初回半額やお得な割引クーポンを配布している電子書籍ストア9選

Kobo Libra H2Oを使った感想とレビュー|8つのメリットと5つのデメリットを徹底解説

kobo libra h2o アイキャッチ
ヨメ
ヨメ

最近買った「Kobo Libra H2O」の使い勝手はどう?

トミー
トミー

思っていた以上に使いやすいし、電子書籍も読みやすくてめちゃくちゃ満足しているよ

ヨメ
ヨメ

私も自分用に買うか悩んでたから良かったところとか使ってみてイマイチだったところを教えてほしいな

トミー
トミー

じゃあ「Kobo Libra H2O」を使って僕が感じたメリットとデメリットを解説するね

電子書籍ストアに勤務している書店員のトミー(@trendebooks)です。

電子書籍は楽天Koboをメインストアとして利用していて、楽天スーパーセールで「Kobo Libra H2O」が安くなっていたので思わずポチってしまいました。

関連記事 楽天Koboリーダー端末セール情報まとめ|Forma/Libra H2O/Clara HD/niaを安くお得に買うための方法を解説

正直、スマホがあれば電子書籍を読むのに問題はありません。それでも、より快適な読書を求めて「Kobo Libra H2O」を購入しました。

実際に使ってみるととても使いやすく快適に読書ができて満足しています。ただ、ちょっとした不満もありました。

そこで、この記事では楽天Koboの専用リーダー「Kobo Libra H2O」を使って分かった9つのメリットと5つのデメリット、使用感や感想を交えて徹底レビューしていきます。

トミー
トミー

「Kobo Libra H2O」が気になっている方の参考になれば嬉しいです

「Kobo Libra H2O」の技術資料

はじめに「Kobo Libra H2O」がどのような電子書籍専用リーダーなのか技術資料をまとめておきます。

Kobo Libra H2O
ディスプレイ
  • 7.0インチディスプレイ
  • Carta E Ink HD タッチスクリーン
解像度1680×1264 (300ppi)
容量8GB
バッテリー数週間
ライトComfortLight PRO (フロントライト内蔵、ナチュラルライト機能)
サイズ159mm x 144mm x 5.0-7.8mm
重量192g
ページめくり
  • 画面タッチ
  • スワイプ操作
  • ページめくりボタン
防水IPX8 規格準拠 (水深2m / 最大60分耐久)
メモリ拡張不可
カラーホワイト / ブラック
フォント日本語フォント、欧文フォント、サイズ調整可
対応フォーマットEPUB / EPUB3 / PDF / JPEG / GIF / PNG / BMP / TIFF / TXT / HTML / RTF / CBZ / CBR / MOBI
※楽天KoboがサポートするのはKoboで購入した本のみ
Wi-FiIEEE 802.11b/g/n (WEP / WPA / WPA2)
パソコン接続USB (microUSBケーブル1本同梱)

「Carta E Ink HD タッチスクリーン」のディスプレイで紙の本に近い読み心地を再現しています。

Koboシリーズで防水機能と「ページめくりボタン」が付いているのは「Kobo Libra H2O」と1つ上のハイエンドモデル「Kobo Forma」の2つだけです。

「kobo libra H2O」をPCに接続すればPDFなどの文書ファイルを取り込むこともできますが、読むことを想定している電子書籍は楽天Koboで購入した電子書籍のみです。

また、Kindleなどほかの電子書籍ストアで購入した電子書籍はDRM処理が施されているので「Kobo」シリーズで閲覧することはできません。

「Kobo Libra H2O」の8つのメリット

「Kobo Libra H2O」を使ってみてメリットに感じたところは以下の9つです。

  • e Inkディスプレイで超読みやすい
  • フロントライト&ナチュラルライト機能で目に優しい
  • 片手で操作できる「ページめくりボタン」
  • 軽くて持ち運びしやすい
  • 防水仕様
  • 読書に集中できる
  • 長時間バッテリー
  • 「Kindle」に比べて動作がはやい
トミー
トミー

