電子書籍が安く買えるお得なクーポンを配布しているストア9選

Kindleとhontoはどっちがオススメ?9つのポイントで徹底比較

honto Kindle比較

「Kindleストア」は世界一のECサイト「Amazon」が運営する電子書籍ストア、「honto」は世界最大規模の総合印刷会社「大日本印刷株式会社」が運営する電子書籍ストアです。

どちらのストアも電子書籍に加えてネット通販で紙の本を買うことができる”電子書籍と紙”が融合したハイブリッド書店として人気があります。

さらに、hontoはリアル書店とも連携して”ネットとリアル”を繋ぐストアとして唯一無二の存在です。

どちらも人気の素晴らしいストアで、紙の本と電子書籍を併用したい場合どちらのストアを使うかで悩んでしまいます。

ヨメ
ヨメ

紙も電子も使いたいけど、Kindleとhontoってどっちがオススメ?

トミー
トミー

ポイントはリアル書店でも紙の本を買うかどうかだよ

紙と電子書籍を併用したい、そしてKindleとhontoのどちらを使うかで悩んだ場合はリアル書店で紙の本の買い物をするかどうかがポイントになります。

特に重要なポイントは「hontoが提携するリアル書店」で紙の本を買うかどうかです。

そこで、この記事ではなぜリアル書店がポイントとなるのか、そして「Amazon Kindleストア」と「honto」のサービスの特徴や利用するメリットを比較して、どちらを使うとよりお得になるかを解説します。

トミー
トミー

「Kindleストア」と「honto」のどちらを使うか悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

Kindleストアとhontoはどっちがオススメ?|基本的な考え方

Kindleとhontoのどちらを使うかで悩んだらまずはリアル書店で普段から本を買うか考えましょう。

特に普段使う書店が「hontoポイントが使える書店一覧」にあるかどうかです。

  • hontoポイントが使える書店で本を買っている → hontoがオススメ
  • 紙の本はネット通販メイン → KindleストアおよびAmazonの利用がオススメ

hontoポイントが使える書店は丸善、ジュンク堂、文教堂、啓林堂書店です。
※一部取り扱いがない店舗もあるのでご注意ください

ヨメ
ヨメ

何でhontoポイントが重要なの?

トミー
トミー

電子書籍・通販・リアル書店共通でポイントが貯まるからだよ

hontoのサービスの最大の目玉は電子書籍・ネット通販・リアル書店の3ストア共通で使える「hontoポイント」です。

リアル書店の対象店舗は丸善、ジュンク堂、文教堂、啓林堂書店になります。
※上記の書店でも一部は「hontoポイント」の取り扱いがないので「hontoポイントが使える書店一覧」をチェックしてください。

honto ポイント 付与率

「hontoポイント」の凄さは3ストア共通で使えることに加えて、2ヶ月間で電子書籍、紙の通販、リアル書店それぞれで1,000円以上購入すると「hontoポイント」の付与率が翌月4倍になるところです。かなりオトク。

honto ポイントアップ

このように電子書籍、ネット通販、リアル書店を併用するとポイントアップするところがhontoの魅力であり利用する最大のメリットになります。

ヨメ
ヨメ

紙の本と電子書籍を併用して使うのもいいよね

トミー
トミー

hontoポイント対象書店で本を買うならhontoをオススメするよ

Amazonは日本にリアル書店を出店していないので電子書籍と紙の本を併用してリアル書店に足を運ぶなら「honto」の方がオススメです。

逆に、電子書籍と紙の本は併用するけど書店に足をあまり運ばない、通販で買うことが多いなら「Amazon Kindleストア」をオススメします。

Kindleとhontoで悩んだら「リアル書店」を利用するか考えよう
ヨメ
ヨメ

ウチって文教堂とジュンクに行くし、アマゾンの通販も使ってるよね…

トミー
トミー

そうなんだ…だからしっかりとサービス内容を比較したよ

僕は会社の近くに文教堂とジュンク堂があり仕事帰りにふらっと立ち寄って立ち読みしたり気になる本を買ったりしていました。
じゃあ、hontoを使うかというと、通販で本を買うときはずっとアマゾンを利用していて、これは困ったとなったのです。

そこで、Kindleとhontoのサービスの特徴、利用するメリットを比較して、電子書籍も紙の本もより楽しめるライフスタイルを作るためにはどちらのストアが合うのかしっかりと検証しました。

