KindleストアとDMMブックスはどっちがおすすめ?13項目を徹底比較してみました!

Kindleストア DMMブックス 比較 どっち アイキャッチ

Aamzonが運営する「Kindleストア」とDMM.comが運営する「DMMブックス」

どちらも魅力的なサービスを提供していて、電子書籍ストアを選ぶときにKindleストアとDMMブックスで悩むのではないでしょうか?

そこで、この記事はKindleストアとDMMブックスのストア特徴やメリット・デメリットを徹底比較して、どちらを選ぶとより電子書籍の読書が楽しめるかをまとめました。

この記事でお伝えすること
  • KindleストアとDMMブックスの比較
  • Kindleストアの利用がおすすめな方
  • DMMブックスの利用がおすすめな方
KindleストアとDMMブックスのどちらを使うかで悩んでいる方の参考になれば嬉しいです
いま一番お得な70%OFFクーポンをチェック!!

いまもらえるクーポンの中で一番お得なクーポンはDMMブックスが配布している初回70%OFFクーポンです。

割引上限3,000円という制限付きですが、4,285円以内なら購入する本が全て70%OFF、6,000円以内なら半額クーポンよりも安く電子書籍が購入できます。

DMMブックス 70%OFFクーポン
DMMブックスの70%OFFクーポン

DMMブックスは2021年4月に上限なしの70%OFFクーポンを配布して大赤字を計上、クーポンの配布を停止した過去があります。今回の70%OFFクーポンもいつ配布終了するかわかりません。

読みたい本があったらぜひ利用してください。僕はもう使えないクーポンなので使える方が羨ましいです…。

絶対にお見逃しなく!

\無料会員登録で初回70%OFFクーポンゲット!! /

公式サイト:https://book.dmm.com/

目次

【結論】KindleとDMMブックスはどちらがおすすめ?

Kindleストアはこんな人におすすめ!

  • ビジネス書や専門書が読みたい
  • 小説やライトノベルなど活字が読みたい
  • 電子書籍専用リーダーが使いたい
  • いろいろな本を乱読したい
  • Amazonの通販を利用している

Kindleストアはビジネス書や専門書の品揃えがNo.1の電子書籍ストアです。ビジネス書をメインに買う予定ならKindleストアを利用しましょう。

電子書籍専用のタブレット「Kindle」シリーズも魅力です。スマホやタブレットと違い紙の本に近い感覚で読書ができます。特に小説やライトノベルは読み心地が段違いに素晴らしいです。

キャンペーンやお得度の面を比較すると、Kindleストアの方が値引きの施策が多いです。ただし、読みたい本が安くなるとは限らないので注意しましょう。

\品揃え抜群の最大手ストア/

公式サイト:https://www.amazon.co.jp/

DMMブックスはこんな人におすすめ!

  • 漫画が読みたい
  • 70%OFFクーポンで安く本が買いたい
  • DMMブックススーパーセールでお得にまとめ買いしたい
  • オトナコミックが読みたい
  • 同人作品も読みたい

DMMブックスは会員登録をすると必ずもらえる初回70%OFFクーポンと年3回実施している「DMMブックススーパーセール」が魅力です。安く・お得に本が購入できます。

品揃えを比較するとDMMブックスとKindleストアで漫画は差がほとんどありません。オトナコミック、BL、TLなどはDMMブックスの方が品揃えが良いので、漫画を安く買いたいならDMMブックスがおすすめです。

また、数少ない同人系作品の取り扱いのあるストアです。

\ 無料会員登録で初回70%OFFクーポンゲット!! /

公式サイト:https://book.dmm.com/

KindleとDMMブックスを徹底比較【一覧表】

比較項目KindleストアDMMブックス
運営会社AmazonDMM.com
品揃え100万冊以上60万冊以上
ポイントAmazonポイントDMMポイント
電子書籍 PCゲームポイント
ポイント還元率1%1〜4%
初回特典初回70%OFFクーポン
(割引上限1,000円)
初回70%OFFクーポン
(割引上限3,000円)
クーポン配布なし配布なし
セール・キャンペーン大規模半額セール
常時10〜20%の割引
日替わりセール
月替わりセール
DMMブックススーパーセール
専用端末Kindleシリーズなし
アプリロック機能なしロック機能あり
同時利用台数6台無制限
画質問題なし問題なし
支払い方法クレジット
ドコモ払い
spモード決済
auかんたん決済
au WALLET
Amazonギフト
クレジット
DMMポイント
読み放題Kindle Unlimited大人コミック読み放題