それぞれ解説していきます

e Inkディスプレイで超読みやすい

Koboシリーズ e Inkディスプレイ

「Kobo Libra H2O」のディスプレイは紙の読み心地を再現したe Inkディスプレイ、解像度は300ppiで文字がくっきりと表示されるので非常に読みやすいです。

特に小説、ライトノベルやビジネス書などの文字中心の本はスマホやタブレットに比べて格段に読みやすいと感じました。

トミー
トミー

あまりの読み安さに驚きました

フロントライト&ナチュラルライト機能で目に優しい

フロントライト方式 バックライト方式

「Kobo Libra H2O」はスマホやタブレットと違い直接ディスプレイのライトが目に入らないフロントライト構造と、読書している時間帯に合わせてライトの色合いを変化させるナチュラルライト機能を搭載しています。

フロントライト構造で目に直接ライトが入らず、長時間読書をしても目が痛くなりません

ナチュラルライト機能は読んでいる時間帯で画面の色合いを変化させる機能です。夜など就寝前はオレンジ色の画面に変化しブルーライトの放出を抑えてくれます。

どちらも快適な読書をサポートしてくれるとても優れた機能です。

トミー
トミー

「Kobo Libra H2O」で長時間読書をしても目が疲れませんでした

片手で操作できる「ページめくりボタン」

「Kobo Libra H2O」はページをめくるときに使えるボタンが付いています。

正直、使うまでは邪魔で、ボタンの部分をもっとスッキリとさせてコンパクトなタブレットにしてほしいと思っていました。

トミー
トミー

使ってびっくり。このボタン、めちゃくちゃ便利でした

「Kobo Libra H2O」はタッチスクリーンなので画面タップをしてもページはめくれますが、ページをめくるたびに指を画面に移動させてタップしなければいけません

スマホとかで慣れているのでこれまで気にしていなかったのですが、ページめくりボタンがある場合、ボタンの上に親指を乗せておき、ページをめくるときにポチっと押せばいいんです。

指移動の必要がありません。

トミー
トミー

ボタン操作、楽すぎる…

これは使ってみて一番便利だと思った機能です。

軽くて持ち運びしやすい

kobo libra h2o 重さ

「Kobo Libra H2O」は7インチディスプレイにページめくりボタンがあるのでちょっと大きなタブレットですが、重さは200gを切っています。

技術資料では192gとなっていますが、僕の持っているやつを測定したら190gでした。

ヨメ
ヨメ

これってどのくらい軽いの?

トミー
トミー

僕の使ってるスマホが250gくらいだね

僕のスマホの機種はiPhone XS Max、裏にスマホリングを付けています。これで重さがだいたい250gです。「Kobo Libra H2O」は普段使っているスマホより50gも軽いのでものすごく軽く感じました。

スマホよりも軽いので腕は疲れないですし、かばんに入れても苦にならない重さなので持ち運びも便利です。

防水仕様

kobo 防水機能

「Kobo Libra H2O」は防水機能がついています。仕様上はまるごと水につけても大丈夫とのこと。

防水機能がついているのでお風呂やキッチンで使うことができるのはとても便利です。

特に、僕はお風呂で読書をしているので、漫画やビジネス書をお風呂で読めるところがとても気に入っています。

トミー
トミー

お風呂で漫画をよむとついつい長湯してしまいます

読書に集中できる

読書 読みふける

「Kobo Libra H2O」は電子書籍を読むための専用タブレットなのでスマホと違って通知で気が散ったり、ゲームやSNSなどの誘惑がありません。

読書にしか使えないからこそ、読書に集中することができます。

トミー
トミー

本を読んでいるときに通知が来ると正直ウザいんですよね

読書に集中したい、気が散りやすい人は電子書籍専用リーダーでの読書がオススメですよ。僕がそうなので。

長時間バッテリー

バッテリー イメージ

「Kobo Libra H2O」はバッテリーが長持ちします。一度フル充電すれば数日充電しなくても余裕です。

もちろん、読書時間が長くなればバッテリーの減りは早くなりますが、スマホよりは確実に長持ちします。

スマホだと充電の減りが早くて読みたいときに電子書籍が読めないというときがたまにありますが、「Kobo Libra H2O」はその心配がありません。

特によく寝る前にスマホの充電を忘れて朝起きたときに涙目になるズボラな僕にはバッテリーが長持ちするのは非常にありがたいです。

トミー
トミー

毎日充電する必要がないのはすごく楽です

「Kindle」に比べて動作がはやい

Kindle Paperwhite

僕はKindleストアの電子書籍専用端末「Kindle Paperwhite」も持っていて、Kindleで買った本やKindle Unlimitedを利用して読書をしています。

