KindleとBOOK☆WALKERはどっちがオススメ?9つの項目で徹底比較

kindle BOOK☆WALKER 比較
ヨメ
ヨメ

電子書籍を買うならBOOK☆WALKERとKindleストアってどっちがオススメなの?

トミー
トミー

ラノベ・コミックを中心ならBOOK☆WALKER、ビジネス書とか小説が読みたいならKindleがオススメかな

ヨメ
ヨメ

そうなる理由が知りたい

トミー
トミー

じゃあ、BOOK☆WALKERとKindleのサービス内容やメリットを比較しながら理由を解説するね

電子書籍販売に携わっている書店員のトミー(@trendebooks)です。

大手出版社KADOKAWAが運営するBOOK☆WALKERとAmazonのKindleストアはともに人気の電子書籍ストアでどちらを使うか悩みます。

そこでこの記事ではBOOK☆WALKERとKindleストアのサービスの特徴や利用するメリットを比較して、どちらのストアを使うとお得になるのか提案していきます。

BOOK☆WALKERとKindleストアのどちらを使うかで悩んでいる方の参考になれば幸いです。

関連記事 BOOK WALKERがすごすぎる!評判やサービスの特徴を徹底レビュー

関連記事 Amazon Kindleストアって実際どう?本音レビュー&評判や口コミをチェック

BOOK☆WALKERとKindleストアはどっちがオススメ?|基本的な考え方

KindleストアとBOOK☆WALKERのどちらを使うかで悩んだらまずコミックとライトノベルを買うのかどうか、そして本に毎月いくら使っているかを考えてみてください。

BOOK☆WALKERの利用がオススメの人

  • ライトノベルをメインに電子書籍を買いたい人
  • “特典つき電子書籍”に魅力を感じる人
  • 本を毎月5,000円以上購入する人

関連記事 BOOK WALKERがすごすぎる!評判やサービスの特徴を徹底レビュー

Kindleストアの利用がオススメの人

  • Amazonの通販を利用している人
  • ビジネス書をメインに電子書籍が使いたい人
  • 誰でも割引やポイントアップされるストアを使いたい人
  • 電子書籍読み放題の「Kindle Unlimited」を利用したい人
  • 電子書籍専用リーダー端末「Kindle」が使いたい人

関連記事 Amazon Kindleストアって実際どう?本音レビュー&評判や口コミをチェック

ヨメ
ヨメ

なんでラノベや特典、毎月5,000円以上購入だとBOOK☆WALKERがオススメなの?

トミー
トミー

じゃあ、BOOK☆WALKERとKindleのサービス内容を比較しながら説明していくね

KindleとBOOK☆WALKERを9つの項目で比較

比較内容BOOK☆WALKERKindle
ストアの安全性KADOKAWAが運営Amazonが運営
電子書籍の品揃えライトノベルが強いビジネス書が強い
販売方式ストア型/ 個別購入ストア型 / 個別購入
定額読み放題KADOKAWA系の雑誌、小説、ライトノベル10万冊以上の電子書籍
電子書籍リーダー端末なしKindle Paperwhite など
ポイント制度ブックウォーカーコイン(還元率:1〜18倍)Amazonポイント(1%〜)
キャンペーン・セール
  • 高いコイン還元率
  • 初回購入金額の50%コイン還元
  • オリジナル特典つき電子書籍の配信
など
  • 日替わりセール
  • 月替りセール
  • 割引、ポイントアップ
など
アプリの仕様
  • 自動送り(×)
  • アプリロック(×)
  • 縦読みページ(×)
  • 自動送り(×)
  • アプリロック(×)
支払い方法
  • クレジット
  • ニコニコポイント
  • ドコモ払い
  • auかんたん決済/au WALLET
  • PayPal
  • WebMoney
  • BitCash
  • 楽天ペイ
  • LINE Pay
  • BOOK☆WALKERコイン
  • 楽天Edy(PC、Android)
  • Suica(PC、Android)
  • iD(PC、Android)
  • nanaco(PC、Android)
  • Apple ID(iTunes Card)決済(iOSアプリ)
  • クレジット
  • ドコモ払い/spモード決済
  • au かんたん決済/au WALLET
  • Amazonギフト

「電子書籍の品揃え」「ポイント制度」「キャンペーン・セール」の項目でBOOK☆WALKERとKindleストアの特徴が出ています。

トミー
トミー

それでは、各項目比較していきましょう

ストアの安全性を比較

電子書籍ストア 安全性

電子書籍を買うときにまずチェックしていただきたいことは運営会社の安全性です。

ヨメ
ヨメ

KADOKAWAってかなり大きな出版社だよね?

