ドコモ・dブックの7つのメリットを解説【評判・口コミ・評価もチェック】

dブック docomo ドコモ
ヨメ
ヨメ

dブックって最近よく聞くけど、どんな電子書籍ストアなの?

トミー
トミー

dポイントがめちゃくちゃ貯まるストアだね。せっかくだからdブックの良いところも悪いところも全部まとめて解説するね

NTTドコモが運営する電子書籍ストア「dブック」がすごいことになっています。

これまではデメリットが大きくて正直イマイチなストアでしたが、現在はdポイントがめちゃくちゃ貯まりやすくなってオススメできるストアになりました。

そこで、この記事では「dブック」を使ったときの9つのメリットと6つのデメリット、評判や口コミなどをまとめていきます。

トミー
トミー

dポイントが気になっている方の参考になれば幸いです

\毎週日曜日ポイント20%還元/

公式サイト:https://dbook.docomo.ne.jp/

目次

dブックとは?

dブック docomo ドコモ

dブックは携帯電話でおなじみ、NTTドコモが運営する電子書籍ストアです。

ドコモの電子書籍ストアですが、スマホや携帯がドコモ以外の方でも利用することができます。

これまではAmazon Kindleストア楽天Koboに比べるとサービス面でイマイチに感じる部分が多かったのですが、電子書籍販売に本腰を入れてきたのか、最近はとても魅力的なキャンペーンが多くなりました

トミー
トミー

ドコモユーザー以外でもオススメできるストアになりました

サービスの充実した電子書籍ストアになってきましたが、イマイチに感じる部分もまだあります。

続いてはdブックを利用して素晴らしいと感じた9つのメリットと、イマイチだと思った5つのデメリットを解説していきます。

dブックのメリット

  • NTTドコモが運営
  • dポイントが貯まる&使える
  • 毎月10日・20日・30日はポイント20倍
  • ポイント還元キャンペーンが豊富
  • 無料・割引作品が豊富
  • dマガジンを利用するとポイント還元率アップ
  • dブック限定先行配信
トミー
トミー

それぞれ解説してきます

NTTドコモが運営

docomo ロゴ

電子書籍ストアを選ぶとき、最も怖いことはストアの閉鎖です。ストアを選ぶとき、必ず運営会社をチェックしましょう。

dブックは携帯3大キャリアの中でシェアNo.1のNTTドコモが運営する電子書籍ストアです。電子書籍を運営する会社としては申し分のない大会社で安心・安全に利用することができます。

トミー
トミー

安心して利用することができます

dポイントが貯まる&使える

dポイント ロゴ

dブックで電子書籍を購入するdポイントが貯まります。貯まったdポイントはdブックで電子書籍を購入するときに使えるのはもちろん、d払いをするときにも使えるのでとても便利です。

d払い-スマホ決済アプリ、キャッシュレスでお支払い

d払い-スマホ決済アプリ、キャッシュレスでお支払い

株式会社NTTドコモ無料posted withアプリーチ

スマホがドコモの方や、普段のキャッシュレス決済でd払いを利用しているなら電子書籍を買うストアでdブックを利用するとお得度がアップしますね。

トミー
トミー

dポイントを貯めているならdブックの利用がオススメ!

毎月10日・20日・30日はポイント20倍

dブック 10日 20日 30日 ポイント20倍

毎月10日・20日・30日は「dブックデー」キャンペーンで、dブックの電子書籍のポイントが20%還元になります。

月に3回だけのキャンペーンですが、エントリーするだけなのでかなりお得です。

トミー
トミー

キャンペーンが重なるとかなりお得ですね

ポイント還元キャンペーンが豊富

豚の貯金箱 金

dブックはほかにもポイント還元キャンペーンが豊富です。

出版社や作品ごとにポイントアップをしたり、曜日ごとにポイントアップをするなどお得に電子書籍が買えるチャンスが多いいです。

好きな作品や有名作の多い出版社のポイントアップなどは見逃さないようにしてくださいね。

メニューの「キャンペーン」からお得なキャンペーンを確認することができます。

\毎週日曜日ポイント20%還元/

公式サイト:https://dbook.docomo.ne.jp/

無料・割引作品が豊富

無料 イメージ

dブックは無料配信作品や割引作品も豊富で、現在は約10,000タイトルの電子書籍が無料もしくは割引になっています。

ポイント還元のキャンペーンとのあわせ技でさらにお得になります。

無料・割引作品はメニューの「無料・割引」から確認できるのぜひラインナップをチェックしてみてください。

\毎週日曜日ポイント20%還元/

公式サイト:https://dbook.docomo.ne.jp/

dマガジンを利用するとポイント還元率アップ

dブック dマガジン ポイントアップ

dマガジンはドコモの雑誌読み放題サービスです。dブックとは別のサービスになります。

dブックを利用する場合、dマガジンを利用する必要はありませんが、もしdマガジンも利用しているならポイント還元率がアップするキャンペーンを実施している場合があります。

