電子書籍が安く買えるお得なクーポンを配布しているストア9選

Kindle Unlimitedは本当にお得か?利用して分かった損得について解説します

Kindle unlimited お得 損得 解説 アイキャッチ

Amazon Kindleストアの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」って凄いですよね。

「Kindle Unlimited」は月額980円で10万冊の本が好きなだけ読めるサービスです。
980円って漫画なら約1〜2冊分、単行本とかビジネス書なら1冊買えるか買えないかくらいの値段です。

そんな低価格で10万冊も読み放題!!

読み放題ですから10冊読んでも、100冊読んでも、それ以上でも月額980円。
繰り返しになりますが、とてつもなく凄いサービスです。

ただ、実際に使ってみると「あれ?思ったほどお得感がないな…」と感じる場合があります。

「Kindle Unlimited」は使い方次第で得をする人と損をする人(サービスに満足できない人)が確実に出てきてしまいます。

せっかく使うならこの便利なサービスを心ゆくまで満足して使ってもらいたい。

そこで、この記事では「Kindle Unlimited」の損得について解説していきます。

トレデン
トレデン

Kindle Unlimitedを使ってみたいと思う方の参考になれば幸いです

Kindle Unlimitedの基本情報

Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円10万冊以上の電子書籍が読める読み放題サービスです。

コミック、小説、ビジネス書、ライトノベルなど幅広いジャンルをカバーしています。

それではこの数字だけ見たらとてつもなく凄いサービス「Kindle Unlimited」を使った時に得をする人と損をする人(満足感を得られない人)について解説していきたいと思います。

「Kindle Unlimited」の損得を解説

実際に管理人が「Kindle Unlimited」を使ってみて損得を決めるには2つのポイントがあることがわかりました。

  1. 読みたい本がラインナップにあるか
  2. 本をたくさん読むことができたか

つまり、読みたい本がたくさん読めれば”得”です。当たり前ですね。
逆に”読みたい本(ラインナップ)”と”読書量”の2つを同時に満たさない場合は「なんか損だったかも」と感じるでしょう。

読みたい本がなかった場合と読みたい本はあるけど読めなかった場合ですね。

では、このミスマッチが起こる原因について解説していきます。

読みたい本がラインナップにあるかどうか

「Kindle Unlimited」を利用する時に最も重要なポイントは読みたい本があるかどうかです。

月額980円で10万冊も読み放題って絶対に得だから登録しよう!!

こんな感じで登録していざ「Kindle Unlimited」の対象ラインナップを見たら読みたい本がない…

なんてことが起きます。これでは満足するどころか980円無駄にしたという感覚になってしまいますよね。

「Kindle Unlimited」は10万冊の電子書籍が読み放題ですが、これってAmazon Kindleストアの取り扱う電子書籍のごく一部なんです。
ちなみに「Kindleストア」では70万冊以上の電子書籍を取り扱っていて、電子書籍業界でシェアNo.1のストアになります。

関連記事 Kindleストアの評価|使って分かったメリットや評判&口コミも解説します

Amazon Kindleストアって実際どう?本音レビュー&評判や口コミをチェック
Amazonが運営する電子書籍ストア「Kindleストア(キンドルストア)」は有名ですが本当に良いストアなのでしょうか?この記事では電子書籍デビューがKindleでこれまでずっと使ってきている管理人が良いところ・悪いところを本音レビューします!

Kindleストアで取り扱う全ての電子書籍が読み放題の対象ではないので、事前に自分で読みたい本が「Kindle Unlimited」の対象なのかを確認しましょう。

「Kindle Unlimited」の対象商品は表紙画像の上に「Kindle Unlimited」と書いてあります。

Kindle Unlimited 損得 01

Kindle本のランキング上位はほぼ「Kindle Unlimited」の対象ですね。
それだけみなさん「Kindle Unlimited」で本を読んでいるということですか。

話がそれましたが「Kindle Unlimited」に登録していなくても読みたい本が対象か事前に調べることができます。

まずは読みたい本が「Kindle Unlimited」の対象か調べるようにしましょう。

トレデン
トレデン

Kindle Unlimitedに読みたい本があれば絶対に得なので登録しましょう!