トミー
トミー

売り上げ金額だけで見れば日本の出版社でトップ3に入るね

KADOKAWAといえばご存知の方も多い出版社かと思います。2019年は講談社に次ぐ第2位の売り上げ規模でした。

BOOK☆WALKERは超大手出版社のKADOKAWAが運営する電子書籍ストアということで安心して利用できます。

Kindleストアは世界一のECサイトのAmazonが運営する電子書籍ストアで、日本での電子書籍シェア第1位のストアです。こちらも安心して利用できますね。

BOOK☆WALKERもKindleストアも大手企業が運営する安心・安全なストア

品揃えを比較

書店イメージ


BOOK☆WALKERとKindleストアの電子書籍の品揃えを比較していきます。

まずは電子書籍で人気のジャンルで比較をしてみましょう。

比較項目BOOK☆WALKERKindle
少年マンガ46,000冊40,000冊以上
青年マンガ92,000冊40,000冊以上
少女マンガ47,000冊30,000冊以上
女性マンガ71,000冊20,000冊以上
ティーンズラブ42,000冊20,000冊以上
ボーイズラブ38,000冊50,000冊以上
オトナコミック51,000冊50,000冊以上
小説103,000冊70,000冊以上
ライトノベル43,000冊40,000冊以上
ビジネス書14,000冊40,000冊以上

Kindleストアの正確な品揃えがわからず、分かる範囲で記載しています。BOOK☆WALKERもおおよその数字で記載しました。

BOOK☆WALKERは漫画や小説、ラノベなどエンタメ系の本の品揃えが素晴らしいです。その中でも注目していただきたいのがライトノベル。

KADOKAWAは人気の有名ライトノベルレーベルを多数保有しています。

  • 角川スニーカー文庫
  • 電撃文庫
  • MF文庫J
  • ファンタジア文庫
  • ファミ通文庫

漫画雑誌で例えるとジャンプ、マガジン、サンデーのを保有しているような状態です。ライトノベルジャンルにおいてKADOKAWAは絶大な影響力を持っています

ライトノベルの品揃えがしっかりしているので、ラノベ好きの方はKindleよりもBOOK☆WALKERを利用するのがよいでしょう。

トミー
トミー

BOOK☆WALKERのラノベの品揃えはピカイチ!

Kindleストアの品揃えの魅力はさまざまなジャンルの電子書籍を取り扱っているところです。

コミック、小説、ラノベのエンタメ系はもちろん、ビジネス書、資格本、語学・教育系など紙の本と変わらないラインナップです。

いろいろな本が読みたい方はKindleの方がオススメです。

  • コミック、小説、ラノベなどエンタメ系メイン⇒BOOK☆WALKER
  • さまざまなジャンルの本が読みたい⇒Kindle

販売方式で比較

読書 読みふける

KindleとBOOK☆WALKERは共にサイトで電子書籍を購入して専用のアプリで本を読む「ストア型」の個別課金モデルです。サイトの使いやすさや購入のしやすさは個人で違いがあると思いますので実際にサイトを使い比べてみると良いでしょう。

ちなみに僕はBOOK☆WALKERのサイトを開いた時、たくさんの表紙が並んでいるのを眺めるのが好きです。表紙買いをするときに便利。

Kindleストアは検索機能が素晴らしいです。欲しい本が簡単に見つかります。

購入方法はどちらも同じなので使いやすいと感じるサイトを選ぶと良いでしょう。

どちらもサイトで電子書籍を購入してアプリで読むストア型

定額読み放題を比較

BOOK☆WALKERKindle
  • マンガ・雑誌読み放題
  • 角川文庫・ラノベ読み放題
Kindle Unlimited
それぞれ836/月(税込)980円/月(税込)
  • マンガ誌60誌以上、単行本5,000冊以上
  • 文庫・ラノベ1万冊以上
10万冊以上

