Kindleとhontoはどっちがおすすめ?12項目で徹底比較【選ぶときのポイントをチェック!】

ヨメ
ヨメ

電子書籍を買うならKindleとhontoどっちがいいかな?

トミー
トミー

リアル書店も使うならhonto、使わないならKindleかな。あとはクーポンが使いたいならhontoがおすすめ。Kindleは電子書籍専用リーダーがあるのが魅力だね

ヨメ
ヨメ

ほうほう。せっかくだからもっと詳しく理由を教えて

トミー
トミー

じゃあ、サービスの特徴とかストアの情報を比較しながら理由を開設していくね

「Kindleストア」は大手ネット通販会社のAmazonが運営する利用者が一番多い電子書籍ストア、hontoは電子書籍とリアル書店が融合したハイブリットなストアです。

どちらのストアも品揃えは申し分なく、セールやクーポンなどで安く電子書籍が買えます。紙の本の通販もあるので、電子書籍と紙の本を併用したい場合にもおすすめです。

Kindleストアとhontoはどちらも素晴らしい電子書籍ストアなので、電子書籍を買おうとしたときにどちらのストアを利用する方が良いのか悩んでしまいます。

そこで、この記事ではKindleストアとhontoのどちらを使うか悩んだときに比較をしたい12項目で徹底比較をしていこうと思います。

トミー
トミー

Kindleストアとhontoのどちらを使うか悩んでいる方の参考になれば嬉しいです

\利用者数No.1で品揃え抜群の王道電子書籍ストア/
\【期間限定】会員登録で初回購入半額クーポンがもらえる/

この記事を書いた人
トミー

仕事で紙の本と電子書籍の販売に携わっています。競合調査でさまざまな電子書籍ストアを利用中。各ストアのメリット・デメリットに詳しくなりブログでまとめています。当ブログでは、おすすめの電子書籍ストアや人気ストアの比較、電子書籍を安く買う方法などをお届けします!

トミーをフォローする

Kindleストアとhontoを利用するメリットで比較

まずはKindleストアとhontoを利用するメリットで比較をしました。このあと、さらに詳しく11項目で比較をしていきますね。

Kindleストアのメリット
  • Amazonの通販とポイントが共通
  • 100万冊以上の品揃え
  • ビジネス書、専門書の品揃えNo.1
  • セール・キャンペーンが多い
  • ビジネス書、専門書のセールがお得
  • 電子書籍専用リーダー「Kindle」
  • 電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」
hontoのメリット
  • 丸善、ジュンク堂、文教堂とポイントが共通
  • hontoの通販とポイントが共通
  • 会員登録で50%OFFクーポン(※)
  • 100万冊以上の品揃え
  • クーポン配布やセールでお得

※hontoの50%OFFクーポンは割引の上限が5,000円までです。(1万円までなら半額です)

Kindleストアを利用するメリット

  • Amazonの通販とポイントが共通
  • ビジネス書、専門書の品揃えがNo.1
  • ビジネス書や専門書のセールが多い
  • 電子書籍専用リーダー「Kindle」
  • 電子書籍読み放題サービス「Kindle Unlimited」

Kindleストアは大手通販会社のAmazonが運営する電子書籍ストアです。

Amazonポイントが通販と電子書籍で共通なので、普段からAmazonを利用しているなら電子書籍もKindleストアを利用するのが良いでしょう。

Kindleストアを利用するメリットは豊富な品揃えです。通販と同じく電子書籍も品揃えが充実していて全電子書籍ストアの中でもトップクラス。特にビジネス書と専門書は全電子書籍ストアの中でもNo.1の品揃えです。

ビジネス書や専門書が読みたい方はKindleストアの利用をおすすめします。

電子書籍を読むことに特化した専用タブレット「Kindle」も注目です。e-Inkイーインクディスプレイという電子書籍専用の画面を採用していて、紙の本に近い読み心地を電子書籍で実現しています。

このe-Inkディスプレイは小説やビジネス書などの活字との相性が最高です。これは使ってみないとわからない部分かもしれませんが、電子書籍の読書体験が大幅にアップデートされるものすごいタブレットです。

