電子書籍が安く買えるお得なクーポンを配布しているストア9選

KindleとDMM.com(FANZA)どちらがオススメでお得か解説します

amazon kindle dmm.com fanza アイキャッチ

電子書籍業界のシェア率No.1ストア「Amazon Kindleストア」とDMM.comが運営する「DMM.com電子書籍ストア(FANZA電子書籍ストア)」。
※FANZA電子書籍ストアはDMM.com電子書籍ストアのR18作品を取り扱う電子書籍ストアです。

どちらも有名な通販会社が運営するオススメの電子書籍ストアですが、いざ使ってみたいと思った時、以下のような疑問が出てきますよね。

  • Amazon KindleストアとDMM.com電子書籍ストア、どっちがオススメなの?
  • Amazon KindleストアとDMM.com電子書籍ストア、どっちがお得なの?
  • Amazon KindleストアとDMM.com電子書籍ストア、結局どっちを使えばいいの?

ちなみに、管理人は両方の電子書籍ストアを利用しています。
なぜなら、それぞれのストアが特徴的で魅力のあるサービスを実施しているので両方を使わざるを得ないという状況なんです。

この記事では両ストアを実際に利用している管理人がKindleとDMM.com電子書籍ストア(FANZA電子書籍ストア)の魅力と使い分け方を解説します。

オススメポイントから選ぶ

「Kindle」と「DMM.com電子書籍ストア(FANZA電子書籍ストア)」それぞれのストアのオススメポイントで比較をしてみましょう。

「Kindle」はこんな人にオススメです

  • コミック・小説・ビジネス書などR指定のない本が読みたい
  • Amazonの通販サービスを利用している
  • 電子書籍専用リーダー端末Kindleで読みたい
  • 電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」を利用したい

「DMM.com電子書籍ストア(FANZA電子書籍ストア)」はこんな人にオススメです

  • コミックが読みたい(特にオトナコミック)
  • 同人作品が読みたい
  • DMM.comが提供する他のサービスを利用している

いかがでしょうか?

まずは読みたい本でKindleストアとDMM.com電子書籍(FANZA電子書籍ストア)を使い分けましょう。

文字モノ(小説・ビジネス書など)が読みたい位場合はKindleストアの利用をオススメします。

コミックを読みたい場合はKindleもDMM.com電子書籍も品揃えに大きな差はありませんのでどちらを使っても良いでしょう。
ただし、オトナコミックが読みたい場合はDMM.com電子書籍(FANZA電子書籍ストア)の利用をオススメします。

文字モノも読みたいし、コミックも読みたいという方は以下に5つのポイントでさらに比較をしていますのでこちらを参考にしてみてください。

KindleとDMM.com電子書籍(FANZA電子書籍ストア)を5つのポイントで比較

電子書籍の取り扱い数で比較

Kindleストアでは検索をすると取り扱い冊数、DMM.com電子書籍ストアでは取り扱いタイトル数(複数巻発売になっている本はまとめて1でカウントになる)が表示されるため単純な比較はできません。

例えば、「ONEPICE モノクロ版」を検索するとKindleは巻数分ヒット数をカウントしますが、DMM.com電子書籍ストアでは1になります。

よってどちらが品揃えが多いのか正確にはカウントできません。
ただし、主要出版社(集英社・小学館・講談社・KADOKAWAなど)はどちらのストアでも取り扱いを確認できたので一般的なコミックや小説などで品揃えに大きな差はないと思われます。

品揃えに差があるのはオトナコミックです。
Kindleでも取り扱いはありますが、FANZA電子書籍ストアは限定配信や先行配信を行なっています。

オトナコミックを読みたい場合はFANZA電子書籍ストアの利用をオススメします。

ポイント制度で比較

Kindleストア、DMM.com電子書籍はともに各ストアごとのポイントをチャージするとお得に電子書籍を買うことができます。

Amazonギフト券チャージ

Amazonギフト券チャージ

Amazonギフト券チャージはチャージ額に応じてボーナスポイントが付与されます。
Amazon Perime会員の場合、0.5%付与ポイントが多くなるので、現在Amazon Perime会員の方はKindleを利用するとお得になる場合が多いです。

Amazon Perime会員で通販も電子書籍もAmazonを利用するなら思い切って90,000円以上チャージするのも良いでしょう。

もしくは、Amazon Perime会員は1ヶ月無料お試しできるのでお試し期間中にチャージするのもあり。
無料期間でもPerime会員のポイント付与が適用されるのでお得です。

DMMポイント

DMMポイントをクレジットカードで購入すると購入額の1%分がボーナスポイントで付与されます。
クレジット以外でDMMポイントを購入した場合はボーナスポイントがつかないのでご注意ください。

DMMポイント クレジット ボーナスポイント 付与率

Amazonギフト券チャージと比較すると5,000円以下でも1%分のポイントが付与されるところが便利です。
Amazon Perime会員で20,000円以上のチャージをするならAmazonギフト券チャージの方がお得になります。

一度にどのくらいポイントを購入するのかでお得度が変わりますのでチェックしてみてください。

キャンペーンで比較

Kindleストア、DMM.com電子書籍ストア(FANZA電子書籍ストア)ともにキャンペーンはたくさん実施しています。
両者を比較した時、特にキャンペーンが特徴的なジャンルは以下になります。

