楽天KoboとBookLive!使うならどっち?7つの項目で徹底比較【選び方を解説します】

楽天Kobo BookLive! おすすめ 比較
ヨメ
ヨメ

楽天KoboとBookLive!どっちで電子書籍を買うか悩む…

トミー
トミー

両ストアとも素晴らしい電子書籍ストアだから僕もどちらを使うかで悩んだよ

ヨメ
ヨメ

どっちで買えばいいのか選び方のポイントとか教えてよ

トミー
トミー

じゃあ、僕が選んだときにチェックした8つの比較項目で楽天KoboとBookLive!を比較していくね

電子書籍ストアに勤務している書店員のトミー(@trendebooks)です。

楽天KoboとBookLive!はどちらも品揃えバツグンでクーポン割引もあるお得な電子書籍ストアなのでどちらを使うかで悩むのではないでしょうか。

実際、僕も電子書籍を使い始めたときに両方のストアで電子書籍を買って両ストアの素晴らしさを体験しています。

楽天KoboもBookLive!も素晴らしい電子書籍ストアですが、長く使うならできればどちらか1つにしぼりたいですよね。

そこでこの記事では「楽天Kobo」と「BookLive!」を選ぶときに比較したいサービス内容や利用するメリットなど8つの項目について解説していきます。

トミー
トミー

楽天KoboとBookLive!で悩んでいる方の参考になれば嬉しいです

楽天KoboとBookLive!はどちらがいい?|基本的な選び方

まずはじめに楽天KoboとBookLive!を選ぶときのポイントについてまとめておきます。当てはまるものが多い方のストアを使うとより満足度高く電子書籍が買えると思いますよ。

楽天Koboを選ぶときのポイント

  • 楽天カードを持っている
  • 楽天市場、楽天モバイル、楽天銀行など楽天のサービスを利用している
  • 楽天ポイントを貯めてる&利用している
  • 電子書籍専用リーダーで読書がしたい
  • 洋書も読みたい

関連記事 【業界2位】楽天Koboのメリット・デメリットと評判・口コミをチェック!

BookLive!を選ぶときのポイント

  • Tポイントを貯めてる&利用している
  • 割引クーポンが毎日欲しい
  • 三省堂書店で紙の本を買っている
  • 電子書籍だけ買えればいい(紙の本はあまり利用しない)

関連記事 BookLive!を使うメリットは11個【評判がいい理由や高評価のワケを解説】

ヨメ
ヨメ

楽天のサービスを利用しているなら電子書籍も楽天Koboにしたほうが良さそうだね

トミー
トミー

あとは紙の本の通販、ポイント、クーポンとかにも注目するといいかな。じゃあ、詳しく比較していくよ

楽天KoboとBookLive!を7つの項目で徹底比較

楽天KoboとBookLive!のサービスの特徴や利用するメリットを7つのポイントで比較します。

比較内容楽天KoboBookLive!
運営会社楽天株式会社株式会社BookLive!
(凸版印刷の子会社)
品揃え600万冊以上
(洋書を含む)
100万冊以上
ポイント制度楽天ポイント(楽天SPU)Tポイント
BookLive!ポイント
クラブ三省堂ポイント
セール
キャンペーン
  • 全ジャンルでセールを実施
  • ポイントアップ施策
  • 毎週割引クーポン配布
  • 全ジャンルでセールを実施
  • 毎日もらえるクーポンガチャ
電子書籍専用リーダーKoboなし
アプリ
  • 縦読みページ(×)
  • 自動送り(×)
  • アプリロック(×)
  • 自動送り(×)
  • アプリロック(×)
支払い方法
  • クレジット
  • 楽天ポイント(楽天ギフトカード)
  • 楽天キャッシュ
  • クレジット
  • spモード決済
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ワイモバイルまとめて支払い
  • WebMoney
  • BitCash
  • モバイルSuica
  • 楽天Edy
  • Google Pay
  • LINE Pay
  • Tポイント
  • BookLive!ポイント
  • BookLive!プリペイドカード
  • 三省堂書店 店頭決済サービス

