初回半額やお得な割引クーポンを配布している電子書籍ストア9選

KindleストアとBookLive!を9項目で徹底比較【選び方を解説します】

amazon booklive 比較 アイキャッチ
ヨメ
ヨメ

電子書籍を買うならBookLive!とKindleストアどっちがオススメなの?

トミー
トミー

どちらも超オススメのストアなんだけど、選ぶポイントを挙げるならTポイントと割引かな…でも、これは難しい

ヨメ
ヨメ

どっちもすごいストアなんだね

トミー
トミー

そうなんだよ!せっかくだから選ぶときに注目したい9つの項目で比較するかそこで選んでみて

電子書籍販売に携わっている書店員のトミー(@trendebooks)です。

クーポンガチャのCMでおなじみのBookLive!とAmazonのKindleストアはともに人気の電子書籍ストアでどちらを使うか悩みます。

実際、僕も両方のストアを使っていた時期がありました。

そこでこの記事ではBookLive!とKindleストアのサービスの特徴や利用するメリットを比較して、どちらのストアを使うとお得になるのか見ていきたいと思います。

BookLive!とKindleストアのどちらを使うかで悩んでいる方の参考になれば幸いです。

BookLive!とKindleどっちがオススメ?|基本的な選び方

KindleストアとBookLive!はどちらも品揃え豊富で割引も充実しているハイレベルな総合電子書籍ストアです。

両ストアとも素晴らしいサービス内容で甲乙つけがたいのですが、まずは選ぶ時にポイントとなる点をまとめました。

BookLive!の利用がオススメの人

  • Tポイントを貯めている人
  • 三省堂で紙の本を買っている人
  • 毎日もらえる割引クーポンに魅力を感じる人

関連記事 BookLive!を使うメリットは11個【評判がいい理由や高評価のワケを解説】

Kindleストアの利用がオススメの人

  • Amazonの通販を利用している人
  • Kindle Unlimitedに魅力を感じる人
  • 電子書籍専用リーダー端末「Kindle」が使いたい人
  • 誰でも割引・ポイントアップになるストアが使いたい人

関連記事 Kindleストアで電子書籍を買う6つのメリット【評判&口コミもチェック】

トミー
トミー

なぜこうなるのか9つの項目で比較していきます

KindleとBookLive!を9つの項目で比較

比較内容BookLive!Kindle
ストアの安全性株式会社BookLiveが運営Amazonが運営
電子書籍の品揃え100万冊配信ビジネス書が強い
販売方式ストア型/ 個別購入ストア型 / 個別購入
定額読み放題なし10万冊以上の電子書籍
電子書籍リーダー端末なしKindle Paperwhite など
ポイント制度
  • BookLive!ポイント
  • Tポイント(還元率:0.5〜3%)
  • クラブ三省堂ポイント(還元率:0.5)
Amazonポイント(還元率は作品によって異なる)
キャンペーン・セール
  • 毎日もらえるクーポンガチャ
  • 新規会員登録で50%OFFクーポン(1冊半額)
  • 来店ポイント
  • 無料&割引作品多数
など
  • 日替わりセール
  • 月替りセール
  • 無料、割引、ポイントアップ
など
アプリの仕様
  • 縦読みページ(×)
  • 自動送り(×)
  • 縦読みページ(×)
  • 自動送り(×)
  • アプリロック(×)
支払い方法
  • クレジット
  • spモード決済
  • auかんたん決済
  • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
  • WebMoney
  • BitCash
  • モバイルSuica
  • 楽天Edy
  • Google Pay
  • BookLive!専用プリペイドカード
  • 三省堂書店 店頭決済サービス
  • クレジット
  • ドコモ払い/spモード決済
  • au かんたん決済/au WALLET
  • Amazonギフト
トミー
トミー

それでは、各項目を比較していきましょう

ストアの安全性

電子書籍ストア 安全性

電子書籍ストアを選ぶときはまず運営会社をチェックしましょう。

Kindleストアは大手通販会社のアマゾンが運営する電子書籍ストアです。たいしてBookLive!の運営会社は株式会社BookLiveで、大手印刷会社・凸版とっぱん印刷の子会社になります。

ヨメ
ヨメ

凸版とっぱん印刷ってどんな会社なの?