  • Kindleストア: ビジネス書のキャンペーン・ポイントアップが豊富
  • FANZA電子書籍ストア: アダルトコミックのキャンペーンが豊富

特にFANZA電子書籍ストアのアダルトコミックのキャンペーンは他のストアと比べても安くなるタイトル数、値引き額など群を抜いているのでオススメです。

アプリの仕様で比較

KindleとDMM.com電子書籍ストア(FANZA電子書籍ストア)の電子書籍をスマホやタブレットで読む場合に使用するアプリの比較です。
※DMM.com電子書籍ストアとFANZA電子書籍ストアのアプリは共通です。

比較項目AmazonDMM.com電子書籍ストア
FANZA電子書籍ストア
縦読み×
目次
ページめくり方の変更
ページの自動めくり×
画像の拡大
しおり・付箋機能
明るさ調整
本棚作成(整理機能)
ダウンロード中に読書×
アプリのロック×
本棚のロック×

DMM.com電子書籍ストア(FANZA電子書籍ストア)のアプリは細かなところに手が届くとても良いアプリです。

特に、アダルト系のコミックを買うことを検討している方にありがたいのがアプリのロック機能。
ロック解除の4桁の数字を入れないと本棚を見ることができなくなります。アダルト系コミックを買う場合は重宝する機能ですね。

ストアの基本データで比較

比較項目AmazonDMM.com電子書籍ストア
FANZA電子書籍ストア
運営会社Amazon.com合同会社DMM.com
株式会社デジタルコマース
運営開始日2012年10月2004年
取り扱い冊数約70万冊正確な数は不明
専用端末Kindleなし
決済方法クレジット
(VISA/Mastercard/JCB/AMEX/Diners Club)
ドコモ払い spモード決済
au かんたん決済/au WALLET
Amazonギフトチャージ(コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い)
クレジット
(VISA/Mastercard/JCB/AMEX/Diners Club)
PayPal
DMMポイント【DMMポイント購入時に利用できる決済方法】
クレジット
(VISA/Mastercard/JCB/AMEX/Diners Club)
PayPal
あと払い Paidy
BitCash
WebMoney
ドコモ払い
auかんたん決済
au WALLET
ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
銀行振込
コンビニ店頭支払い
楽天ペイ
Edy
Suica/モバイルSuica
対応OSWindows
Mac
iOS(iPhone/iPad)
Android
Windows
Mac
iOS(iPhone/iPad)
Android

DMM.com電子書籍ストアは利用できる決済方法が3つしかありません。
クレジット、PayPal以外の決済を使いたい場合、希望する決済でDMMポイントを購入する必要があります。
DMMポイントと電子書籍を購入で2回決済しなければいけないのでちょっと手間がかかりますね。

まとめ

「Amazon Kindleストア」と「DMM.com電子書籍ストア(FANZA電子書籍ストア)」について5つのポイントで比較をしてきました。

  • 電子書籍の取り扱い数で比較: アダルトコミックはFANZAが多い
  • ポイント制度で比較: Prime会員ならKindleがオススメ
  • キャンペーンで比較: アダルトコミックはFANZAが多い
  • アプリの仕様で比較: DMMのアプリがオススメ
  • ストアの基本データで比較

アダルトコミックを読みたいならKindleストアよりもMM.com電子書籍ストア(FANZA電子書籍ストア)を利用する方が良いでしょう。
アマゾンのPrime会員で普段からアマゾンのサービスを利用している方はKindleストアを利用した方がお得になるケースが多くなります。

以上の比較を踏まえ、改めて「Kindleストア」と「DMM.com電子書籍ストア(FANZA電子書籍ストア)」をオススメする人についてまとめます。

「Kindle」はこんな人にオススメです

  • コミック・小説・ビジネス書などR指定のない本が読みたい
  • Amazonの通販サービスを利用している
  • 電子書籍専用リーダー端末Kindleで読みたい
  • 電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」を利用したい

「DMM.com電子書籍ストア(FANZA電子書籍ストア)」はこんな人にオススメです

  • コミックが読みたい(特にオトナコミック)
  • 同人作品が読みたい
  • DMM.comが提供する他のサービスを利用している

ぜひ、合いそうなストアを利用してみてくださいね!

【徹底比較】電子書籍ストアはどこがいい?おすすめ10社の特徴・メリットを詳しく解説

「トレデン-電子書籍トレンド情報局-」では「Amazon Kindleストア」「DMM.com(FANZA)」以外にもオススメの電子書籍ストアを「【徹底比較】電子書籍ストアはどこがいい?おすすめ10社の特徴・メリットを詳しく解説」という記事で紹介しています。
こちらも良ければ参考にしてみてください。

電子書籍ストアおすすめ10社を徹底比較!利用するメリット・特徴を解説
実際に人気の電子書籍ストアを使ってみて「ストアの特徴やサービス内容が本当にオススメだ!!」と自信を持ってオススメできる神サービスの電子書籍ストアをご紹介します。各ストアの特徴、サービス内容を比較表にまとめたので、あなたが使うべきストアがすぐにわかります。使ってみたい電子書籍ストアが見つかります!

電子書籍で快適な読書をしましょう!