「Kobo Sage」の感想レビュー|後悔したところ3つ、良かったところ5つを徹底解説

Koboコボ Sageセージ」は楽天Koboが2021年10月に販売を開始した電子書籍専用リーダー端末です。紙の本に近い読み心地の「E Inkイーインクディスプレイ」でスマホやタブレットよりさらに快適な電子書籍の読書ができます。

楽天Koboの安全性や評判・口コミは?

僕はこれまで「Kobo Libra H2O」を愛用していましたが、端末の容量ストレージや画面の傷など少し不満を感じたときにちょうど新作「Kobo Sage」がでたので購入してみました。

画面の大きさやタッチペンの「Koboスタイラス」対応など面白い機能もついているハイエンド端末で期待が大きかったせいかもしれませんが、満足しているところと買って後悔したところがあります。

そこで、この記事では「Kobo Sage」を買った理由や使ってみた感想や後悔したこと、もう1つの購入候補だった「Kobo Libra H2O」の後継機「Kobo Libra 2」を選ばなかった理由などについてまとめていきます。

created by Rinker
¥30,800(2021/11/27 01:03:46時点 楽天市場調べ-詳細)
この記事を書いた人
トミー

仕事で紙の本と電子書籍の販売に携わっています。競合調査でさまざまな電子書籍ストアを利用中。各ストアのメリット・デメリットに詳しくなりブログでまとめています。当ブログでは、おすすめの電子書籍ストアや人気ストアの比較、電子書籍を安く買う方法などをお届けします!

トミーをフォローする

「Kobo Sage」を買った理由

Kobo Sage 購入 パッケージ

僕はこれまで楽天Koboで買った本は「Kobo Libra H2O」を利用して読んでいました。

Kobo Libra H2Oを使った感想とレビュー

「Kobo Libra H2O」は現在は販売終了、後継機の「Kobo Libra 2」が2021年10月に発売になりました

2020年9月の楽天スーパーセールで「Kobo Libra H2O」を購入してからずっと愛用してきたのですが、最近ちょっと不満が出てきました。

  • 端末の容量ストレージが8GBで足りない
  • 画面が傷ついてしまった

一番の不満は端末の容量ストレージの少なさです。購入当初は小説やビジネス書をメインに読むことを考えていたので8GBでも全然問題なかったのですが、使っているうちにお風呂で漫画を読む楽しさを知ってしまい漫画をダウンロードするようになりました。

漫画はファイルサイズが大きく、8GBじゃ全然足りません。すぐにストレージがいっぱいになり、新しく買った本をダウンロードするのにいちいち削除するのがすごく面倒に感じるようになりました。

電子書籍の容量はどのくらい?漫画などジャンル別に目安を解説

また、僕がKoboを使う場所はお風呂がメインなので保護シールを貼らずに使っていました。扱いが雑だったのか、いつの間にか画面に細かな傷がつき、中央付近には目立つ傷もできてしまいました。

そこでストレージが大きく、防水機能付きで漫画・小説がともに読みやすい「Kobo Sage」を購入しました。

「Kobo Sage」の良かったところは5つ

Kobo Sageの良かったところ
  • 防水機能
  • ページめくりボタン
  • 8.0インチの画面でページの見開き読みに最適
  • Carta flush E Ink HD 1200 タッチスクリーン
  • 端末のストレージが32GB

防水機能

電子書籍専用端末をお風呂に持ち込んで読書がしたいので「防水機能」はマストです。もし「Kobo Sage」に防水機能がついていなかったら買っていません(笑)

そのくらい重要視している機能で、お風呂でのリラックスした読書にハマっています。

ページめくりボタン

僕が最初に購入したKobo端末は「Kobo Libra H2O」でした。(「Kobo Libra 2」の1つ前の機種です)

正直、ページめくりボタンとかいらないからもっと端末代を安くしてほしいと思っていましたが、使ってみて意見が180度変わりました。

ページめくりボタン、超便利。一度使うと手放せない。

自分でもわかるアツい手のひら返し。ページめくりボタン最高です。宝石のようなページめくりボタン、もうどこへもいくな。

ページめくりボタンの使い方は簡単。Kobo端末を持った手の親指をボタンに添えるだけ。あとは親指をポチポチするだけでページがめくれていきます。画面に触れる必要がないので視界が本の情報だけになるのが素晴らしい。

ボタンのページめくりを体験すると画面タッチでページをめくるのが面倒に感じます。予算が許すなら僕はボタン付きの端末を購入することをおすすめします。

僕の職場の漫画好きの方にもボタンのページめくりを体験してもらったら快適すぎてヤバいとお墨付きをもらいました。

8.0インチの大画面でページ見開き読みに最適

Kobo Sage 見開き
Kobo Sageの漫画見開き

「Kobo Sage」の画面サイズは8インチでKoboシリーズでは2番目の大きさです。現在使用している「Kobo Libra H2O」の後継機の「Kobo Libra 2」も購入候補でしたが漫画を読むならできるだけ画面が大きいほうが迫力のあるイラストを楽しめると思い「Kobo Sage」を選びました。

手持ちの「Kobo Libra H2O」と画面を比較してみましたが、「Kobo Sage」のほうがひとまわりくらい画面が大きいです。1ページずつ読む場合は大画面で迫力のあるイラストが楽しめます。

また、画面が大きいのでタブレットを横にして紙のマンガのように見開きで読むことにも適しています。「Kobo Libra H2O」も見開き読みはできますが、画面が小さいため小さいコマや小さい文字がよみにくく、見開きは正直イマイチです。