10万冊の電子書籍が読み放題になる「kindle Unlimited」も素晴らしいサービスです。漫画、小説、ビジネス書、雑誌などが月額980円という驚きの安さで読むことができます。月額制のサービスでKindleストアの単品購入とは別サービスなのでKindle Unlimitedとhontoの併用利用も可能です。

Kindleストアは豊富な品揃えと独自サービスが魅力の電子書籍ストアです。

\利用者数No.1で品揃え抜群の王道電子書籍ストア/

hontoを利用するメリット

  • hontoポイントが電子書籍・ネット書店・リアル書店で共通
  • 100万冊を超える品揃え
  • 新規会員登録で50%OFFクーポンが必ずもらえる
  • クーポン配布やセールでお得

hontoは大手印刷会社の大日本印刷が運営する電子書籍ストアです。

hontoの特徴はリアル書店・ネット書店・電子書籍ストアで共通で使える「hontoポイント」です。リアル書店(丸善、ジュンク堂、文教堂)で紙の本を買っていて、電子書籍も使いたいならhontoは使いやすいストアだと思います。

いまhontoに会員登録をすると半額クーポンがもらええます。値引額の上限は5,000円なので10,000円以上購入すると半額にはなりませんが、半額になるのはすごいですね。半額クーポンがもらえる電子書籍はとても貴重なのでこの機会をぜひお見逃しなく。

半額クーポン以外にも定期的に割引きクーポンがもらえたり、毎週お得なセール・キャンペーンを実施していて安く・お得に電子書籍が買えるストアです。

\【期間限定】会員登録で初回購入半額クーポンがもらえる/

Kindleストアとhontoどっちがおすすめ?

Kindleストアの利用がおすすめ
  • Amazonの通販を利用している
  • 通販はすぐに届いてほしい
  • ビジネス書、専門書を中心に読みたい
  • 電子書籍専用リーダーで読書がしたい
hontoの利用がおすすめ
  • 丸善・ジュンク堂・文教堂を利用している
  • hontoの通販を利用している
  • 漫画を中心に読書をしている
  • 割引クーポンで安く本が買いたい

Kindleとhontoで悩んだら、いつも買い物をしているところをチェックしましょう。

Amazonの通販をよく利用するならKindleストア、丸善・ジュンク堂・文教堂を利用しているならhontoという感じで貯まるポイントを合わせるとお得になります。

読みたい本が小説、ビジネス書、専門書などの活字系ならKindleがおすすめです。品揃えが豊富なことはもちろん、活字と相性がいい電子書籍専用リーダー「Kindle」は魅力的です。

電子書籍リーダー「Kindle」はKindleストアで購入した電子書籍しか読めません。あとからKindleが気になったけど、Kindleストアを利用していないから使えない…という事態を避けるためにも活字を読むならKindleストアの利用をおすすめします。

hontoは割引クーポンが多いので漫画の利用をするならおすすめです。Kindleストアは漫画のセールが正直イマイチなことにくわえて、クーポンを配布していないので好きな本を割引で買えません。