エントリー制なので忘れずにエントリーしてください。

トミー
トミー

dマガジンも良いサービスなのでdブックとの連動キャンペーンは嬉しいですね

dブック限定先行配信

dブック 先行配信

dブックは一部の作品をほかの電子書籍ストアよりも先駆けて配信する先行作品配信を取り扱っています。

好きな作品が先行配信させるなら利用価値は高まるでしょう。

トミー
トミー

好きな作品はいちはやく読みたいですからね

dブックのデメリット

  • 品揃えが他のストアに劣る
  • ショッピングカートがない
  • 決済方法が少ない
  • リーダーアプリの機能が最低限
  • PC用アプリがない
  • メルマガを購読しなければいけない

品揃えが他のストアに劣る

dブックは品揃えが他のストアに比べて若干劣る部分があります。

特にコミックはオトナ向け、ボーイズラブ、ティーンズラブの品揃えが良くないです。

漫画好きに人気のebookjapan、女性向け漫画に強いコミックシーモア、大型総合電子書籍ストアのBookLive!と品揃えを比較してみましょう。

※タイトル数の比較です。数字が大きいほどたくさんの作品を取り扱っているということになります。

ジャンル dブック ebookjapan コミックシーモア BookLive!
少年コミック 9,119 9,816 8,848 9,687
青年コミック 20,654 21,004 21,765 21,096
少女コミック 13,932 17,597 14,247 13,334
女性コミック 26,546 11,815 18,793 28,800
ティーンズラブ 6,818 12,702 13,343 14,267
ボーイズラブ 9,658 18,481 20,184 19,514
オトナコミック 取扱なし 27,559 21,890 21,779
小説 45,569 33,740 77,677 45,272
ライトノベル 15,230 12,771 14,775 13,339
ビジネス書 22,045 31,649 26,970 29,587
写真集 5,443 10,792 19,799 16,144

※すべての商品を表示するにはセーフサーチを解除する必要があります(セーフサーチの解除方法)

dブックはコミックの品揃えが他店に比べるとやや少なくなっています。特にコミックは他のストよりも品揃えが少ないです。

理由はおそらくdブックの運営会社がドコモためでしょう。携帯・スマホは18歳未満でも所持している人が多いのでドコモはオトナ向け作品の取り扱いにはめちゃくちゃ厳しいのだと思います。

よって、dブックではオトナコミックの取り扱いはありませんし、最近は過激な描写が多いティーンズラブやボーイズラブ作品、ほかにも写真集の取扱数が極端に少なくなっています。

オトナ向けの作品が読みたい場合はdブックは利用目的に合わないと思いますので別のストアを利用しましょう。

逆に、オトナ向け作品なんて読まない、そもそも表紙も見たくないという方はdブックが合っているのではないでしょうか。

お子さんと一緒に使う電子書籍ストアにもぴったりかもしれませんね。

トミー
トミー

読みたい本や読みたいジャンルの取り扱いがあるか事前にチェックしましょう!

ショッピングカートがない

dブックはショッピングカートがありません。

同一作品のまとめ買いはできますが複数作品をカートに入れてのまとめ買いはできず、ほしい作品があったら1回ごとに購入する必要があります。

普段から通販などでカート機能に慣れている方は不便に感じる場合もありますのでご注意ください。

トミー
トミー

最終的にいくら分の電子書籍を買ったのか分かりにくい…

決済方法が少ない

ネットショッピング 買い物

dブックで電子書籍を買うときに使える支払い方法は以下の4つです。

  • クレジットカード
  • ドコモ払い
  • dポイント
  • ドコモ口座

dポイントは貯まっていないと使えませんので主に使う決済はクレジットかd払いになります。

ドコモの電子書籍サービスなのでau・ソフトバンクの携帯決済は使えません。

クレジットをネットで使いたくないという方はドコモ払い一択となってしまうところがちょっとイマイチですね。

リーダーアプリの機能が最低限

dブックのリーダーアプリには個人的にほしいなと思う機能が備わっていませんでした。

よくある電子書籍アプリの機能の中でdブックのアプリで使えたものは以下になります。

機能○/×
縦読み×
目次
ページめくり方の変更
ページの自動めくり×
画像の拡大
しおり・付箋機能
マーカー×
明るさ調整
本棚作成(整理機能)
ダウンロード中に読書×
アプリのロック×
本棚のロック×