BOOK☆WALKERは「マンガ・雑誌の読み放題」と「角川文庫・ラノベ読み放題」の2種類の読み放題サービスがあります。料金はどちらも836円(税込)です。

「マンガ・雑誌の読み放題」はKADOKAWA系の人気コミック誌やゲーム雑誌、「角川文庫・ラノベ読み放題」は電撃文庫などの人気レーベルの本を読むことが出来ます。Kindleキンドル Unlimitedアンリミテッド」では読めない作品も多いところが特徴です。

トミー
トミー

出版社が電子書籍を運営する利点を最大限にいかしています

\KADOKAWAの人気小説、ラノベ、漫画、雑誌が読み放題/

Kindleストアは月額980円で10万冊の本が読み放題になる「Kindleキンドル Unlimitedアンリミテッド」という読み放題サービスがあります。こちらは読み放題になる電子書籍がなんと10万冊以上!

コミック、小説、ラノベ、ビジネス書、雑誌など様々な本を気軽に読むことが出来ます。

トミー
トミー

いろいろな本が読みたいならKindle Unlimitedがオススメ

関連記事 Kindle Unlimitedの評判は?使って分かった特徴とメリット・デメリットを丁寧に解説

KADOKAWA系のコミック雑誌、角川文庫や電撃文庫などのライトノベルが読みたければBOOK☆WALKERの読み放題がオススメです。

いろいろな本をたくさん読みたい方とビジネス書が読みたい方は「Kindleキンドル Unlimitedアンリミテッド」を利用すると良いでしょう。

\30日間無料でお試し!/

もちろん両方使うのもありです。

  • BOOK☆WALKER⇒KADOKAWA系作品が読み放題
  • Kindle Unlimited⇒10万冊以上が読み放題

電子書籍専用リーダーで比較

Kindle Paperwhite

Kindleストアは電子書籍専用のリーダー端末「Kindle」を販売しています。

読書のための専用タブレットで本に近い感覚で読書ができる「E Ink(イーインク)ディスプレイ」を採用。目にも優しいので長時間の読書に向いています。

もちろん「Kindle」がなくてもKindleストアで購入した電子書籍はスマホやタブレットで読むことが出来ます。

関連記事 Kindle Paperwhiteって必要?メリット・デメリットや使用感を徹底レビュー

BOOK☆WALKERには残念がら「Kindle」のような電子書籍用の専用リーダー端末はありません。スマホかiPadなど市販のタブレットを使いましょう。

※BOOK☆WALKERで買った本を「kindle」で読むことはできません。

電子書籍専用リーダーを使いたい場合は「Kindleストア」で電子書籍を買う

ポイント制度で比較

豚の貯金箱 金

電子書籍を購入するとAmazonはポイント、BOOK☆WALKERはコインが付与されます。
1ポイントあるいは1コイン=1円です。

付与されたポイントは次に電子書籍を購入するときに使えますし、Kindleストアの場合はアマゾンの通販で買い物をする場合にも使うことができます。

ポイント付与率は以下の通りです。

KindleBOOK☆WALKER
1%〜(作品によって異なる)1〜18%

Kindleストアのポイント還元率はほぼ1%です。たいして、BOOK☆WALKERは「ブックウォーカークラブ」という会員ランク制度があり、ランクによってコイン還元率がアップします。

ブックウォーカークラブ

ブックウォーカークラブ」は電子書籍をたくさん買って条件をクリアするとコインの還元率が上がるお得な会員制度です。

ブックウォーカークラブ 還元率
購入金額とコイン還元率

会員登録をするだけだと「ランクなし」なので還元率1%でKindleストアの還元率と変わりませんが、「レギュラー」の5%還元以上になると全ストアの中でもトップクラスに還元率が高いストアに変貌します。

本を毎月5,000円以上購入するなら高い還元率を実現できるのでBOOK☆WALKERの利用がオススメです。もちろん、さらに条件を達成してどんどん還元率を上げることができればそれだけお得になりますよ。

ヨメ
ヨメ

5,000円はBOOK☆WALKERの電子書籍なら何でも良いの?

トミー
トミー

漫画でもラノベでも小説でもなんでもOKだよ!