会員登録時にもらえる半額クーポンなどで好きな本が安く買えるところがhontoの魅力です。

ただ、これだけではまだまだどちらのストアを選べば良いのかしっかりと決まらないと思います。

続いてはKindleストアとhontoを選ぶときにチェックしたい12項目で徹底比較していきます。

Kindleとhonto以外にオススメのストア

ここまででKindleストアとhontoのメリットにあまり魅力を感じない場合はほかの電子書籍ストアの利用を検討するのも良いでしょう。

当サイト「トレデン」がおすすめするストアは以下の記事にまとめてありますので、こちらも参考になれば嬉しいです。

Kindleストアとhontoを12項目で徹底比較

比較内容Kindleストアhonto
運営会社Amazon大日本印刷
品揃え100万冊以上100万冊以上
ポイント制度Amazonポイントhontoポイント
ポイント還元率1%最大4%
クーポンなし
  • 初回半額クーポン(※)
  • クーポン配布が多い
セール・キャンペーン全ジャンル
(特にビジネス書・専門書)
全ジャンル(漫画) 
電子書籍専用リーダーKindleシリーズなし
アプリ性能
  • 縦読み(✕)
  • ページ自動送り(✕)
  • アプリロック(✕)
  • 縦読み(○)
  • 自動送り(✕)
  • アプリロック(✕)
同時利用台数6台5台
画質問題なし問題なし
支払い方法
  • クレジット
  • ドコモ払い
  • auかんたん決済
  • au WALLET
  • Amazonギフト
  • クレジット
  • spモード決済
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • WebMoney
  • BitCash
  • リクルートかんたん支払い
  • LINE Pay
  • 図書カードNEXt
  • hontoポイント・クーポン
読み放題Kindle Unlimitedなし

※hontoの初回半額クーポンの値引額の上限は5,000円

運営会社を比較

電子書籍ストア 安全性

電子書籍を使いたいと思ったらまずはストアを運営する会社を確認して安全性を必ずチェックしましょう。電子書籍は閲覧権を購入しているためストアが閉鎖すると最悪の場合、購入した電子書籍が読めなくなる危険性があるからです。

Kindleストアの運営会社はネット通販で有名なAmazon、hontoは東証一部上場の大手印刷会社・大日本印刷が運営しています。どちらも大企業が運営しているので安全度はかなり高いです。

ヨメ
ヨメ

hontoを運営する大日本印刷ってすごいの?

トミー
トミー

印刷業界第2位の大会社だよ

※印刷業界第1位の凸版印刷はBookLive!という電子書籍ストアを運営しています。

Kindleストア、hontoは安全に利用できる電子書籍ストアだと思います。

  • Kindleは世界一のECショップ”Amazon”が運営する電子書籍ストア
  • hontoは印刷業界2強の一角「大日本印刷株式会社」が運営する電子書籍ストア

品揃え

書店イメージ
比較項目Kindleストアhonto
品揃え100万冊以上100万冊以上
得意ジャンルビジネス書、専門書TL、BL

Kindleストアとhontoの品揃えはともに100万冊以上を取り扱う大型総合電子書籍ストアです。

どちらのストアも素晴らしい品揃えなので大手出版社の漫画や有名な書籍はだいたい取り扱っていて大差がないと思います。

差があるのはビジネス書と専門書です。ビジネス書・専門書はKindleストアのほうが品揃えがいいので、電子書籍の利用目的がビジネス書、専門書の場合はKindleストアの利用がオススメです。

hontoはティーンズラブとボーイズラブの取扱数が多いです。1話売の単話版を取り扱っているので安く読みたいタイトルがあるならhontoがオススメです。

  • Kindleストア → ビジネス書、専門書が強い
  • hondo → TL、BLが強い

ポイント制度

比較項目Kindlehonto
ポイント制度Amazonポイントhontoポイント

通販と共通の「Amazonポイント」

Kindleストアで電子書籍を購入するときに使えるポイントはAmazonポイントです。

Amazonポイントは通販と電子書籍で共通なところがとても便利。通販で買い物をして貯まったポイントで電子書籍を買ったり、電子書籍で貯めたポイントを使って通販の商品が安く買えます。

電子書籍されていない本や付録つきの本などは紙の本を買わなければいけません。紙の本と電子書籍でポイントが共通して使えるストアはKindleストア以外だと楽天Kobo、honto、ebookjapanくらいなのでとても貴重です。

紙の本と電子書籍の併用を考えている方はKindleストアの利用をオススメします。

リアル書店、通販と共通の「hontoポイント」

hontoで電子書籍を買うときに使える「hontoポイント」はリアル書店の丸善、ジュンク堂、文教堂とhontoの通販でも使えます。

電子書籍はもちろん、リアル書店・ネット書店で紙の本を買うときにも使えるというのが便利です。特にリアル書店とネット通販・電子書籍で共通というところが素晴らしい。

電子書籍ストアはネットで完結するため、そもそもリアル書店とのつながりがないところが多いです。そのため、リアル書店もヘビーに利用しているならhontoは選択肢の1つになるのではないでしょうか。