トミー
トミー

世界最大規模の総合印刷会社で東証一部にも上場している大企業だよ

Kindleはアマゾン、BookLive!は凸版とっぱん印刷が関わるストアでどちらも大企業が運営しています。どちらも安心して利用することができるストアです。

どちらも安心して利用できるストア

電子書籍の品揃えを比較

書店イメージ

BookLive!とKindleの品揃えをチェックしましょう。

電子書籍で人気のあるコミック、小説、ライトノベル、ビジネス書で比較します。

比較項目BookLive!Kindle
少年マンガ40,000冊以上40,000冊以上
青年マンガ80,000冊以上40,000冊以上
少女マンガ40,000冊以上30,000冊以上
女性マンガ70,000冊以上20,000冊以上
ティーンズラブ35,000冊以上20,000冊以上
ボーイズラブ40,000冊以上50,000冊以上
オトナコミック60,000冊以上50,000冊以上
小説60,000冊以上70,000冊以上
ライトノベル30,000冊以上40,000冊以上
ビジネス書30,000冊以上40,000冊以上

※冊数はBookLive!、Kindleともに目安です

BookLive!は女性マンガや電子書籍で人気のティーンズラブ作品の蔵書が多いです。BookLive!の全配信電子書籍はおよそ100万冊なのでほかのジャンルの蔵書も十分だと思います。

Kindleストアはビジネス書のジャンルが強いですね。ビジネス書をメインに読みたいと考えているならKindleストアの利用をオススメします。

加えて、Kindleストアも資格本や学習参考書など紙の本と変わらないジャンルを取り扱っており、こちらも品揃えは問題なしです。

BookLive!もKindleも品揃え豊富な総合電子書籍ストア

販売方式で比較

読書 読みふける

KindleとBookLive!は共にサイトで電子書籍を購入して専用のリーダーアプリで本を読む「ストア型」の個別課金販売です。

「ストア型」の場合はサイトの使いやすさが選ぶ時のポイントになります。サイトの使いやすさは個人で違いがあると思いますので実際にサイトを訪問していろいろ使ってみてください。

ここでは、僕の感想を載せておきます。

BookLive!は「使いやすいサイトNo.1」に選ばれたことがあるくらい、サイトが使いやすいストアです。

BookLive! 使いやすいサイト No.1

キャンペーンの目立つバナーと売れ筋・新着の本の表紙が並ぶトップページや各カテゴリーのページはたしかにとても使いやすいと思います。検索機能も読みたい本がすぐ出てくるので問題ありません。

BookLive!は“電子書籍の専門店”なので電子書籍を探したり買ったりするのに特化した良いサイトづくりをしていると思います。

トミー
トミー

たしかにBookLive!はサイトが使いやすい

Kindleストアは検索が非常に便利です。ただ、BookLive!に比べるとキャンペーンやセールのバナーがほとんどなく、安くなっている電子書籍やオススメの本などが探しにくいと感じました。

欲しい本が決まっていて検索で探すならKindleストアが強いですが、なんとなく読みたい本を探す場合にはBookLive!のサイトづくりのほうが好みです。

トミー
トミー

読みたい本が決まっているならKindleストアの検索が便利

どちらもサイトで電子書籍を買ってアプリで読む「ストア型」個別課金販売

定額読み放題を比較

BookLive!Kindle
なしKindle Unlimited
なし980円/月(税込)
なし10万冊以上

BookLive!に定額の読み放題サービは残念ながらありません。すべて個別に購入する必要があります。

Kindleストアは月額980円で10万冊の本が読み放題になる「Kindleキンドル Unlimitedアンリミテッド」という読み放題サービスがあります。こちらは読み放題になる電子書籍がなんと10万冊以上!