KindleストアとDMMブックスを選ぶときにチェックしたい13項目の比較をしました。

このなかで優先するべき項目が多い方のストアを使うと良いでしょう。例えば、電子書籍専用リーダーを絶対に使いたいならKindleストア一択です。総合的な品揃えよりもキャンペーンの魅力で選ぶならDMMブックスは素晴らしいキャンペーンを実施しているのでおすすめです。

このような感じで自分に合ったストアがどちらなのかを比較検討してみてください。

続いては各項目について詳しく比較とポイントについてまとめていきたいと思います。

運営会社を比較

電子書籍ストア 安全性
比較内容KindleストアDMMブックス
運営会社AmazonDMM.com

電子書籍ストアを選ぶときに運営する会社をチェックすることはとても重要です。

理由は電子書籍ストアの閉鎖の確率を下げるためです。電子書籍は本の閲覧権を購入しているため、ストアが閉鎖すると購入した電子書籍が読めなくなる場合があります。

そこで、電子書籍ストアを選ぶときは資金力のある大手企業が運営する電子書籍ストアを選びましょう。しっかりとした運営会社なら閉鎖の心配はほぼありませんし、万が一、閉鎖することになってもブランドイメージがあるので補填などをしてくれるはずです。

それでは、今回の2社をみていきましょう。

Kindleストアは有名な大手通販サイトAmazonが運営する電子書籍ストアでシェアNo.1のストアです。利用者がダントツに多く、Amazonという超大企業運営していので、これ以上ないくらい安全度が高い電子書籍ストアと言えるでしょう。

DMMブックスは通販やFX、動画配信など様々なサービスを展開するDMM.comが運営する電子書籍ストアです。株式上場はしていませんが、グループ全体で2,000億以上を売り上げる大企業のDMM.comが運営しているのこちらも安心して利用できるのではないでしょうか。

どちらも大会社が運営する電子書籍ストアなので安全性は問題ないでしょう。

運営会社の比較結果

どちらも大手企業が運営しているので安心して利用できる

電子書籍の品揃えを比較

書店イメージ
比較内容KindleストアDMMブックス
品揃え100万冊以上60万冊以上

ストア全体の品揃えはKindleストアの方が優れています。

Kindleストアは漫画や小説、ライトノベルに加えてビジネス書や専門書などが充実しているため品揃えが豊富です。ビジネス書や専門書が読みたい場合はKindleストアの利用をおすすめします。

電子書籍で人気の漫画の品揃えはKindleストアとDMMブックスで差はありません。漫画の利用の場合はこの後に比較する使えるポイントやキャンペーン、クーポンなどを比較すると良いでしょう。

ちなみに僕は漫画のキャンペーンはDMMブックスが充実していると思うので漫画を読みたい方にはDMMブックスをおすすめしています。

あと、いちおう書いておくと大人向けのコミックはDMMブックスのアカウントが使えるFANZAブックスが品揃えNo.1です。大人向けコミックを読みたい方はDMMブックス(FANZAブックス)の利用をおすすめします。

品揃えの比較
  • Kindleストアは100万冊を超える品揃え
  • Kindleストアはビジネス書・専門書の品揃えが充実
  • KindleストアとDMMブックスの漫画の品揃えは互角
  • 漫画を買うならキャンペーンが充実しているDMMブックスがおすすめ

ポイント制度を比較

比較内容KindleストアDMMブックス
ポイントAmazonポイントDMMポイント
電子書籍 PCゲームポイント

Kindleストアは「Amazonポイント」

Kindleストアで使えるポイントはAmazonの通販と共通で使える「Amazonポイント」です。通販で貯めたポイントで電子書籍を買う、あるいは電子書籍で貯めたポイントを通販に使うなど無駄なくポイントが消費できます。