ポイント還元率

豚の貯金箱 金
比較項目Kindlehonto
ポイント還元率1%最大4%

Kindleストアのポイント還元率はほぼ1%

Kindleストアのポイント還元率はほぼ1%です。キャンペーンで特定の本がポイントアップすることがときどきありますが、それを除くと1%還元なので還元率はそこまで高くありません。

hontoのポイント還元率は最大4%

honto ポイントアップ

hontoのポイント還元率は通常1%ですが、リアル書店(丸善、ジュンク堂、文教堂)、hontoの通販、hontoの電子書籍の3つでそれぞれ1,000円以上買い物をすると翌月の還元率が4%になります。

好きな本を買っているだけでポイントアップするのは嬉しいですね。特にリアル書店で紙の本を買ってもポイントアップするところがすごいです。リアル書店で紙の本を買うと電子書籍のポイント還元率がアップするのはhontoだけ。

電子書籍も買いたいし、リアル書店も好きという方はぜひhontoを

クーポン

比較項目Kindleストアhonto
クーポンなし
  • 初回半額クーポン(※)
  • クーポン配布が多い

※hontoの初回半額クーポンの値引額の上限は5,000円です

Kindleストアはクーポンをあまり配布しないストアです。もらった記憶がほぼありません…

クーポンが無いので自分の好きな本が安く買えるという機会が少ない電子書籍ストアです。

逆にhontoはお得なクーポンを配っています。まず注目は会員登録をすると必ずもらえる初回購入クーポン。現在はキャンペーン中で割引率が30%→50%にアップしています。

honto 初回半額クーポン

値引額の上限が5,000円なので10,000円以上の電子書籍を購入すると50%OFFになりませんが、10,000円以内の電子書籍を購入するなら間違いなくお得なクーポンです。

半額クーポンを配布するストアが減少してきているので、いま注目のクーポンですよ。

hontoは初回クーポン以外にも定期的に割引きクーポンがもらえます。クーポンで安く電子書籍が解体ならhontoの利用のほうがおすすめです。

セール・キャンペーン

比較項目Kindlehonto
キャンペーン・セール
  • 日替わりセール
  • 月替わりセール
  • 漫画まとめ買いセール
  • 紙の本より10%前後の値引き
など
  • 会員登録で30%OFFクーポン
  • 割引キャンペーン
  • 割引クーポン配布(不定期)
など

Kindleストアは値引きセールが中心

Kindleストアは割引セールが中心です。日替わりセール、月替りセールや紙の本より10%前後の値引きで販売している電子書籍が多いです。

特にビジネス書や専門書は値引きになっているものが多いので安くお得に買うことができます。

毎日値引きを行っているのでクーポンは配布していません。

hontoはキャンペーンとクーポン配布が魅力

hontoは毎週たくさんのキャンペーンを実施しています。値引きやポイントアップで安く電子書籍を買うことが出来るところが魅力ですね。

現在実施中の特集・キャンペーン一覧ページを見ていただければ分かるのですが、毎日100本前後のキャンペンを実施しています。ものすごい数です。

hontoを利用するならこのページはブックマークしておきましょう。

豊富なキャンペーンに加えて、hontoは割引クーポンも配布しています。

まず、会員登録すると必ず全電子書籍に使える30%OFFクーポンがもらえます。値引きは最大5,000円までという上限はありますが、何冊でも対象になるところが良いところです。

ほかにも不定期ではありますがメルマガやサイトからクーポンをもらうことができます。

hontoはキャンペーンとクーポンで安く・お得に電子書籍が買えるストアです。

電子書籍専用リーダー

Kindle Paperwhite
比較項目Kindlehonto
電子書籍専用リーダーKindleシリーズなし

Kindleストアは電子書籍専用のリーダー端末「Kindle」を販売しています。

読書のための専用タブレットで「e Inkイーインクディスプレイ」を採用。紙のように読みやすい読書好きにオススメの端末です。

関連記事 Kindle Paperwhiteって必要?メリット・デメリットや使用感を徹底レビュー

購入する場合はアマゾンプライムデー、サイバーマンデーなどの大型セールの時に半額近くまで値引きになるので急ぎではないならセールを待ちましょう。

そして、残念ながらhontoには電子書籍用の専用リーダー端末はありません。
スマホか市販のタブレットを使うことになります。※hontoで買った本をkindleで読むことはできません。