コミック、小説、ラノベ、ビジネス書、雑誌など様々な本を気軽に読むことが出来ます。

トミー
トミー

Kindle Unlimitedは素晴らしいサービスです

関連記事 Kindle Unlimitedの評判は?使って分かった特徴とメリット・デメリットを丁寧に解説

読み放題でたくさんの本が読みたいならKindleストアを利用しましょう。

\30日間無料でお試し!/
  • BookLive!⇒読み放題サービスはない
  • Kindle Unlimited⇒10万冊以上が読み放題

電子書籍専用リーダーで比較

Kindle Paperwhite

Kindleストアは電子書籍専用のリーダー端末「Kindle」を販売しています。

e Inkイーインクディスプレイ」を採用して紙の本に近い読み心地です。スマホと違って直接目にライトが当たらないフロントライト構造で目にも優しい仕様になっています。

小説やビジネス書など読書で長時間の読書をするなら使って損はないアイテムです。

もちろん、KindleがなくてもスマホやタブレットにアプリをダウンロードすればKindleで購入した電子書籍を読むことはできます。

関連記事 Kindle Paperwhiteって必要?メリット・デメリットや使用感を徹底レビュー

BookLive!には残念ながら電子書籍専用リーダーはありません。スマホやタブレットにアプリを入れて読むか、ブラウザ読みで読みます。

※BookLive!で買った本をKindleで読むことは出来ません

ちなみに、BookLive!も以前「BookLive!Reader Lideoリディオ」という専用の電子書籍リーダー端末を販売していましたが、残念ながら現在は販売中止となっています。

電子書籍専用リーダーが使いたいなら「Kidleストア」を利用しましょう

ポイント制度で比較

豚の貯金箱 金
BookLive!Kindle
  • Tポイント:0.5〜3%
  • クラブ三省堂ポイント:0.5%
アマゾンポイント:1%〜

電子書籍を購入するとBookLive!はTポイントとクラブ三省堂ポイントAmazonはAmazonポイントがもらえます。どちらも1ポイント=1円です。

電子書籍を買ったときにもらえるAmazonポイントは次に電子書籍を購入するときに使えますし、アマゾンの通販で買い物をする時にも使うことができます。

BookLive!で電子書籍を買ったときにTポイントとクラブ三省堂ポイントをもらうためにはどちらも事前に会員IDと連携させなければいけないのでご注意ください。

BookLive!IDとクラブ三省堂ポイントを連携させる

BookLive!で電子書籍を買ったときにもらえるTポイントは前月の累計購入金額よってポイント付与率が変わります。

BookLive! Tポイント サンクスプレミアムクラブ ランク

前月にBookLive!で1万円以上購入すればTポイントの還元率が3%になります。

リアル店舗でも使えて、加盟店も多いTポイントが3%も貯まるところは魅力的です。

また、Tポイントが貯まる電子書籍ストアはBookLive!とebookjapanだけなのでTポイントに魅力を感じる方はBookLive!の利用がオススメです。

  • BookLive!⇒Tポイント、クラブ三省堂ポイントがもらえる
  • Amazon⇒Amazonポイントがもらえて通販にも使える

電子書籍のキャンペーンやセールで比較

セール
BookLive!Kindle
  • 毎日もらえるクーポンガチャ
  • 新規会員登録で50%OFFクーポン(1冊半額)
  • 来店ポイント
  • 無料&割引作品多数
など
  • 日替わりセール
  • 月替りセール
  • 無料、割引、ポイントアップ
など