細かな条件など「ブックウォーカークラブ」の詳細については公式ページをご参照ください。

毎月5,000円以上電子書籍を買うならBOOK☆WALKERがお得

キャンペーン・セールで比較

セール
BOOK☆WALKERKindle
  • 高いコイン還元率
  • 初回購入金額の50%コイン還元
  • オリジナル特典つき電子書籍の配信
など
  • 日替わりセール
  • 月替りセール
  • 割引、ポイントアップ
など

BOOK☆WALKERとKindleストアの主なキャンペーンを見ていきましょう。

BOOK☆WALKERの主なキャンペーンはコインバックとオリジナル特典

  • 高いコイン還元率
  • 初回購入金額の50%コイン還元
  • オリジナル特典つき電子書籍の配信

BOOK☆WALKERのキャンペーンはコイン還元率の高さに注目です。出版社ごと、レーベルごとなどに高いコイン還元率で本を買うことが出来ます。

中でも注目したいキャンペーンは初めて電子書籍を買った時の50%コイン還元キャンペーン。

上限なしで買った金額の50%がコイン還元されるので買えば買うだけお得なキャンペーンです。会員登録をするだけで適用されるキャンペーンなのでぜひ上手に活用してください。

さらに、BOOK☆WALKERは作者やイラストレーターとの強いパイプを利用したオリジナル特典も魅力です。

BOOK☆WALKERでコミックやライトノベルを購入すると「描き下ろしペーパー」「ショートストーリー」といったファンなら絶対にチェックしたいオリジナル特典がついてきます。

特典なので追加料金はかかりません。Kindleストアと同じ値段で買って、特典がついてくるならBOOK☆WALKERを選びますよね。

ヨメ
ヨメ

特典がついてくるのは嬉しい!

トミー
トミー

同じ値段なら特典付きを選ぶよね

どのような作品に特典がついてくるのかBOOK☆WALKERの公式サイトでチェックしてみてください。

Kindleストアは値引きキャンペーンが充実

Kindleストアのキャンペーンの魅力は電子書籍を割引で買えるところです。

  • 日替わりセール
  • 月替りセール
  • 漫画のまとめ買いセール
  • そのほか様々なキャンペーンによる値引き

とにかくたくさんの電子書籍が値引きになってます。

特にKindleは紙の本と電子書籍の値段差を意識していて、電子書籍の方が紙の本より10%ほど安くなっているケースが多いです。

ほかの電子書籍ストアは紙の本と同じ値段で売っているのでKindleはかなりお得です。

ヨメ
ヨメ

Kindleはポイント還元より直接値引きが多いんだね

トミー
トミー

会員ランクとかもなくて、誰にでも割引が適用されるよ

Kindleのキャンペーンのいいところはポイントアップや値引きが誰にでも適用されるところです。Amazonプライム会員の方が還元率が高いなどの差別化がありません。

初めて電子書籍を使うなら誰でもお得に電子書籍が購入できるKindleストアは敷居が低くてオススメです。

  • BOOK☆WALKER⇒コイン還元とオリジナル特典が魅力
  • Kindleストア⇒割引でお得

アプリで比較

Kindle、BOOK☆WALKERの電子書籍をスマホやタブレットで読む時に使用するリーダーアプリの比較です。

比較項目BOOK☆WALKERKindle
縦読み×
目次
ページめくり方の変更
ページの自動めくり××
画像の拡大
しおり・付箋機能
明るさ調整
本棚作成(整理機能)
ダウンロード中に読書
アプリのロック××
本棚のロック××

アプリはどちらも使いやすいです。Kindleで電子書籍を買っても、BOOK☆WALKERで電子書籍を買っても快適に本を読むことができます。

Kindleは縦読みに対応していません。縦読みで本が読みたい場合はBOOK☆WALKERを使いましょう。

アプリはどちらも高機能で使いやすい。縦読みがしたい場合はBOOK☆WALKERを使う。

支払い方法で比較

支払い 買い物 ショッピング
BOOK☆WALKERKindle
  • クレジット
  • ニコニコポイント
  • ドコモ払い
  • auかんたん決済/au WALLET
  • PayPal
  • WebMoney
  • BitCash
  • 楽天ペイ
  • LINE Pay
  • BOOK☆WALKERコイン
  • 楽天Edy(PC、Android)
  • Suica(PC、Android)
  • iD(PC、Android)
  • nanaco(PC、Android)
  • Apple ID(iTunes Card)決済(iOSアプリ)
  • クレジット
  • ドコモ払い/spモード決済
  • au かんたん決済/au WALLET
  • Amazonギフト

※Amazonギフトカードはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネーで支払いができます

BOOK☆WALKERはたくさんの支払い方法から好きなものを選ぶことができます。注意点は楽天Edy、Suica、iD、nanacoはPC、Android端末のみ対応、Apple ID(iTunes Card)決済はiOSアプリのみ対応というところです。

BOOK☆WALKERと比較してAmazonは支払い方法が少ないですが、Amazonギフトカードを利用すればコンビニや電子マネー系の決済を利用することが出来ます。

さらに、コンビニ・ATM・ネットバンキング払いでAmazonギフト券チャージを利用すると最大2.5%還元されるのでさらにお得です。

Amazonギフト券チャージ
  • BOOK☆WALKER⇒たくさんの決済方法がある
  • Kindleストア⇒Amazonギフト券チャージがお得

関連記事 誰にもバレずにこっそりと電子書籍を買うための支払い方法を解説

僕がBOOK☆WALKERを使わなくなった2つの理由

僕は現在、Kindle、楽天Kobo、DMM.com(FANZA)をメインに利用していて、BOOK☆WALKERの利用が減っています。

ヨメ
ヨメ

なんでBOOK☆WALKERを使わなくなったの?

トミー
トミー

ラノベを読む量が減ったこと、楽天Koboの方が僕はお得だったからだね

僕は以前、たくさんのライトノベルを読んでいました。「ソードアート・オンライン」「魔法科高校の劣等生」、電撃文庫の新人作品など暇があればラノベを読んでいました。

ただ、ちょうど電子書籍を使い始める頃からライトノベルを読む量が減り、ビジネス書を読むようになったので、BOOK☆WALKERよりKindleを積極的に利用しています。

また、ポイント還元率も僕の場合はBOOK☆WALKERより楽天Koboを使った方がお得になるので残念ながらBOOK☆WALKERは使わなくなりました。

関連記事 楽天Koboの評判が良い理由が判明!使うべき6つのポイントを解説

トミー
トミー

ちょうど僕のライフスタイルに合うストアじゃなくなりました

ライトノベルやマンガをたくさん読んでいた大学生の頃なら間違いなくBOOK☆WALKERがお得だっただろうと思います。

BOOK☆WALKERとKindleを9つの項目で比較|まとめ

BOOK☆WALKERとKindleを9つの項目で比較しました。

比較項目メモ
安全度どちらも大企業が運営する安心・安全なストア
品揃え
  • コミック、小説、ラノベなどエンタメ系メイン⇒BOOK☆WALKER
  • さまざまなジャンルの本が読みたい⇒Kindle
販売方式どちらもサイトで電子書籍を購入してアプリで読むストア型
定額読み放題
  • BOOK☆WALKER⇒KADOKAWA系作品が読み放題
  • Kindle Unlimited⇒10万冊以上が読み放題
電子書籍専用リーダー電子書籍専用リーダーは「Kindleストア」のみ
ポイント制度毎月5,000円以上電子書籍を買うならBOOK☆WALKERがお得
キャンペーン・セール
  • BOOK☆WALKER⇒コイン還元とオリジナル特典が魅力
  • Kindleストア⇒割引でお得
アプリどちらも高機能。縦読み機能はBOOK☆WALKERだけ
支払い方法
  • BOOK☆WALKER⇒たくさんの決済方法がある
  • Kindleストア⇒Amazonギフト券チャージがお得

比較してみると、BOOK☆WALKER、Kindleは以下のような人にオススメです。

BOOK☆WALKERの利用がオススメの人

  • ライトノベルをメインに電子書籍を買いたい人
  • “特典つき電子書籍”に魅力を感じる人
  • 本を毎月5,000円以上購入する人

関連記事 BOOK WALKERがすごすぎる!評判やサービスの特徴を徹底レビュー

Kindleストアの利用がオススメの人

  • Amazonの通販を利用している人
  • ビジネス書をメインに電子書籍が使いたい人
  • 誰でも割引やポイントアップされるストアを使いたい人
  • 電子書籍読み放題の「Kindle Unlimited」を利用したい人
  • 電子書籍専用リーダー端末「Kindle」が使いたい人

関連記事 Amazon Kindleストアって実際どう?本音レビュー&評判や口コミをチェック

Kindleストア、BOOK☆WALKERとも素晴らしいサービスを展開している電子書籍ストアです。

これは!!と思うポイントがあればぜひ利用してみてください。

それでは、良き電書籍ライフを!