運営会社を比較

電子書籍ストア 安全性
楽天KoboBookLive!
楽天株式会社株式会社BookLive!(凸版印刷の子会社)

電子書籍ストアを選ぶときは必ず運営会社をチェックしましょう。資金力のある大きい会社が運営するストアを選べば閉鎖のリスクを低くすることができます。

楽天Koboは楽天市場、楽天モバイル、楽天銀行など様々なサービスを運営しているあの楽天グループの電子書籍ストアです。電子書籍業界のシェアはAmazon Kindleストアにつぐ第2位で文句なしに最大手の電子書籍ストアの1つになります。

BookLive!は株式会社BookLive!が運営する電子書籍ストアです。株式会社BookLive!は東証一部に上場する国内印刷業界2強の一角・凸版とっぱん印刷の子会社なのでバックに大会社がついている電子書籍ストアになります。

こうして比較をすると、楽天KoboもBookLive!も大会社が運営している電子書籍ストアなのでストアの安全性はどちら問題はないでしょう。

両ストアとも大会社が運営しているので安全性に問題はなし

品揃えを比較

楽天KoboBookLive!
600万冊(洋書含む)100万冊

品揃えは楽天Koboが洋書を含めると600万冊BookLive!は日本の書籍だけで100万冊以上の品揃えです。楽天Koboの日本の書籍の品揃えはほぼBookLive!と同じくらいになります。

楽天Kobo、BookLive!ともに品揃えは国内最大級です。

漫画、小説、ライトノベル、ビジネス書、実用書、雑誌、写真集など様々な本を取り扱う総合電子書籍ストアで、別の電子書籍ストアと併用しなくても問題なく好きな本が読めます。

洋書も読みたいなら楽天Koboを利用したほうが良いですが、日本の書籍の品揃えは互角です。

ただ、出版社や著者によっては流通先が限定されている場合もあるので絶対に読みたい本や著者がいる場合は必ず事前にサイトで検索をして取り扱いがあるかチェックしてください。

日本の書籍は両ストアともトップクラスの品揃えで互角。洋書を読む場合は楽天Koboを選ぼう!

ポイント制度を比較

楽天KoboとBookLive!を利用した時にもらえるポイントと還元率を比較をしましょう。

比較項目楽天KoboBookLive!
ポイント楽天ポイントTポイント
BookLive!ポイント
クラブ三省堂ポイント
還元率1〜16%Tポイント: 0.5~3%
BookLive!ポイント
クラブ三省堂ポイント: 200円で1ポイント(0.5%)
トミー
トミー

ここは重要な比較ポイントなのでしっかり見ていきましょう

楽天Koboは楽天ポイントが貯まる&使える

楽天Koboは楽天ポイントが貯まる&使える電子書籍ストアです。

電子書籍を購入して貯まったポイントは楽天市場でお買い物するときや楽天ポイントで各種支払いをするときに使えます。もちろん、通販や楽天カードを使用して貯まった楽天ポイントで電子書籍を買うことも可能です。

ポイント還元率は楽天のポイントアッププログラム「楽天SPU」が適用されます。電子書籍を購入するために楽天会員になるだけだと還元率は1%ですが、楽天カードを使ったり、楽天銀行、楽天モバイルならど楽天のサービスを利用すれば還元率は最大で16%まで上昇します。

楽天SPU

>>>現在の楽天SPUの還元率をチェック

楽天Koboはいわゆる「楽天経済圏」の電子書籍ストアです。ほかの電子書籍ストアのポイント還元率は1%が多いので、楽天SPUで5%前後の還元率をつねに維持できるなら、とてもお得に電子書籍を買うことができますよ。

トミー
トミー

僕は楽天カード、楽天銀行、楽天証券で常時5%、楽天Koboや楽天市場で買い物をすればさらにポイントアップするのでお得に電子書籍が買えると感じています

注意点は楽天SPUで還元率を上げるために「楽天カード」(年会費無料でOK)が必須です。楽天カード利用するだけで還元率が2%も上がります。正直、ポイントアップする条件では手軽すぎです。