Amazonの通販を利用しているなら、電子書籍ストアはKindleストアを利用するとポイントが共通なのでお得ですね。

DMMブックスは「DMMポイント」と「電子書籍 PCポイント」の2種類

DMMブックスは電子書籍に使えるポイントが2つあります。1つは「DMMポイント」で通販や動画サービスなどDMM.comのサービス全般で使えるポイントです。もう1つは「電子書籍 PCゲームポイント」で電子書籍、同人作品またはDMMゲームスだけで使えるポイントです。

DMMポイントは購入したり電子書籍を買うともらえるポイントです。DMMポイントはDMM.comの他のサービスでも使えます。これはAmazonのポイントと同じですね。

「電子書籍 PCポイント」は電子書籍の購入またはDMM GAMESの購入や遊び放題でのみ利用できる制限付きのポイントです。DMMのキャンペーンで付与されるポイントは「電子書籍 PCポイント」なので基本的には電子書籍を買って貯めたポイントは電子書籍を買うことにしか使えません

電子書籍をヘビーに使うなら気になりませんが、通販など他のサービスも併用したいならAmazonの方がポイントは使いやすいと思います。

ポイントの比較
  • Amazonは通販と共通の「Amazonポイント」
  • DMMブックスは「DMMポイント」と「電子書籍 PCポイント」の2種類
  • 「電子書籍 PCポイント」は電子書籍またはDMM GAMESでのみ使える

ポイント還元率を比較

豚の貯金箱 金
比較内容KindleストアDMMブックス
ポイント還元率1〜50%(キャンペーン時)1〜50%(キャンペーン時)

電子書籍を買ったときのポイント還元率の高いストアは次に本を買うときにお得になります。

KindleストアとDMMブックスは通常のポイント還元率はともに1%、キャンペーンで50%還元を実施しています。

Kindleストアのポイント還元率アップは不定期で値引きの方が多い

Kindleストアのポイント還元率は1%です。キャンペーンのときに50%ポイント還元などを実施しますがあまり見たことがありませんKindleストアは値引きセールの方が多いストアです。

ポイント還元よりも値引きに魅力を感じるならKindleストアの方が合っているかもしれません。

トミー

Kindleストアはポイント還元よりも割引が魅力

DMMブックスはポイント還元率の高さが魅力

DMMブックスは割引よりもポイント還元に重点をおいているストアです。DMMブックスも通常はポイント還元率1%ですがキャンペーンでポイントアップが頻繁に実施されます。

特にゴールデンウィーク、夏休み、年末年始の年3回実施ている「DMM電子書籍スーパーセール」は取り扱うほぼ全ての電子書籍が50%ポイント還元されるすごいセールです。

「DMM電子書籍スーパーセール」以外でも30〜50%前後のポイント還元率で電子書籍を販売するキャンペーンを頻繁に実施いています。

DMMブックスの高いポイント還元率は魅力ですが注意点があります。還元率アップのキャンペーンで付与されるポイントは「電子書籍 PCゲームポイント」です。電子書籍か同人作品、DMMゲームスでしか使えないポイントなので気をつけましょう。

トミー

DMMブックスはポイント還元率の高さが魅力

ポイント還元率の比較
  • Kindleストア、DMMブックスともに通常時のポイント還元率は1%
  • Kindleストアはキャンペーンで還元率が50%になることがある(不定期)
  • DMMブックスは還元率が50%になる「DMMブックススーパーセール」を年3回実施
  • DMMブックスの還元ポイントは「電子書籍 PCゲームポイント」

クーポンを比較

クーポン
比較内容KindleストアDMMブックス
クーポンなし初回購入70%OFFクーポン

Kindleストアはクーポンを配っていません。クーポンを使って安く買ったりすることはできないストアです。その分、ほぼ毎月大型の割引キャンペーンを実施しています。

DMMブックスは無料会員登録で必ず初回購入70%OFFクーポンがもらえます割引上限が3,000円という条件はありますが、無料でもらえるクーポンではトップクラスにお得なクーポンです。

ちなみに、買う本の合計金額が4,285円以内なら購入する本の全てが70%以下で購入できます。6,000円以内なら半額クーポンよりも安いです。この2つの金額を目安にすると良いと思います。