「Kindle Paperwhite」も素晴らしい端末ですが、ページをめくるときや読む本を選ぶときなどの動作がものすごくモッサリしています。

関連記事 Kindle Paperwhiteって必要?メリット・デメリットや使用感を徹底レビュー

「Kobo Libra H2O」もスマホやiPadなどのタブレットに比べると動作はモッサリとしていますが、「Kindle Paperwhite」よりはサクサク動いてくれていて使っていて違和感が少なかったです。

トミー
トミー

「Kindle Paperwhite」くらいにモッサリしていると思ったので嬉しい誤算でした

「Kobo Libra H2O」の4つのデメリット

「Kobo Libra H2O」を使ってみて「ここはちょっと…」と感じるところが5つありました。

  • 端末代金が高い
  • 容量が8GBしかない
  • 見開きがイマイチ
  • 白黒のみ

端末代金が高い

ネットショッピング 買い物

「Kobo Libra H2O」で最大のデメリットは端末代金でしょう。通常価格が25,080円です。

僕は楽天スーパーセールで2,200円値引きのときに買いましたが、それでも端末代金は22,880円でした。

created by Rinker
¥25,080(2020/09/18 18:42:32時点 楽天市場調べ-詳細)

関連記事 楽天Koboリーダー端末セール情報まとめ|Forma/Libra H2O/Clara HD/niaを安くお得に買うための方法を解説

正直、電子書籍を読むことにしか使えないものに25,080円は高すぎると感じますが、「Kobo Libra H2O」を一度使ってみるととても便利で手放せなくなることも事実です。

買ってしまえば端末代が高かったことなど忘れて使い倒していますが、やっぱり最初の「買う!」という決断は勇気が必要かなと思います。

楽天Koboで電子書籍を買うときや楽天市場などで買い物をするときに上手にポイントを貯めて、「Kobo Libra H2O」がセールで安くなったときにポイントを使って買うことをおすすめします。

トミー
トミー

セール、ポイントを駆使してお得に買いましょう

容量が8GBしかない

本 電子書籍

「Kobo Libra H2O」は容量が8GBしかありません。これは漫画を中心に読んでいる場合だと容量不足になる可能性があるので注意が必要です。

電子書籍は本によって1冊あたりの容量が違います。ざっくりというと漫画や雑誌などの絵や写真が多いものは容量が大きく、小説、ライトノベル、ビジネス書などの文字が多いものは容量が小さいです。