続いては僕がKindeとhontoのどちらを利用するかを考えるときに比較検討した項目についてまとめていきます。

トミー
トミー

Kindleとhontoのサービスの特徴と利用するメリットを確認しよう

まずはじめにKindleとhontoのサービスの特徴や利用するメリットから以下のような人にオススメできます。

Kindleストアがオススメの人

  • 電子書籍はビジネス書を中心に読む
  • 電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」を利用したい
  • 電子書籍専用リーダー「Kindle」を使いたい
  • 紙の本の通販は注文したらすぐに届けてほしい
  • リアル書店にあまり行かない&hontoポイントが使えるリアル書店が近くにない

Kindle 公式サイト

hontoがオススメの人

  • 丸善・ジュンク堂・文教堂・啓林堂書店で本を買っている
  • 紙の本を買うときにポイントを貯めたい&使いたい
  • クーポンやキャンペーンでお得に電子書籍を買いたい
  • 本を勧めるプロ「ブックキュレーター」にオススメ本を紹介してもらいたい

honto 公式サイト

このようにKindleとhontoがオススメできる理由をサービスの特徴、利用するメリットの比較から解説していきます。

スポンサーリンク

Kindleとhontoを9つのポイントで比較

比較内容Kindlehonto
ストアの安全性Amazonが運営大日本印刷株式会社が運営
サービスのタイプストア型/ 個別購入
サブスクリプション(Kindle Unlimited)
ストア型 / 個別購入
電子書籍専用リーダー端末Kindle Paperwhite などなし
電子書籍の品揃え全ジャンルの品揃えが豊富
特にビジネス書が強い
全ジャンルの品揃えが豊富
アプリの仕様縦読み/ページ自動送り/アプリロック ができないページ自動送り/アプリロック ができない
ポイント制度1ポイント=1円
還元率は作品ごとに異なる
1ポイント=1円
3ストア利用でポイント4倍
キャンペーン・セールなど定期的に実施
ポイント還元、割引など
日替わりセール
月替りセール
定期的に実施
値引きクーポンの配布
会員登録で30%OFFクーポン
「ブックキュレーター」がオススメ本を紹介
支払い方法クレジット
ドコモ払い spモード決済
au かんたん決済/au WALLET
Amazonギフト(コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー)
クレジットカード
spモード決済
auかんたん決済
ソフトバンクまとめて支払い
WebMoney
BitCash
リクルートかんたん支払い
LINE Pay
図書カードNEXT
ヨメ
ヨメ

こうして比較すると結構違いがあるね

トミー
トミー

サービス内容が自分にとって”得”なのかをしっかり見極めよう

ストアの安全性を比較

電子書籍ストア 安全性

ヨメ
ヨメ

hontoを運営する大日本印刷ってすごいの?

トミー
トミー

印刷業界第2位の大会社だよ

電子書籍ストアの選び方|選ぶときのポイントを徹底解説します」で詳しく書いていますが、電子書籍を使いたいと思ったらまずはストアを運営する会社を確認して安全性を必ずチェックしましょう。

  • Kindleは世界一のECショップ”Amazon”が運営する電子書籍ストア
  • hontoは印刷業界2強の一角「大日本印刷株式会社」が運営する電子書籍ストア

どちらも売り上げ規模が大きな大会社が運営しているので安心・安全です。

トミー
トミー

安全性は両方のストアとも文句なし!

サービスのタイプで比較

読書 読みふける

Kindleとhontoは共にサイトで電子書籍を購入して専用のリーダーアプリで本を読む「ストア型」の個別課金です。
サイトの使いやすさや購入のしやすさは個人で違いがあると思いますので実際にサイトを訪問して比較してみてください。

ちなみに僕はどちらも使いやすいですが、Amazonの検索の方が精度が良いという印象です。

トミー
トミー

Kindleは本が探しやすいです

個別課金のとは別にKindleストアは月額980円で10万冊の本が読み放題になる「Kindleキンドル Unlimitedアンリミテッド」というサブスクリプションサービス(定額サービス)も提供しています。

10万冊の本が読み放題です。すごくないですか?