\ 無料会員登録で初回70%OFFクーポンゲット!! /

公式サイト:https://book.dmm.com/

ポイント還元率の比較
  • Kindleストア、DMMブックスともに通常時のポイント還元率は1%
  • Kindleストアはキャンペーンで還元率が50%になることがある(不定期)
  • DMMブックスは還元率が50%になる「DMMブックススーパーセール」を年3回実施
  • DMMブックスの還元ポイントは「電子書籍 PCゲームポイント」

現在、お得なクーポンを配布しているストアは以下の記事にまとめてあります。クーポンで安く・お得に電子書籍が買いたいと考えている方の参考になれば嬉しいです。

セール・キャンペーンを比較

セール
比較内容KindleストアDMMブックス
セール・キャンペーン日替わりセール
月替わりセール
紙の本より10%程度の値引き
DMMブックススーパーセール

Kindleストアは値引きセールが中心、好きな本は選べない

Kindle セール

Kindleストアは日替わりセール、月替りセール、紙の本の値段から一定の値引き(10%前後)と常に値引きでお得に電子書籍が買えるストアです。

いつでもある程度安く買えるところが魅力だと思います。ポイント還元より値引きで安く本が買いたいならKindleストアがオススメです。

ただし、セールの対象作品はKindleストアが選んだ作品になります。僕は読みたい本や好きな本を選んで安く買うことができないところが不便に感じてKindleストアをメインストアとして利用しなくなりました。

DMMブックスはポイント還元と大型セールが魅力

DMMブックスを利用する上で絶対に覚えておきたいキャンペーンがDMMブックススーパーセールです。年末年始(12月中旬〜1月中旬)、ゴールデンウィーク(4月中旬〜5月中旬)、夏休み(8月)の年3回実施していて、DMMブックスが取り扱うほぼすべての電子書籍のポイント還元率が50%(半額)になります。

※2022年4月のDMMブックススーパーセールではほぼ全作品30%、一部50%還元になりました。次回以降も同様のキャンペーンになるかはまだ不明です

さらに、DMMブックスのポイント還元キャンペーンはポイント値引きを利用しても値引き前の金額からポイント還元されるところも魅力です。

DMM ポイント還元

言葉だとわかりにくいので図解してみました。

DMMブックス ポイント還元 仕組み

ポイント利用前からポイント還元されるのでDMM電子書籍スーパーセールは実質半額で本が買えるすごいキャンペーンです。これほどキャンペーンが年1回ではなく、年3回実施しており、さらにキャンペーン期間が1ヶ月近くあるのでかなりお得電子書籍が買えるストアになります。

加えてDMMブックスは会員登録の70%OFFクーポンも使えて安く買う爆発力があります。多少待ってもとにかくお得に電子書籍を書いたいならDMMブックスがオススメです。

逆に割引率は低くてもいつでもある程度安く電子書籍を買えるところがKindleストアの魅力です。

セール・キャンペーンの比較
  • Kindleストアは割引キャンペーンが中心
  • 安くなる本はKindleストアがセレクトした本で自分で好きな本を安く買えない
  • DMMブックスは還元率が50%になる「DMMブックススーパーセール」を年3回実施
  • DMMブックスはポイント値引き前の購入金額からポイント還元でお得

電子書籍リーダーを比較

Kindle Paperwhite
比較内容KindleストアDMMブックス
電子書籍専用リーダーKindleシリーズなし

Kindleストアは電子書籍専用リーダー端末「Kindle」シリーズを販売しています。特に人気の高い端末は手頃な価格で防水性もある「Kindleキンドル Paperwhiteペーパーホワイト」です。

僕も使っていますが、小説やビジネス書など長時間の読書になっても目が疲れないのでとても気に入っています。また、防水機能付きなのでお風呂でも使えるところがいいですね。

DMMブックスは残念ながら電子書籍専用のリーダー端末はありません。スマホ、タブレット、パソコンなどにDMMブックスのアプリをインストールして読むことになります。

電子書籍専用リーダーで読書がしたい場合はKindleストアを利用しましょう。

電子書籍専用リーダーの比較
  • Kindleストアは専用端末「Kindle」シリーズを取り扱っている
  • 特に人気の端末は「Kindle Paperwhite」
  • DMMブックスは電子書籍専用リーダーがない

