円分買ったら5,000コイン、10万円分買ったら50,000コイン還元と、買えば買うだけお得なキャンペーンになっています。

トミー
トミー

半額キャンペーンは激アツなので上手に活用しましょう

BOOK☆WALKER 公式サイト

支払い方法で比較

支払い 買い物 ショッピング

KindleBOOK☆WALKER
クレジット
ドコモ払い spモード決済
au かんたん決済/au WALLET
ATM
コンビニ払い
ネットバンキング
電子マネー払い
※ATM、コンビニ払い、ネットバンキング、電子マネー払いは「Amazonギフト券チャージ」を購入後に電子書籍を買う
クレジット
ニコニコポイント
ドコモ払い
auかんたん決済/au WALLET
PayPal
WebMoney(ウェブマネー)
BitCash
楽天ペイ(旧楽天ID)
LINE Pay
nanaco
BOOK☆WALKERコイン
楽天Edy
Suica
iD
nanaco
Apple ID(iTunes Card)決済
※楽天Edy、Suica、iD、nanacoはPC、Android端末のみ
※Apple ID(iTunes Card)決済はiOSアプリのみ

Kindleストアも決済は豊富ですが、BOOK☆WALKERはそれ以上にたくさんの決済方法を取り扱っています。

注意点は楽天Edy、Suica、iD、nanacoはPC、Android端末のみ対応、Apple ID(iTunes Card)決済はiOSアプリのみ対応というところです。

僕がBOOK☆WALKERを使わなくなった2つの理由

最後に、僕がBOOK☆WALKERを使わなくなった理由について書きます。

現在、僕が利用している主な電子書籍ストアはKindle、楽天Kobo、DMM.com(FANZA)です。

ヨメ
ヨメ

なんでBOOK☆WALKERを使わなくなったの?

トミー
トミー

ラノベを読む量が減ったからだね

僕は以前、たくさんのライトノベルを読んでいました。
「ソードアート・オンライン」「アクセル・ワールド」「僕は友達が少ない」、電撃文庫の新人作品、ラノベと小説の中間くらいに位置する角川スニーカー文庫など暇があればラノベを読んでいました。

トミー
トミー

当時、ラノベ作家になりたいと思ったくらいですw

BOOK☆WALKERのサービスが始まってラノベを買うようにはなったのですが、ちょうど買い始めるくらいの時期から仕事と家庭が忙しくなりラノベを読む量が減ってしまいました。

加えて、ビジネス書やブログ関連の本を読むようになり、ビジネス書が強いKindleを積極的に利用するようになりました。

また、ポイント還元率も僕の場合はBOOK☆WALKERより楽天Koboを使った方がお得になるので残念ながらBOOK☆WALKERは使わなくなりました。

まとめると、僕がBOOK☆WALKERよりKindleを選んだ理由は以下の2つになります。

  • Kindleストアのビジネス書とKindle Unlimitedに魅力があった
  • ポイント還元率が楽天Koboの方がお得だった

BOOK☆WALKERも素晴らしいストアですが、僕のライフスタイルには合いませんでした。

ぜひ、KindleとBOOK☆WALKERのどちらが自分に合っているのか比較項目をチェックしてお得になる方を利用してみてください。

ヨメ
ヨメ

自分のライフスタイルに合うストアを選ぶことが重要なんだね

トミー
トミー

ぴったり合うストアを「トレデン」で見つけてくださいね!

KindleとBOOK☆WALKERどっちがオススメ?|まとめ

Amazonが運営する「Kindleストア」と大手出版社KADOKAWAが運営する「BOOK☆WALKER」について両ストアのサービスの特徴や利用するメリットについて比較しました。

Kindleストアがオススメの人

  • マンガ、小説、ラノベ、ビジネス書など様々なジャンルの本が読みたい人
  • 面倒な条件を考えすに割引・ポイントアップされるストアを使いたい人
  • Amazonの通販を利用する人
  • Kindle Unlimitedを利用したい人
  • 電子書籍専用リーダー端末Kindleを利用したい人

Amazon Kindleストア 公式サイト

BOOK☆WALKERの利用がオススメの人

  • ライトノベルをメインに電子書籍を書いたい人
  • 好きな作品、著者、イラストレーターの”オリジナル特典”が欲しい人
  • 本を毎月5,000円以上購入する人

BOOK☆WALKER 公式サイト

Kindleストア、BOOK☆WALKERとも素晴らしいサービスを展開している電子書籍ストアです。

ライトノベルの品揃え、毎月の電子書籍購入金額でお得度が変わってきます。
ぜひ自分のライフスタイルに合う使いやすそうなストアを利用してみてください。

以上、トレデン編集長で電子書籍ストア案内人のトミー(@trendebooks)でした。