関連記事 電子書籍の容量(ファイルサイズ)は?|漫画、ラノベ、小説、雑誌などのサイズまとめ

容量が8GBだと持ち歩ける本の冊数の目安はだいたい以下のようになります。

ジャンル8GB
漫画・雑誌100〜120冊
小説、ビジネス書2,000冊以上
ライトノベル500冊以上

※ライトノベルはイラストの多さによって容量が変わります

「Kobo Libra H2O」のスペック表ではテキストベースの本約6,000点(1MBで計算)、コミック約150点分(40MBで計算)と試算されています。

正直、ちょっと甘いかなと思いました。これよりは持ち歩ける本の数は少ないと思ったほうがいいです。

もちろん、ダウンロードした本を削除して容量をあければ別の本をダウンロードできますが、正直面倒ですよね。特に、漫画を読む人は8GBだと足りない可能性があります。

トミー
トミー

32GBモデルもあればいいんですけどね

「Kobo」シリーズで32GBはハイエンドモデルの「Kobo Forma」しかありません。

漫画を読む方は容量にはご注意ください。小説やビジネス書を読む方なら1,000冊程度は余裕で入ると思うので8GBでも気にしなくていいと思います。

見開きがイマイチ

「Kobo Libra H2O」の目玉機能で漫画の見開きがあります。

たしかに、2ページに渡って描かれている漫画をスマホで読むと半分切れていたり、画面を横にすると小さかったりでイマイチですよね。

「Kobo Libra H2O」なら常に漫画を見開きで読めることに多少期待をしていたのですが、その悩みは解決されませんでした

トミー
トミー

正直、7インチのタブレットの見開きはイマイチです

ディスプレイが7インチでそれなりに大きいですが、見開きにすると文字が小さくて読みにくいと感じました。絵も小さくなりますし。

ただ、これは見開きの場合で、1ページずつなら絵も文字も大きくて快適に読めました。スマホより画面が横に大きいのでとても読みやすいです。

見開き2ページで描かれているところは見開きで見たほうが迫力もあってよかったので見開きで読むところ、読まないところを使い分ければいいと思います。

トミー
トミー

常に見開きで読むのではなく2ページに渡って描いてあるところだけ見開きで読めば臨場感もあって漫画をより楽しむことができました

白黒のみ

「Kobo Libra H2O」は白黒表示しかできません

漫画の表紙やカラーページ、イラスト、雑誌などすべて白黒表示されてしまいます。

小説やビジネス書、普通の漫画を読むのは白黒でも全く気になりませんが、フルカラー漫画や雑誌を中心に電子書籍を楽しみたいなら注意が必要です。

トミー
トミー

電子書籍で買う本にカラーが多いかチェックしましょう

関連記事 電子書籍端末のシンプルな選び方|タブレットと専用リーダーの違いやメリットを徹底解説

「Kobo Libra H2O」の評判や口コミ

「Kobo Libra H2O」のQ&A

最後に、僕が「Kobo Libra H2O」を買う前に調べてことや気になっていたことを実際に使ってみてわかったのでQ&A形式でまとめておきます。

「Kobo Libra H2O」を購入するときの参考にしてもらえたら嬉しいです。

Q: 画面保護フィルムやカバーは必要ですか?

トミー
トミー

僕は画面保護フィルムもカバーも使っていません

「Kobo Libra H2O」ベゼルレスではなく、画面とベゼルの間が段差になっているのでフィルムが貼りにくそうだと思ったことと、お風呂で使うことを想定していたので保護フィルムもカバーも使っていません。

スマホやタブレットの指紋や指の油分がつくようなツルツルしたディスプレイではなく、マットで傷がつきにくい感じだったのでファイルはいらないかなと思いました。移動のときはかばんに適当にいれていますが、いまのところ傷はありません。

カバーも人それぞれですが「Kobo Libra H2O」の軽さを活かすためにもカバーはしないほうがいいのではないかと思いました。ホコリが付いたりもしないのでカバーがなくても気にならないと思いますよ。

Q: 届いたらすぐに使えますか?

トミー
トミー

画面を起動してwifiを設定後、楽天Koboのアカウントでログインすればすぐに使えます

届いたらログインをしてwifiの設定をすればすぐに使えます。箱を開けて10分くらいで読書ができるようになりました。

ただし、本を大量に持っていてダウンロードする場合は時間がかかりますのでご注意ください。。

Q: 防水機能はどの程度ですか?

トミー
トミー

画面が濡れる程度なら全く問題ありません

技術仕様によれば「IPX8 規格準拠 (水深2m / 最大60分耐久)」とありますが、充電コネクタ部分がむき出しなところが正直こわいです。

水に沈めたら壊れそうなのでお風呂に落とさないように気をつけて使っています。仕様どおりならお風呂に落とす程度なら壊れないはずですケドね…

お風呂で読書をするとき、濡れた手で画面やボタンを触ったり、本体が多少濡れるくらいなら全然問題ありません。

Q: 文字シミなどはありますか?