様々な本に触れることができる「Kindle Unlimited」は人生を変えるサービスだと思います。

実際、僕も「Kindle Unlimited」を使い始めてからたくさん本を読むようになって人生が豊かになったなと感じています。

このサービスは多くの方に使って欲しいです。

「Kindle Unlimited」は1ヶ月無料でお試し利用できます。
ちょっとでも気になったらぜひ無料でお試し利用してみてください。

Kindle Unlimitedを無料で試す

トミー
トミー

Kindle Unlimitedは利用する価値のあるすごいサービスです

電子書籍専用リーダー「Kindle」

Kindle Paperwhite

Kindleストアは電子書籍専用のリーダー端末「Kindle」を販売しています。
読書のための専用タブレットで「E Ink(イーインク)ディスプレイ」を採用。紙のように読みやすい読書好きにオススメの端末です。

created by Rinker
Amazon
¥15,980(2020/01/30 01:11:33時点 Amazon調べ-詳細)

アマゾンプライムデー、サイバーマンデーなどの大型セールの時に半額近くまで値引きになるので急ぎではないならセールを待った方がいいです。

そして、残念ながらhontoには電子書籍用の専用リーダー端末はありません。
スマホか市販のタブレットを使うことになります。
※hontoで買った本をkindleで読むことはできません。

小説やビジネス書など読書で画面を長時間見るなら「E Inkディスプレイ」を採用しているKindleはとても魅力的です。
「Kindle Paperwhite」「Kindle Oasis」は防水機能もついているのでお風呂などのリラックスタイム中に読書を楽しむこともできます。

【注意点】
電子書籍専用端末「kindle」を持っていなくてもスマホやタブレットに「Kindle」または「honto」のアプリをインストールすれば電子書籍は読めます

電子書籍専用リーダー端末「kindle」はあくまで読書のオプションですが、より快適な読書のためには購入を検討するのも良いでしょう。
あくまでも電子書籍を読むことに特化したタブレットが電子書籍専用端末「Kindle」になります。

ヨメ
ヨメ

専用リーダー端末って必要?

トミー
トミー

そ、それは人によりけりだね…

電子書籍の品揃えを比較

書店イメージ
Kindleストアとhontoの電子書籍の品揃えを比較してみましょう。

比較項目Kindlehonto
少年マンガ30,000冊以上37,000冊
青年マンガ40,000冊以上70,000冊
少女マンガ30,000冊以上32,500冊
女性マンガ20,000冊以上16,000冊
ティーンズラブ20,000冊以上110,000冊
ボーイズラブ40,000冊以上135,000冊
オトナコミック50,000冊以上226,000冊
小説50,000冊以上90,000冊
ライトノベル40,000冊以上37,000冊
ビジネス書70,000冊以上
(ビジネス+趣味・実用)
28,000冊

※Amazon Kindleストアは目安の数のみサイトに記載
※hontoのティーンズラブ、ボーイズラブ、オトナコミックは単話売りを含む
※Kindleのビジネス書は「ビジネス・経営」と「趣味・実用」の合算

hontoの漫画系は単話売りを含んでいるので札数が多くなっています。

Kindleストアとhontoの品揃えは両ストアともに申し分ありません。
小学館、集英社、講談社、KADOKAWAなど大手出版社の作品はきちんと取り扱っていますし、中小の人気出版社もしっかり取り扱っています。

トミー
トミー

品揃えは両ストア引き分け

アプリの仕様で比較

Kindleまたはhontoの電子書籍をスマホやタブレットで読む時に使用するリーダーアプリの比較です。

比較項目Kindlehonto
縦読み×
目次
ページめくり方の変更
ページの自動めくり××
画像の拡大
しおり・付箋機能
明るさ調整
本棚作成(整理機能)
ダウンロード中に読書
アプリのロック××
本棚のロック××

アプリはどちらも使いやすいです。
Kindleで電子書籍を買っても、hontoで電子書籍を買っても快適に本を読むことができます。

Kindleは縦読みに対応していないので縦読みで本が読みたい場合はhontoを使いましょう。

トミー
トミー

どちらも高機能なアプリです

ポイント制度で比較

豚の貯金箱 金

Amazonもhontoも電子書籍や紙の本を買うとポイントが付与されます。
付与されたポイントは次に電子書籍を購入するときにもちろん使えますし、Kindleストアならアマゾンの通販、hontoなら通販やリアル書店で紙の本を買う時に使用することができます。

ポイント付与率は以下の通りです。

Kindlehonto
0%〜(作品によって異なる)電子書籍:1〜4%
通販:1〜4%
書店:0.5〜2%

Kindleストアのポイント制度の特徴

Kindleストアは作品によってポイントの付与率が異なります。
ほとんどの作品のポイント付与率は1%ですが割引になっている作品はポイント付与率が0%だったり、逆に10%以上のポイントが付く場合もあります。