すでに楽天カードを持っているなら楽天Koboは利用ストアの上位候補となるでしょう。

BookLive!は3種類のポイントある

BookLive!は「Tポイント」「BookLive!ポイント」「クラブ三省堂ポイント」の3つのポイントがあります。

まず、BookLive!で電子書籍を買ったときに付与されるのはTポイントでBookLive!の会員になっただけだと還元率は0.5%です。

ヨメ
ヨメ

還元率0.5%はちょっと渋いね…

トミー
トミー

Tポイントの還元率は前月の購入金額で変わるよ

Tポイントの還元率はBookLive!で前月に購入した電子書籍の購入金額によって変動します。

購入金額とTポイントの還元率は以下のとおりです。

BookLive! Tポイント サンクスプレミアムクラブ ランク

還元率を最大にするためには電子書籍を毎月10,000円以上買う必要があります。それでも還元率は3%です。

楽天Koboの場合は楽天カードを使って買い物をするだけで還元率が3%になります。ポイント還元率だけを見れば楽天Koboはかなりお得ですね。

ただし、Tポイントが3%も還元される電子書籍ストアはBookLive!だけです。本を毎月たくさん買っていて、Tポイントを貯めているならBookLive!を利用したほうがよいでしょう。

ヨメ
ヨメ

ほかの2つのポイントは?

トミー
トミー

BookLive!ポイントとクラブ三省堂ポイントもみていこう

BookLive!ポイントは毎日来店すると1ポイント付与されます。ほかにはBookLive!のプリペイドカードを購入するとチャージできます。電子書籍を買って付与されるポイントではないのでそこまで重要ではありません。

クラブ三省堂ポイントはクラブ三省堂の会員IDとBookLive!の会員IDを連携させると200円購入につき1ポイント付与されるようになります。還元率は0.5%ですが、200円ごとなので、正直ちょっと使いにくいですね…

とはいえ、三省堂で紙の本を買う方なら少しでもポイントが貯ればお得になるので必ず連携させるようにしましょう。

BookLive!は3種類のポイントが貯まりますが、重要なポイントはTポイントです。還元率はそこまで高くありませんが、Tポイントが貯まる貴重な電子書籍ストアになります。Tポイントを普段から利用しているならBookLive!を利用しましょう。

トミー
トミー

楽天ポイントとTポイントのどちらに魅力を感じるか比較してみてください

  • 楽天Kobo ⇒ 楽天ポイントが貯まる&使える(還元率1〜16%)
  • BookLive!⇒ Tポイントが貯まる&使える(還元率1〜3%)

セール・キャンペーンを比較

楽天KoboとBookLive!のセールやキャンペーンを比較してみましょう。

楽天KoboBookLive!
  • 全ジャンルでセールを実施
  • ポイントアップ施策
  • 毎週割引クーポン配布
  • 全ジャンルでセールを実施
  • 毎日もらえるクーポンガチャ

セールは楽天KoboもBookLive!も毎週たくさんの本が値引きになっています。セールページに並ぶ本は両方のストアでほぼ同じです。

>>>楽天Koboのセール本一覧

>>>BookLive!のセール本

キャンペーンで比較をするなら「クーポン」と「ポイントアップ」をチェックしましょう。

楽天KoboもBookLive!も魅力的なクーポンを配布している

楽天Koboは毎週水曜日のレディースデー、木曜日のメンズデー、楽天スーパーセール、楽天お買い物マラソンを実施している期間などに割引クーポンを配布しています。

配布されるクーポンは主に以下の4種類です。

  • 2,000円以上で使える10%OFFクーポン
  • 3,500円以上で使える15%OFFクーポン
  • 5,000円以上で使える20%OFFクーポン
  • 10,000円以上で使える25%OFFクーポン

購入金額の縛りはありますが、ジャンルを問わず、新刊でも既刊でも好きな本が値引きで買えるとことが魅力です。

ほかにも出版社別に使える割引クーポンなどが不定期で配布されます。

BookLive!はCMなどでも有名な「毎日引けるクーポンガチャ」が魅力です。

BookLive! クーポンガチャ

毎日必ずもらえて、漫画、小説、ビジネス書など何かが安く買えるクーポンがもらえます。ガチャなので何がどのくらい安くなるかは毎日変わりますが、様々なジャンルの本を読む人にはとても嬉しいキャンペーンです。