アプリ性能でKindleストアとDMMブックスを比較

アプリイメージ
比較項目KindleDMM/FANZA
縦読み×
目次
ページめくり方の変更
ページの自動めくり×
画像の拡大
しおり・付箋機能
明るさ調整
本棚作成(整理機能)
ダウンロード中に読書×
アプリのロック×
本棚のロック

DMMの電子書籍アプリは高機能です。縦読みや自動ページめくりなどKindleアプリにはない機能も備えています。

個人的に一番嬉しいのはアプリのロック機能です。ロック機能があるので本棚を勝手に見られることがありません。オトナ向けコミックなどちょっと人には見せることができない本を買っても安心できます。

注意点はDMMとFANZAでアプリが共通なところです。DMMとFANZAで買った漫画がアプリ内で一緒に表示されるので家族で使う場合などはご注意ください。

Kindleアプリも読書に必要な機能はしっかりと備わっていますが、細かな点でDMMの電子書籍アプリに少し劣ると感じます。

アプリ性能の比較結果

DMMブックスはロック機能、縦読み、自動ページめくりなどの細かな機能が充実していておすすめ

同時利用台数を比較

比較内容KindleストアDMMブックス
同時利用台数6台制限なし

購入した電子書籍をスマホ、タブレット、PCなど複数の端末で読むときに何台まで同時利用できるかも重要です。特に購入した電子書籍を家族間でシェアする場合などは同時利用台数が多いほうがストレスなく利用できます。

Kindleストアのアプリは同時に6台まで利用できます。家族が多くシェアする人数が多いとやや少ないかもしれません。ひとりで利用する分には同時利用台数が6台もあれば十分でしょう。

DMMブックスは台数無制限で同時利用できます。これはとても便利ですね。たくさんのデバイスで同時利用できるので、家族で漫画などをシェアするならDMMブックスがおすすめです。

同時利用台数の比較
  • Kindleストアは6台まで同時利用が可能
  • 7台目以降を利用する場合は登録の解除が必要
  • DMMブックスは同時利用台数の制限はない

画質を比較

比較内容KindleストアDMMブックス
画質問題なし問題なし

漫画を読むときに気になるのが画質です。

KindleストアとDMMブックスの画質を比較しました。いかがでしょうか。

画質は見る方のこだわりが強く反映される部分かと思いますが、僕としてはKindleストアもDMMブックスも画質には問題ないと感じました。

ダウンロードした電子書籍のファイルサイズを比較してもほぼ同じでしたので、KindleストアとDMMブックスの画質に大きな差はないと思われます。

画質の比較
  • Kindleストア、DMMブックス共に画質には問題なし

支払い方法を比較

ネットショッピング 買い物
比較項目KindleDMM/FANZA
電子書籍購入
  • クレジット
  • ドコモ払い/spモード決済
  • au かんたん決済/au WALLET
  • Amazonギフト
  • クレジット
  • DMMポイント
  • DMMプリペイドカード
  • PayPal
ポイント購入
  • クレジット
  • コンビニ払い
  • ATM
  • ネットバンキング
  • 電子マネー
  • クレジット
  • PayPal
  • あと払い Paidy
  • ドコモ払い
  • auかんたん決済
  • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
  • BitCash
  • WebMoney
  • メルペイ
  • 銀行振込
  • コンビニ店頭払い
  • 楽天ペイ
  • Edy
  • Suica/モバイルSuica

両ストアとも電子書籍を購入するときに利用できる決済方法は多くありません。

Kindleストアはクレジットカード、携帯払い、Amazonポイント支払い。DMMブックスはクレジットもしくはDMMポイント支払いのみです。

ただし、両ストアともポイントを購入するときに様々な購入方法が利用できます。特にDMMポイントチャージは携帯決済、Web決済、電子マネーなどたくさんの支払い方法から好きなものを選ぶことが可能です。