Kindleストアのポイント制度のメリットは誰でも・いつでもポイント還元を受けることができるところです。
Amazonプライム会員じゃないとポイントがつかないというような”縛り”がありません。

無料会員登録をしてKindleストアで買い物をするだけでポイントがもらえます。

トミー
トミー

誰でもポイント還元を受けられるのは嬉しいですね

Kindleストアでさらに上手に買い物がするならAmazonギフト券チャージを利用するとお得です。
チャージした金額に応じてポイントが付与され、最大で2.5%還元されます。

Amazonギフト券チャージ

チャージした金額とボーナスポイントは電子書籍だけではなく、Amazonの通販で利用できます。
Kindleで電子書籍を購入するならAmazonギフト券チャージをうまく活用しましょう!
Amazonギフト券でポイントをチャージする

hontoのポイント制度の特徴

hontoは電子書籍と通販は100円で1ポイント、書店は200円で1ポイント付与されます。

honto ポイント 付与率

そして、電子書籍、通販、書店の各ストアで2ヶ月間に1,000円以上購入すると翌月にポイントが4倍になります。
※書店は「hontoポイント」の利用可能店舗で購入する必要があります。

honto ポイントアップ

ポイント4倍で運用することができるならポイントを一律でもらうことができるhontoはかなりお得です。

ヨメ
ヨメ

本をたくさん買う人なら達成できそうだね

トミー
トミー

常時ポイント4倍、しかもリアル書店でポイントが付くのは嬉しい

honto 公式サイト

電子書籍のキャンペーンやセールで比較

セール

ヨメ
ヨメ

Kindleストアとhontoのキャンペーンとかセールってお得なの?

トミー
トミー

じゃあ、それぞれのストアのお得度を見ていこう

Kindleストアは値引きキャンペーンが充実

Kindleでは毎日いろいろな本が割引になります。
主なセールやキャンペーンは以下の通りです。

  • 日替わりセール
  • 月替りセール
  • 漫画のまとめ買いセール
  • そのほか様々なキャンペーンによる値引き

とにかくたくさんの電子書籍が値引きになってます。

特にKindleは紙の本との値段差を意識していて、電子書籍の方が紙の本より10%ほど安くなっているケースが多いです。

ほかの電子書籍ストアは紙の本と同じ値段で売っているケースがほとんどなのでKindleはかなりお得になってます。

ヨメ
ヨメ

Kindleはポイント還元より値引が多いんだね

トミー
トミー

安くなってる漫画や本が多いよ

Kindleのキャンペーンのいいところは値引きが誰にでも適用されるところです。

初めて電子書籍を使う方にとって「Kindle」は敷居も低く、お得に電子書籍が購入できるのでかなりオススメです。
Kindleストアでお得に電子書籍を購入する

hontoの電子書籍はクーポンに注目!

hontoは無料や値引きのキャンペーンに加えてクーポンの配布が魅力的なストアです。

会員ページには取得できるクーポン一覧ページが用意されていて、たくさんのクーポンをもらうことができます。

特にオススメのクーポンが無料会員登録をすると必ずもらえる「30%OFFクーポン」です。

honto 会員登録 30%OFFクーポン

5,000円までしか割引されませんが、全ての電子書籍が対象で割引になるのでかなりお得なクーポンです。

ヨメ
ヨメ

会員登録するだけでもらえるのは嬉しい!

トミー
トミー

hontoは他にもたくさんクーポンを配っているお得なストアだよ

honto 公式サイト

支払い方法で比較

支払い 買い物 ショッピング

Kindlehonto
クレジット
ドコモ払い spモード決済
au かんたん決済/au WALLET
ATM(※Amazonギフト券チャージ)
コンビニ払い(※Amazonギフト券チャージ)
ネットバンキング(※Amazonギフト券チャージ)
電子マネー払い(※Amazonギフト券チャージ)
クレジットカード
spモード決済
auかんたん決済
ソフトバンクまとめて支払い
WebMoney
BitCash
リクルートかんたん支払い
LINE Pay
図書カードNEXT

Kindleストアも決済は豊富ですが、hontoはそれ以上にたくさんの決済方法を取り扱っています。

僕はいつもクレカ払いなので正直に言うと決済はあまり気にしないのですが、クレカが嫌な方やネット系・電子マネー系の決済が使いたい方はhontoの方が使いやすそうですね。