クーポンも漫画10冊まで30%引きみたいな感じで楽天Koboのように購入金額の縛りがないので使いやすいと思います。

  • 楽天Kobo ⇒ 金額の縛りはあるが、新刊も含めて好きな本が値引きで買える
  • BookLive! ⇒ 何が安くなるかわからないが、条件が合えば1冊でも安く買える

楽天Koboはポイントアップキャンペーンも実施

楽天 0と5のつく日

楽天Koboは毎月1日の「ワンダフルデー」、「5と0のつく日ポイントアップ」、「楽天スポーツチーム勝利でポイントアップ」などポイントアップするキャンペーンも実施しています。

これは楽天SPUのポイントアップとは別なのでポイント還元率がさらに上がってお得です。

例えば、楽天SPUのポイント還元率が5%で「5と0のつく日ポイントアップ」にエントリーすれば還元率は7%になります。もう還元率高すぎてビビります。

トミー
トミー

楽天Koboはクーポン値引きと高いポイント還元率が魅力です

BookLive!は残念ながらキャンペーンでポイントアップすることはあまりありません。

楽天Koboはキャンペーンのポイントアップを利用するとさらにお得

電子書籍専用リーダーを比較

kobo リーダー

楽天Koboは電子書籍専用リーダーを4種類販売しています。

  • kobo Nia (お手頃価格)
  • kobo clara HD (エントリーモデル)
  • kobo libra H2O (スタンダードモデル)
  • kobo forma (最上位モデル)
created by Rinker
¥10,978(2020/10/30 18:22:52時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥15,180(2020/10/30 04:09:17時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥25,080(2020/10/30 04:09:17時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥34,980(2020/10/30 12:51:28時点 楽天市場調べ-詳細)

電子書籍しか読むことができないタブレットですが、電子書籍を読むことに最適化したe Inkディスプレイや目が疲れにくいライティング、持ち運びしやすい重さなどワンランク上の読書を楽しむことができます。

僕も「Kobo Libra H2O」を利用していますが、小説やビジネス書など文字系の本を読むならめちゃくちゃか快適に読めます。長時間読書をしても目が疲れないので一度使うと手放せません。

関連記事 Kobo Libra H2Oを使った感想とレビュー|8つのメリットと5つのデメリットを徹底解説

BookLive!は「BookLive!Reader Lideo」という電子書籍専用端末を取り扱っていましたが現在は販売を終了しています。BookLive!で電子書籍専用リーダーを使った読書は残念ながらできません

電子書籍専用リーダーで読書がしたいなら楽天Koboを利用しましょう

リーダーアプリを比較

比較項目楽天KoboBookLive!
縦読み
目次
ページめくり方の変更×
ページの自動めくり××
画像の拡大
しおり・付箋機能
明るさ調整
本棚作成(整理機能)
ダウンロード中に読書×
アプリのロック××
本棚のロック×

楽天Kobo、BookLive!ともにアプリは使いやすく、本は読みやすいと思います。

BookLive!の方は電子書籍をダウンロードしている途中で読み始めることができないところが気になる人はいるかもしれません。(僕はあまり気になりませんでした)

リーダーアプリはどちらも使いやすい

決済方法を比較

電子書籍の買いやすさもストア選びの重要なポイントです。楽天KoboとBookLive!で利用できる決済方法を比較してみましょう。

楽天KoboBookLive!
  • クレジット
  • 楽天ポイント(楽天ギフトカード)
  • 楽天キャッシュ
  • クレジット
  • spモード決済
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ワイモバイルまとめて支払い
  • WebMoney
  • BitCash
  • モバイルSuica
  • 楽天Edy
  • Google Pay
  • LINE Pay
  • Tポイント
  • BookLive!ポイント
  • BookLive!プリペイドカード
  • 三省堂書店 店頭決済サービス