小説やビジネス書など読書で画面を長時間見るなら「E Inkディスプレイ」を採用しているKindleはとても魅力的です。

「Kindle Paperwhite」「Kindle Oasis」は防水機能もついているのでお風呂などのリラックスタイム中に読書を楽しむこともできます。

【注意点】

電子書籍専用端末「kindle」を持っていなくてもスマホやタブレットに「Kindle」または「honto」のアプリをインストールすれば電子書籍は読めます

電子書籍専用リーダー端末「kindle」はあくまで読書のオプションですが、より快適な読書のためには購入を検討するのも良いでしょう。

また、あくまでも電子書籍を読むことに特化したタブレットが電子書籍専用リーダー「Kindle」です。「Kindle」が無くても電子書籍は読めるのでご安心を。

ヨメ
ヨメ

専用リーダー端末って必要?

トミー
トミー

小説とかビジネス書を読むなら「Kindle」はとても便利だよ

関連記事 電子書籍端末のシンプルな選び方|タブレットと専用リーダーの違いやメリットを徹底解説

アプリ

Kindleまたはhontoの電子書籍をスマホやタブレットで読む時に使用するリーダーアプリの比較です。

比較項目Kindlehonto
縦読み×
目次
ページめくり方の変更
ページの自動めくり××
画像の拡大
しおり・付箋機能
明るさ調整
本棚作成(整理機能)
ダウンロード中に読書
アプリのロック××
本棚のロック××

アプリはどちらも使いやすいです。Kindleで電子書籍を買っても、hontoで電子書籍を買っても快適に本を読むことができます。

Kindleは縦読みに対応していないので縦読みで本が読みたい場合はhontoを使いましょう。

同時利用台数

比較項目Kindlehonto
同時利用台数6台ト5台

電子書籍を読むとき、スマホやタブレットが何台まで同時利用できるかも重要です。特に家族でアカウントを共有して使いたい場合は同時利用台数が多いほうが便利です。

同時利用できる台数はKindleストアが6台、hontoが5台でKindleストアのほうが同時利用でき台数は多くなります。

1台の違いですが、家族で共有など同時利用台数が多い場合はKindleストアの方が後からストレスなく使うことと思います。

画質

漫画の画像を比較するとhontoはやや暗い印象を受けます。アプリで読んでいる分には画面が光るのでそこまで暗いという印象はありませんでした。

画質にはやや違いがありますので気になる場合は無料の漫画などを使って一度アプリで試し読みを指定みてください。

\利用者数No.1で品揃え抜群の王道電子書籍ストア/
Kindle

Kindle

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

\【期間限定】会員登録で初回購入半額クーポンがもらえる/

honto電子書籍リーダー

honto電子書籍リーダー

Dai Nippon Printing Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

支払い方法

支払い 買い物 ショッピング
比較項目Kindlehonto
支払い方法
  • クレジット
  • ドコモ払い
  • auかんたん決済
  • au WALLET
  • Amazonギフト
  • クレジットカード
  • spモード決済
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • WebMoney
  • BitCash
  • リクルートかんたん支払い
  • LINE Pay
  • 図書カードNEXT
  • hontoポイント・クーポン

Kindleストアも決済は豊富ですが、hontoはそれ以上にたくさんの決済方法で電子書籍を買うことが出来ます。

僕はいつもクレカ払いなので正直に言うと決済はあまり気にしないのですが、クレカが嫌な方やネット系・電子マネー系の決済が使いたい方はhontoの方が使いやすそうですね。

クレカ払いならどちらを使ってもいいと思います。

読み放題サービス

比較項目Kindleストアhonto
読み放題Kindle Unlimitedなし

Kindleストアは約10万冊の電子書籍が読み放題になる「Kindle Unlimited」があります。漫画はもちろん、小説、ビジネス書、雑誌など様々なジャンルの本が読める最強の読み放題サービスです。

しかも、月額料金が980円と格安なところも素晴らしい。月額980円で10万冊の本が読めるのはすごすぎです。さらに、30日間無料でお試し利用できるので、気になったらまずは実際に使ってみるとよいでしょう。