BookLive!は「クーポンガチャ」と「半額クーポン」に注目

BookLive! クーポンガチャ

BookLive!の目玉キャンペーンは毎日もらえる「クーポンガチャ」です。

ガチャを引くと漫画や小説など「なにかが割引で買えるクーポン」が必ずもらえます。割引額は様々ですが30〜50%割引になるクーポンがでることも。

このクーポンガチャは何が安くなるのか分からないので、とにかくいろいろな本を読む人にはお得なキャンペーンになります。逆に漫画しか読まないとか、小説以外は読まないという感じで読むジャンルが決まっている方は欲しいクーポンが出ないとガッカリすると思いますのでご注意ください。

トミー
トミー

ガチャなので何が安くなるかわかりません

もう1つ注目したい大きいキャンペーンがBookLive!に会員登録をすると1冊半額で購入できるクーポンが必ずもらえるキャンペーンです。割引額に上限はないのでどれだけ高い本を買っても半額で買えます。

トミー
トミー

読みたいけど手が出なかった高い本があればこのクーポンを使いましょう

Kindleストアは値引きキャンペーンが充実

Kindleストアのキャンペーンの魅力は電子書籍を割引で買えるところです。たくさんの電子書籍が値引きになってます。

特にKindleは紙の本と電子書籍の値段差を意識していて、電子書籍の方が紙の本より10%ほど安くなっているケースが多いです。

ほかの電子書籍ストアは紙の本と同じ値段で売っているのでKindleはかなりお得です。

ヨメ
ヨメ

Kindleはポイント還元より直接値引きが多いんだね

トミー
トミー

誰にでも割引が適用されるところが嬉しいね

Kindleのキャンペーンのいいところはポイントアップや値引きが誰にでも適用されるところです。Amazonプライム会員にならないと値引きされないとか還元率が低いみたいなことはありません。

初めて電子書籍を使うなら誰でもお得に電子書籍が購入できるKindleストアは敷居が低くてオススメです。

  • BookLive!⇒毎日割引クーポンがもらえる
  • Kindleストア⇒割引でお得

アプリで比較

アプリイメージ
比較項目BookLive!Kindle
縦読み××
目次
ページめくり方の変更
ページの自動めくり××
画像の拡大
しおり・付箋機能
明るさ調整
本棚作成(整理機能)
ダウンロード中に読書×
アプリのロック××
本棚のロック×

BookLive!のアプリはダウンロードが完了するまで電子書籍が読めないところが個人的にはマイナスです。本棚のロック機能は見られたくない本などをまとめるのに使えます。

どちらのアプリもしおりや明るさ調整、整理機能などの便利機能はしっかりと付いています。とても読みやすいアプリです。

どちらも使いやすいアプリだけど、「ダウンロード中に読書」機能が必要ならKindleアプリを使いましょう

支払い方法で比較

支払い 買い物 ショッピング
BookLive!Kindle
  • クレジット
  • spモード決済
  • auかんたん決済
  • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
  • WebMoney
  • BitCash
  • モバイルSuica
  • 楽天Edy
  • Google Pay
  • BookLive!専用プリペイドカード
  • 三省堂書店 店頭決済サービス
  • クレジット
  • ドコモ払い/spモード決済
  • au かんたん決済/au WALLET
  • Amazonギフト

※Amazonギフトカードはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネーで支払いができます

クレジット、携帯払い、Web決済系やBookLive!専用のプリペイドカードとBookLive!は支払い方法が充実しています。

BookLive!と比較してAmazonは支払い方法が少ないですが、Amazonギフトカードを利用すればコンビニや電子マネー系の決済を利用することが出来ます。

さらに、コンビニ・ATM・ネットバンキング払いでAmazonギフト券チャージを利用すると最大2.5%還元されるのでさらにお得です。

Amazonギフト券チャージ
  • BOOK☆WALKER⇒たくさんの決済方法がある
  • Kindleストア⇒Amazonギフト券チャージがお得

関連記事 誰にもバレずにこっそりと電子書籍を買うための支払い方法を解説

僕がBookLive!ではなくKindleを選んだ2つの理由

僕は現在、Kindle、楽天Kobo、DMM.com(FANZA)をメインに利用しています。以前はBookLive!も使用していたのですが、だんだんと利用頻度が減りました。

ヨメ
ヨメ

なんでBookLive!を使わなくなったの?