ビジネス書を読むときによく使っているのでマーカー機能とメモ機能が無いのはちょっと残念でした。

電子書籍を読むための最低限の機能は備わっていますが、より快適な読書には向かないなという感想です。

トミー
トミー

漫画や小説を読むならそこまで問題はないと感じました

PC用アプリがない

dブックはパソコン用のアプリを提供していません。

パソコンで読む場合にはブラウザビューアーで読みます。そのためPCに電子書籍をダウンロードできないのでオフラインで読むことができません。

※スマホ・タブレットはアプリにダウンロードできるのオフラインで読めます

スマホでもパソコンでも電子書籍が読みたい方はご注意ください。

トミー
トミー

携帯会社だからこそスマホに力を入れているんですかね

メルマガを購読しなければいけない

キャンペーンなどにエントリーをするとドコモのほかのサービスのでメルマガを購読しなければいけません。

余計なメルマガを増やしたくない人にはデメリットに感じてしまう部分ですね。

トミー
トミー

僕は無心で削除しています…たまに読んじゃいますがw

dブックの評判や口コミ

dブックはこんな人にオススメです

  • ドコモユーザー
  • dポイントに魅力を感じる
  • dマガジンを利用している
  • 雑誌読み放題と電子書籍両方使いたい

dブックは還元率が高くてdポイントが貯まりやすい電子書籍ストアです。

スマホがドコモユーザーの方、d払いを利用している方などドコモポイントが使えるサービスを利用している方はdブックを利用するとお得に電子書籍が買えるます。

トミー
トミー

dポイントに魅力を感じるならdブックを利用しましょう

dブックのQ&A

dブックを利用するときに気になることをQ&A形式でまとめました。参考になれば嬉しいです。

Q: ドコモユーザーじゃなくても利用できる?

A. 利用できます

dアカウントを作ればドコモユーザー以外の方でもdブックは利用できます。

貯まったポイントで電子書籍を買ったりd払いに利用できたりするので便利ですよ。

トミー
トミー

ドコモユーザーじゃなくても使えるのは嬉しいですね

Q: パソコンでdブックは読めますか

A. ブラウザビューアーで読めます

dブックの本をパソコンで読む場合はブラウザビューアーのみになります。

パソコン用のアプリはないのでダウンロードをしてオフラインで読むことはできません。

トミー
トミー

パソコンで電子書籍が読みたい場合はご注意ください

Q: dマガジンも利用しなければいけないの?

A. dマガジンの利用は必須ではありません

dマガジンとdブックの連動キャンペーンに参加したい場合は利用が必須になりますが、それ以外は必要があれば契約しましょう。

Q: セーフサーチはどうやって解除しますか?

A. セーフサーチ解除のページで設定を変更できます

よくある質問⇒「検索の設定(セーフサーチ)を変更したい」で変更できます。

dブックを利用するメリットや評判|まとめ

NTTドコモが運営する電子書籍ストア「dブック」のメリットとデメリット、評判や口コミなど利用するときに気になるところをまとめてきました。

「dブック」のメリットとデメリットは以下の通りです。

  • NTTドコモが運営
  • dポイントが貯まる&使える
  • 毎月10日・20日・30日はポイント20倍
  • ポイント還元キャンペーンが豊富
  • 無料・割引作品が豊富
  • dマガジンを利用するとポイント還元率アップ
  • dブック限定先行配信
  • 品揃えが他のストアに劣る
  • ショッピングカートがない
  • 決済方法が少ない
  • リーダーアプリの機能が最低限
  • PC用アプリがない
  • メルマガを購読しなければいけない

dブックは還元率が高く、dポイントが貯まりやすい電子書籍ストアです。

ドコモユーザー以外でも利用できるのでdポイントに魅力を感じるならdブックを利用しましょう。

それでは、よき電子書籍ライフを!

\毎週日曜日ポイント20%還元/

公式サイト:https://dbook.docomo.ne.jp/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次