トミー
トミー

小説などの文字はくっきりしていて読みやすいです

ディスプレイは300ppiなので小説やビジネス書の文字はくっきりと表現されていてとても読みやすいです。

ただし、デメリットでも書いた通り、動きがモッサリとしているのでページをめくるペースが早いと残像がでることがあります。

特に漫画を読むペースが早いと前のページがボヤッと残ることがありました。

Q: 文字が小さくて読めません

トミー
トミー

文字の大きさは細かく調節可能です

「Kobo Libra H2O」の小説やビジネス書などテキスト作品は文字の大きさをかなり細かく調整できます。スマホやタブレットと同様に好みの文字サイズで読むことができるのでご安心ください。

漫画は画像データなので拡大縮小ができます。小さくて読みにくい場合は拡大して読みましょう。

Q: アプリは何が使えますか?

トミー
トミー

アプリは使えません

「Kobo Libra H2O」は電子書籍を読むことに特化したタブレットなので電子書籍を読む以外の用途では使えません。

Q: SDカードは使えますか

トミー
トミー

残念ながら使えませんので容量の増設は不可です

「Kobo Libra H2O」はSDカードなどで後からの容量増設はできません。デメリットにも書きましたが、8GBモデルしか無いので漫画を中心に読む場合は容量が足りなくなる可能性が高いです。

Q: 7インチのディスプレイってどんな感じ?

トミー
トミー

文庫本と同じサイズです

「Kobo Libra H2O」の大きさを僕の使っているスマホ(iPhone XS Max)、文庫本と比較しました。

kobo libra h2o スマホ 比較

縦の表示領域は同じくらいで横は「Kobo Libra H2O」の方が広いです。「Kobo Libra H2O」のほうが紙の本の縦横比に近い感じで、電子書籍を読むなら「Kobo Libra H2O」の方が読みやすいと感じました。特に漫画は片面表示ならちょうどいい大きさです。

kobo libra h2o 文庫 比較

画面のサイズはほぼ文庫本と同じです。周りに縁やボタンがついているぶん、「Kobo Libra H2O」のほうがひと回りくらいより大きいです。ちょっと大きくはなりますが、ほぼ文庫サイズなのでかばんにもすんなり入ってくれると思います。

重さも200gを切っているので持ち運びも苦になりません。

Q: 楽天Kobo以外で買った本は読めますか?

トミー
トミー

DRM処理された電子書籍は楽天Koboで購入したもの以外は読めません

「Kobo Libra H2O」で読むことができる電子書籍は楽天Koboで購入した電子書籍のみです。PDFなど自炊(自分で作った電子書籍)したものも取り込むことはできるようですが、レイアウトなどが崩れる可能性があります。

綺麗にストレスなく電子書籍を読むためには楽天Koboで購入をしましょう。

関連記事 楽天Koboの評判が良い理由が判明!使うべき6つのポイントを解説

「Kobo Libra H2O」の感想とレビュー|まとめ

楽天Koboの電子書籍専用リーダー端末「Kobo Libra H2O」を使ってみた感想、使って分かったメリット・デメリットについてまとめました。

「Kobo Libra H2O」のメリット・デメリットは以下のとおりです。

  • e Inkディスプレイで超読みやすい
  • フロントライト&ナチュラルライト機能で目に優しい
  • 片手で操作できる「ページめくりボタン」
  • 軽くて持ち運びしやすい
  • 防水仕様
  • 読書に集中できる
  • 長時間バッテリー
  • 「Kindle」に比べて動作がはやい
  • 端末代金が高い
  • 容量が8GBしかない
  • 見開きがイマイチ
  • 白黒のみ

端末代金の高さと容量の少なさは気になりますが、e Inkディスプレイの読み心地、片手操作が簡単にできるページめくりボタン、お風呂で使える防水仕様など使い始めると手放すことができない素晴らしいアイテムでした。

楽天ポイントを貯めておいて楽天スーパーセールなどで安くなったときに購入するとお得です。

関連記事 楽天Koboリーダー端末セール情報まとめ|Forma/Libra H2O/Clara HD/niaを安くお得に買うための方法を解説

created by Rinker
¥25,080(2020/09/18 18:42:32時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥25,080(2020/09/18 09:16:36時点 楽天市場調べ-詳細)

電子書籍専用リーダーでより快適に読書を楽しみましょう!

それでは、よき電子書籍ライフを!