クレカ払いならどちらを使ってもいいと思います。

紙の本のネット通販で比較

Eコマースサイトイメージ

hontoのポイントアップの条件に「紙の本の通販」があるのでKindleを運営するAmazonの通販と比較しましょう。

hontoの場合、在庫があるものは24時間以内に出荷です。
注文した日の出荷に間に合えば翌日に届きますが、夜など出荷が終わった後に注文をすると翌日発送、翌々日にお届けと手元に来るまでに2日間かかります。

もし、Amazonプライム会員になっているなら圧倒的にアマゾンの方が届くのが早いです。
Amazonに在庫のあるものなら注文した翌日には届きますよね。日付を跨いでしまうとhontoと同じスケジュールになって翌々日着ですが。

あと、週末を挟む場合はAmazonの方が早く届くので本の通販はアマゾンに軍配が上がります。

トミー
トミー

Amazonプライム会員だとすぐ届きます

Amazonプライム会員を1ヶ月無料でお試し

スポンサーリンク

僕がhontoを使わなくなった3つの理由

最後に、僕がhontoを使わなくなった理由について書きます。

僕は現在、Kindle、楽天Kobo、DMM.com(FANZA)が主に使っている電子書籍ストアです。
それと同時に、電子書籍を使い始める前から買っている漫画は現在も紙で買い続けており、紙の本は自宅または会社近くの文教堂かジュンク堂を利用しています。

ヨメ
ヨメ

文教堂とジュンク堂を使うならhontoを使ったら?

トミー
トミー

通販をほぼ使わないのと紙を買う量が減ったんだ

いま買っている紙の本はほぼ漫画で基本的に書店に足を運んだ時に買ってしまいます。
なので通販で紙の本を買うことがほぼありません

そして、電子書籍を使うようになってから紙の本を買う量が激減しました。
昔から紙の本で買っている漫画も続々と完結してきて、より一層ペーパーレス化が進んでします。

そのため、hontoの3ストア全てで毎月1,000円以上という条件を自然と満たすことがちょっと難しくなりました。

加えて、僕は普段から楽天のサービスを利用しているので楽天Koboのポイント還元率が4%を超えています。

還元率が4%を超える場合、hontoよりも楽天Koboを使った方がお得になるので残念ながらhontoは使わなくなりました。

また、Kindleを使っている主な理由は専用リーダー端末の「Kindle」を使っていること、ビジネス書がお得に買えること、そしてKindle Unlimitedを利用しているからです。

まとめると、僕がhontoよりKindleを選んだ理由は以下の3つになります。

  • 紙の本を買う量が減って、なおかつ通販で買い物をほぼしない
  • ポイント還元率が楽天Koboの方がお得だった
  • Kindleストアのビジネス書とKindle Unlimitedに魅力があった

hontoも素晴らしいストアですが、僕のライフスタイルには合いませんでした。

ぜひ、Kindleとhontoのどちらが自分に合っているのか比較項目をチェックしてお得になる方を利用してみてください。

ヨメ
ヨメ

自分のライフスタイルに合うストアを選ぶことが重要なんだね

トミー
トミー

ぴったり合うストアを「トレデン」で見つけてくださいね!

スポンサーリンク

Kindleとhontoどっちがオススメ?|まとめ

Amazonが運営する「Kindleストア」と大日本印刷株式会社が運営する「honto」について両ストアのサービスの特徴や利用するメリットについて比較しました。

Kindleストアがオススメの人

  • 電子書籍はビジネス書を中心に読む
  • 電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」を利用したい
  • 電子書籍専用リーダー「Kindle」を使いたい
  • 紙の本の通販は注文したらすぐに届けてほしい
  • リアル書店にあまり行かない&hontoポイントが使えるリアル書店が近くにない

Kindle 公式サイト

hontoがオススメの人

  • 丸善・ジュンク堂・文教堂・啓林堂書店で本を買っている
  • 紙の本を買うときにポイントを貯めたい&使いたい
  • クーポンやキャンペーンでお得に電子書籍を買いたい
  • 本を勧めるプロ「ブックキュレーター」にオススメ本を紹介してもらいたい

honto 公式サイト

Kindleもhontoもそれぞれ魅力のあるサービスを展開するストアです。
自分のライフスタイルに合う使いやすそうなストアをぜひ利用してみてください。

以上、トレデン編集長で電子書籍ストア案内人のトミー(@trendebooks)でした。