トミー
トミー

Kindle Unlimitedと楽天Koboの還元率が高いからだね

僕はいま、電子書籍専用リーダー「Kindle」を使ってKindle Unlimitedを利用しています。「Kindle」で本を読んでいいるので必然的にKindleストアで電子書籍を買わなければいけません。

加えて、漫画は楽天Koboをメインに使っています。僕は最近、楽天銀行と楽天証券を使い始めたので楽天Koboで電子書籍を買うと最低でも5%ポイント還元されます。

あまりにもポイント還元率が良いのでBookLive!から乗り換えました。

関連記事 楽天Koboの評判が良い理由が判明!使うべき6つのポイントを解説

普段からTポイントを貯めたり使ったりしていればBookLive!の利用を継続していたと思います。残念ながら、あまりTポイントは使わないんですよね…

いまBookLive!は安くなるクーポンがもらえた時や激安セール時などでたまに使うくらいですね。

トミー
トミー

BookLive!は残念ながら僕のライフスタイルに合わなくなりました

じっくりと比較をして、どちらが自分に合いそうか検討してみてください!

BookLive!とKindleどっちがオススメ?|まとめ

「BookLive!」と「Kindleストア」について両ストアのサービスの特徴や利用するメリットを比較しました。

比較結果をまとめると以下のようになります。

比較項目メモ
安全度どちらも大企業が運営する安心・安全なストア
品揃えどちらも品揃え豊富な総合電子書籍ストア
販売方式どちらもサイトで電子書籍を買ってアプリで読む「ストア型」個別課金販売
定額読み放題
  • BookLive!⇒なし
  • Kindlストア⇒Kindle Unlimited(10万冊以上が読み放題)
電子書籍専用リーダー
  • BookLive!⇒なし
  • Kindlストア⇒専用リーダー「Kindle」を販売
ポイント制度
  • BookLive!⇒Tポイント、クラブ三省堂ポイントがもらえる
  • Kindlストア⇒Amazonポイントがもらえて通販にも使える
キャンペーン・セール
  • BookLive!⇒毎日割引クーポンがもらえる
  • Kindleストア⇒割引でお得
アプリどちらも使いやすい。「ダウンロード中に読書」機能はKindleアプリのみ
支払い方法
  • BookLive!⇒たくさんの決済方法がある
  • Kindleストア⇒Amazonギフト券チャージがお得

専用リーダー「Kindle」や読み放題サービスなどKindleストアだけのサービスに注目です。

BookLive!はとても優秀な電子書籍ストアで、Tポイントを貯めながら、毎日割引クーポンで安く電子書籍が買えます。

ぜひどちらのストアが自分のライフスタイルに合いそうか検討してみてください。

BookLive!の利用がオススメの人

  • Tポイントを貯めている人
  • 三省堂で本を買う人
  • 毎日もらえる割引クーポンに魅力を感じる人

関連記事 BookLive!を使うメリットは11個【評判がいい理由や高評価のワケを解説】

Kindleストアの利用がオススメの人

  • Amazonの通販を利用している人
  • Kindle Unlimitedに魅力を感じる人
  • 電子書籍専用リーダー端末「Kindle」が使いたい人
  • 誰でも割引・ポイントアップになるストアが使いたい人

関連記事 Kindleストアで電子書籍を買う6つのメリット【評判&口コミもチェック】

BookLive!とKindleストアはどちらも特徴のある素晴らしい電子書籍ストアです。

ライフスタイルや電子書籍の利用目的に合う方のストアをぜひ利用してみてください。

それでは、良き電子書籍ライフを!