本をたくさん読むことができたか

「Kindle Unlimited」を使って得か損かを決めるもう1つの基準が月額料金以上の本を読むことができたかどうかです。

これは人によって基準はあるかと思いますが、まずは最低でも月額料金の980円以上は読まなければいけません。

980円以上となるとコミック、ライトノベルなら2〜3冊、小説やビジネスなら2冊以上といったところでしょうか。
実はちゃんと読まないといけませんね。

コミックの3冊くらいならすぐに読めそうですが、小説やビジネス書を読みたいと思って「Kindle Unlimited」を使う場合は注意が必要です。

小説やビジネス書などの場合、普段から読書習慣がないと結局は全く読まずに1ヶ月過ぎた…なんてことになりかねません。
いわゆる、積読と同じ状態です。

あなたは今、ビジネス書や小説を積読していませんか?

もし、積読しているなら普段から読書をする習慣があるか、あるいはこれから読書する時間が確保できるか確認しましょう。
「Kindle Unlimited」は読書をする時間をしっかり確保してから利用してください。

ちなみに、毎月何十冊も本を読むという方は「Kindle Unlimited」を使えば確実に得をするでしょう。(※ラインナップに読みたい本がある前提です)

天国だと思います(笑)

トレデン
トレデン

「Kindle Unlimited」は本当に本好きにはたまらないサービスです

まずは「Kindle Unlimited」を1ヶ月無料で試してみよう

「Kindle Unlimited」を使った時の損得は「読みたい本の有無」と「読書時間の確保」で決まることがわかりました。

「読みたい本」については事前に調べればわかりますが「読書時間の確保」については正直に言ってしまえば”分からない”のではないでしょか。

今は積読が多いかもしれないけど「Kindle Unlimited」を使い始めたらちゃんと読書する!!

こう思っている方も多いのではないでしょうか?

実は私もそうでした。
毎月漫画はたくさん読むのですが、小説やビジネス書は1冊読むかどうかでした。
そして、ビジネス書が読みたくて「Kindle Unlimited」を使っています。

ただ、「Kindle Unlimited」を使うまでには自分の中で次のような葛藤かっとうがありました。

Kindle Unlimitedのラインナップを見たら読んでみたい本がたくさんある…
でも、今は小説やビジネス書を読む習慣がほとんどない…読めるか不安…
でも、Kindle Unlimitedを使ってみたい…ちゃんと読むし…

そして、使うか使わないか悩んでいたところ、すごく役に立ったのが「Kindle Unlimited」の1ヶ月無料トライアルです。
「Kindle Unlimited」を利用したことがない方は1ヶ月無料で使うことができます。体験版みたいなものですね。

この無料体験期間で本当に積読せず本が読めるのかを試しました。
ちゃんと読むと決めた私は、これまでスマホゲーをやっていた通勤時間が少しずつ読書時間に変化していきます。

そして、これからもちゃんと「Kindle Unlimited」で本が読めるという確信を持てたのでそのまま利用を継続しました。

もし、1ヶ月の無料トライアル中に読書スタイルが確立できなければやっぱり「Kindle Unlimited」は合わなかったと思って解約すればOK。

このように、事前にしっかり準備をすれば損することなく、お得に「Kindle Unlimited」で読書ができるのではないでしょうか。

読書がちゃんとできるか悩んだらまずは1ヶ月無料で「Kindle Unlimited」を使ってみましょう!

「Kindle Unlimited」の損得まとめ

Amazon Kindleストアの電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」を使った時の損得について書きました。

「Kindle Unlimited」のラインナップに読みたい本があって、キチンと読書時間を確保できる方は確実に得をするサービスです。オススメです。

読書時間の確保に不安がある場合は「Kindle Unlimited」の1ヶ月無料トライアルを活用しましょう。
無料期間中に読書できると思えるならそのまま継続利用、確保が難しいようなら解約すれば1円もかけずに「Kindle Unlimited」を使って得か損かを検証することができます。

まずは1ヶ月無料で試してみて「Kindle Unlimited」が自分に合うサービスか見極めましょう。

「Kindle Unlimited」で読書する楽しさを味わいましょう!

最後に、もし、この記事が役に立ったらTwitterなどのSNSやブログなどで紹介していただけると嬉しです。

以上、管理人のトレデン(@trendebooks)でした。