楽天Koboは使える決済方法が少なく、ほぼクレジットカード一択です。でも、これは納得できます。

楽天Koboで電子書籍を買うときに一番意識したいことは楽天SPUのポイントアップです。そして、楽天SPUで最も手軽にポイントアップする方法が楽天カードの利用です。

つまり、楽天Koboで電子書籍を買うということは楽天クレジットカードで購入をしないと旨味が少なくなってしまうことになります。なので、楽天Koboを利用するなら楽天クレジットカードが必須です。

どうしてもクレジットが使いたくない場合はコンビニなどで楽天ポイントカードを購入してきてポイントをチャージすればクレジットカードなしでも電子書籍の購入は可能です。

BookLive!は逆にたくさんの決済方法を用意しています。クレジット、携帯払い、ネット系決済、アプリ決済、ポイント払いなど自分にあった決済方法を選ぶことが可能です。

ヨメ
ヨメ

楽天Koboはクレジットが必須なんだね

トミー
トミー

ポイントアップのためにもクレジット決済したほうがいいね。今ならカードを作るだけで5,000ポイントもらえるし、年会費もかからないからお得だよ

>>>いまなら無料で楽天カードを作って5,000ポイントもらえる!

楽天KoboとBookLive!を7つの項目で徹底比較|まとめ

楽天KoboとBookLive!を選ぶときにチェックしたいサービス内容を比較しました。

比較結果をまとめると以下のようになります。

運営会社
  • 楽天Kobo: 楽天株式会社
  • BookLive!: 株式会社BookLive!(凸版印刷の子会社)
どちらも大会社が運営していて安全性に問題なし
品揃え
  • 楽天Kobo: 600万冊以上(洋書を含む)
  • BookLive!: 100万冊以上
日本の書籍の品揃えはほぼ同じでどちらを選んでもOK
ポイント制度
  • 楽天Kobo: 楽天ポイント(楽天SPU)
  • BookLive!: Tポイント、BookLive!ポイント、クラブ三省堂ポイント
楽天ポイントとTポイントを比較して魅力を感じる方を選ぶと良い
セール
キャンペーン
  • 楽天Kobo: クーポン、ポイントアップキャンペーン
  • BookLive!: 毎日もらえるクーポンガチャ
セール頻度や値引き本は両ストアともたくさんある
クーポンとポイントアップに魅力を感じるなら楽天Kobo、毎日クーポンが欲しいならBookLive!
電子書籍専用リーダー
  • 楽天Kobo: Koboシリーズ
  • BookLive!: なし
アプリ楽天KoboもBookLive!も使いやすい
支払い方法
  • 楽天Kobo: 楽天カード一択
  • BookLive!: 様々な決済方法がある

運営会社、品揃え、アプリの使いやすさは両ストアとも素晴らしく、申し分ありません。

楽天KoboとBookLive!を選ぶときに特に気にしたい項目は「ポイント制度」「セール・キャンペーン」「電子書籍専用リーダー」です。

そして、楽天KoboとBookLive!はそれぞれ以下のような人に合っている電子書籍ストアだと思います。

楽天Koboを選ぶときのポイント

  • 楽天カードを持っている
  • 楽天市場、楽天モバイル、楽天銀行など楽天のサービスを利用している
  • 楽天ポイントを貯めてる&利用している
  • 電子書籍専用リーダーで読書がしたい
  • 洋書も読みたい
\高い楽天ポイント還元率とクーポン値引きが魅力/

関連記事 【業界2位】楽天Koboのメリット・デメリットと評判・口コミをチェック!

BookLive!を選ぶときのポイント

  • Tポイントを貯めてる&利用している
  • 割引クーポンが毎日欲しい
  • 三省堂書店で紙の本を買っている
  • 電子書籍だけ買えればいい(紙の本はあまり利用しない)
\Tポイントと毎日もらえるクーポンガチャが魅力/

関連記事 BookLive!を使うメリットは11個【評判がいい理由や高評価のワケを解説】

両ストアともとても魅力的なストアなので悩んでしまうと思いますが、この比較がストア選びの参考になれば嬉しいです。

それでは、よき電子書籍ライフを!