Kindle UnlimitedはKindleストアの電子書籍なので専用リーダーのKindleシリーズで読むことができます。小説やビジネス書の読み放題と専用リーダー「Kindle」の相性はバツグンです。

Kindleストアで1冊ずつ本を購入するのとはまた別のサービスになります。Kindle Unlimitedを利用しつつ、足りない本はhontoで補完するという使い方もできますよ。

ただ、この場合は本を読むアプリが別になるのでちょっと管理が煩雑になります。

hontoは残念ながら読み放題サービスがありません。

\30日間無料でお試し!/

僕がhontoを使わなくなった3つの理由

最後に、僕がhontoを使わなくなった理由について書きます。

僕は現在、Kindle、楽天Kobo、DMMブックス、BookLive!を主に利用しています。

それと同時に、電子書籍を使い始める前から買っている漫画は現在も紙で買い続けており、紙の本は自宅または会社近くの文教堂かジュンク堂を利用しています。

ヨメ
ヨメ

文教堂とジュンク堂を使うならhontoを使ったら?

トミー
トミー

通販をほぼ使わないのと電子書籍を書い始めてから紙の本を買う量が減ったんだ

いま買っている紙の本はほぼ漫画で基本的に書店に足を運んだ時に買ってしまいます。なので通販で紙の本を買うことがほぼありません。

そして、電子書籍を使うようになってから紙の本を買う量が激減しました。昔から紙の本で買っている漫画も続々と完結してきて、より一層ペーパーレス化が進んでします。

そのため、hontoの3ストア全てで毎月1,000円以上という条件を自然と満たすことがちょっと難しくなりました。

加えて、僕は普段から楽天のサービスを利用しているので楽天Koboのポイント還元率が5%を超えています。

還元率が4%を超える場合、hontoよりも楽天Koboを使った方がお得になるので残念ながらhontoは使わなくなりました。

また、Kindleを使っている主な理由は専用リーダー端末の「Kindle」を使っていること、ビジネス書がお得に買えること、そしてKindle Unlimitedを利用しているからです。

まとめると、僕がhontoよりKindleを選んだ理由は以下の3つになります。

  • 紙の本を買う量が減って、なおかつ通販で買い物をほぼしない
  • ポイント還元率が楽天Koboの方がお得だった
  • Kindleストアのビジネス書とKindle Unlimitedに魅力があった

hontoも素晴らしいストアですが、僕のライフスタイルには合いませんでした。

ぜひ、Kindleとhontoのどちらが自分に合っているのか比較項目をチェックしてお得になる方を利用してみてください。

ヨメ
ヨメ

自分のライフスタイルに合うストアを選ぶことが重要なんだね

トミー
トミー

その通り!ぜひ自分似合うストアを見つけてね

Kindleとhontoどっちがオススメ?|まとめ

Amazonが運営する「Kindleストア」と大日本印刷株式会社が運営する「honto」について両ストアのサービスの特徴や利用するメリットについて比較しました。

それぞれのストアがオススメの人は以下のようになります。

Kindleストアがオススメの人

  • 電子書籍はビジネス書を中心に読む
  • 電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」を利用したい
  • 電子書籍専用リーダー「Kindle」を使いたい
  • 紙の本の通販は注文したらすぐに届けてほしい
  • リアル書店にあまり行かない&hontoポイントが使えるリアル書店が近くにない
\利用者数No.1で品揃え抜群の王道電子書籍ストア/

hontoがオススメの人

  • 丸善・ジュンク堂・文教堂・啓林堂書店で本を買っている
  • 紙の本を買うときにポイントを貯めたい&使いたい
  • クーポンやキャンペーンでお得に電子書籍を買いたい
  • 本を勧めるプロ「ブックキュレーター」にオススメ本を紹介してもらいたい
\【期間限定】会員登録で初回購入半額クーポンがもらえる/

Kindleもhontoもそれぞれ魅力のあるサービスを展開するストアです。

自分のライフスタイルに合う使いやすそうなストアをぜひ利用してみてください。

それでは、良き電子書籍ライフを!