電子書籍を買うために一度ポイントをチャージするという手間は発生しますがたくさんの支払い方法を選べるのは嬉しいですね。

あと、電子書籍を購入していることがバレたくないときは支払い方法に気を使いましょう。

支払い方法の比較結果

電子書籍を直接買う場合はKindleストアの方が選べる支払い方法が多いです。

DMMブックスは電子書籍を買う前にDMMポイントを購入する手間は発生しますが、ポイント購入で色々な支払い方法が選べます。

利用したい支払い方法が使えるものを選びましょう。

定額読み放題サービスを比較

読書 読みふける
比較内容KindleストアDMMブックス
画質Kindle Unlimited大人コミック読み放題

Kindleストアの読み放題サービスKindleキンドル Unlimiteアンリミテッドはコミック、小説、ビジネス書など10万冊以上の電子書籍が読み放題になります。月額料金も980円と破格。オトナコミックも20,000冊ほど読み放題になります。

DMMブックスはFANZAにオトナコミックの読み放題サービスがあります。月額料金は1480円と500円高くなりますが、ここでしか読めない雑誌やコミックが満載です。

品揃えも40,000冊以上でKindle Unlimitedよりも豊富。オトナコミックが読みたい方はFANZA読み放題の方が合うでしょう。

読み放題の比較結果

読み放題はKindleストア、DMMブックスともに月額料金がかかる別サービスです。単品購入とは別に利用できます。

KindleとDMMブックスの利用で悩んだら使い分けもあり!

KindleとDMMブックスを12項目で比較をしてみると、どちらのストアも良いところがありました。

結局どっちが良いのかで悩んだら使い分けるというのも1つの選択肢です。

例えば、

  • 漫画はDMMブックス、小説やビジネス書はKindeストア
  • 完結済み作品はポイント還元率の高いDMM電子書籍スーパーセールで買う
  • 基本はKindleストアを利用して安い時だけDMMブックスを使う

このように自分の中でしっかりとルール決めをすれば良いと思います。電子書籍ストアの使い分けについてはこちらの記事をぜひご覧ください。

実際に僕もいつくかのストアを使い分けていますが、自分の中でしっかりとルール決めができていれば全く問題ありません。とても楽しく、快適に読書ができています。

KindleとDMMブックスはどちらがオススメか13項目で徹底比較|まとめ

KindleストアとDMMブックスについて両ストアのサービスの特徴や利用するメリットを比較しました。

比較結果をまとめると以下のようになります。

比較項目KindleストアDMMブックス
運営会社AmazonDMM.com
品揃え100万冊以上60万冊以上
ポイントAmazonポイントDMMポイント
電子書籍 PCゲームポイント
ポイント還元率1%1〜4%
初回特典初回70%OFFクーポン
(割引上限1,000円)
初回70%OFFクーポン
(割引上限3,000円)
クーポン配布なし配布なし
セール・キャンペーン大規模半額セール
常時10〜20%の割引
日替わりセール
月替わりセール
DMMブックススーパーセール
専用端末Kindleシリーズなし
アプリロック機能なしロック機能あり
同時利用台数6台無制限
画質問題なし問題なし
支払い方法クレジット
ドコモ払い
spモード決済
auかんたん決済
au WALLET
Amazonギフト
クレジット
DMMポイント
読み放題Kindle Unlimited大人コミック読み放題

比較を踏まえて、あらためてKindleストアとDMMブックスは以下のようにおすすめできます。

Kindleストアの利用がおすすめ
  • ビジネス書・専門書が買いたい
  • 値引きで安く買いたい
  • 電子書籍専用リーダーで読書がしたい
DMMブックスの利用がおすすめ
  • 漫画が買いたい
  • ポイント還元率の高い
  • オトナ系作品も読みたい

読みたい本でビジネス書や専門書があるならKindleストアを利用しましょう。

漫画がメインの場合はDMMスーパーセールなど安く・お得に買える機会が多いDMMブックスがおすすめです。

他の項目の比較も参考になれば嬉しいです。

それでは、良き電子書籍ライフを!

\品揃え抜群の最大手ストア/

公式サイト:https://www.amazon.co.jp/

\ 無料会員登録で初回70%OFFクーポンゲット!! /

公式サイト:https://book.dmm.com/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次