Kobo Sage Kobo Libra H2O 見開き 比較
Kobo SageとKobo Libra H2Oの見開き比較
Kobo Libra H2O 見開き
Kobo Libra H2Oの漫画見開き

「Kobo Sage」で見開きを積極的に使っていますが、ページめくりボタンも押しやすく、中央に線が入らないので見開きの大迫力のシーンをより楽しむことができて満足しています。

Carta flush E Ink HD 1200 タッチスクリーン

電子書籍しか読めないタブレットをわざわざ購入する理由がE Inkイーインクディスプレイ」です。紙の本に近い読み心地で電子書籍の読書をワンランクもツーランクも押し上げてくれるすごい技術です。

スマホやタブレットで読んでも不満はないのですが、「E Inkイーインクディスプレイ」を知ってしまうと手放せなくなります。特に小説やライトノベル、ビジネス書など活字系の本はE Inkイーインクディスプレイ」が圧倒的に読みやすいです。

スマホで小説を読むと画面の小ささと明かりの強さで少し読むと目の疲れや紙の本とは違う読みにくさを感じるのですが、E Inkイーインクディスプレイ」はこれがまったくありません。本当に紙の本を読んでいるかのような感覚で読書ができますよ。

最近は漫画もE Inkイーインクディスプレイ」のほうが読みやすいと感じるときも多くなってきました。

端末のストレージが32GB

今回、僕が「Kobo Sage」を購入した理由が端末の容量を大きくしたかったからです。電子書籍専用端末は外付けHDDやSDカードなどの外部容量で増やすことができないので、本体の容量を大きくするしかありません。

「Kobo Saga」はKoboシリーズで最大容量の32GBです。小説やビジネス書などのテキストベースの本なら2.8万冊、漫画なら700冊前後を持ち運ぶことができます。

本音を言えば、64GBか128GBあると嬉しいのですが、端末価格が更に高くなりそうですし、電子書籍のみで使用するタブレットなら32GBなら問題ないのかなとも思います。

「Kobo Sage」を買って後悔したところは3つ

Kobo Sageのイマイチところ
  • 価格が高い
  • デカくて重い
  • フラットスクリーンが期待はずれ

価格が高い

「Kobo Sage」を最初に見たときすごくいいなと思ったのですが、即ポチできなかった理由が価格です。楽天Koboで購入した電子書籍だけが読めるタブレットに3万円。高い。

正直、買ったいまも思います。高い。

楽天Koboで買った電子書籍しか読めないタブレットに3万円は高いて。でも、買って使っているうちに3万円以上の価値、素晴らしい読書体験をさせてくれる端末だと思います。

とはいえやっぱり高い。

正直、小説を読むかつ防水機能がいらないなら半額の「Kobo Clara」で十分だと思います。漫画を読むなら「Kobo Libra 2」でも十分楽しめると思います。

デカくて重い

Kobo Sage 重さ 重量

画面サイズが大きく、端末のサイズが240gになった「Kobo Sage」を初めて持ったときの感想は「重い」でした。「Kobo Libra H2O」の重さは190gなので50gも重くなっています。たった50gと思うかもしれませんが、ここには天と地ほどの大きな差があります。

また、カバーをつけると400gになりました。片手持ちは無理だと思うくらい重いです。

また、買ってよかったところに書きましたが「Kobo Sage」の魅力は画面の大きさです。見開きでも読みやすいと感じる画面の大きさは素晴らしいと思います。

ただ、やっぱりでかいです。大は小を兼ねるといいますが、正直にいえば「Kobo Libra H2O」のサイズ感は最高でした。僕は男性ですが手がちょっと小さいので、「Kobo Sage」はちょっと手に余る感じがあります。女性の方が「Kobo Sage」を片手持ちするのは無理だと思う大きさと重さです。

そもそも「Kobo Sage」が重いというより「Kobo Libra H2O」が軽すぎた説もあります。本当に軽くていい端末でした。「Kobo Sage」を使っていると「Kobo Libra H2O」の手に収まるフィット感は最高だったと実感します。

画面の大きさにこだわりがないなら、「Kobo Sage」よりも「Kobo Libra 2」の方がいいと思います。「Kobo Libra 2」の方が僕には合っていたかなとちょっと後悔しています。

フラットスクリーン

「Kobo Sage」のウリの1つがフラットスクリーンです。僕もフラットスクリーンが良さそうだなと思って購入しましたが、劇的な感動は正直ありませんでした。ハッキリ言えば期待はずれ。

読んでいるときはフラットスクリーンでも「Kobo Libra H2O」のような段差がある画面でも気になりません。見ているのは本なので。フラットスクリーンだからめちゃくちゃ読みやすい!とはなりませんでした。

フラットスクリーンはさわり心地がよく、手で操作するのはとても気持ちがいいのですが、僕はページめくりボタンを使うので本を読んでるとき一切画面に触れません。

なので、僕にとってフラットスクリーンは特に必要な機能ではありませんでした。残念。

「Kobo Libra 2」ではなく「Kobo Sage」を選んだ理由

今回、新しいKobo端末を購入するにあたり「Kobo Sage」と「Kobo Libra 2」のどちらかで悩み、最終的には「Kobo Sage」を購入しました。

「Kobo Sage」と「Kobo Libra 2」はとても似ている部分が多いのですが、ちょっとした機能の違いで約7,000円の価格差があります。

今回、僕が「Kobo Sage」を選んだ理由と「Kobo Libra 2」もおすすめの端末ということをまとめておきたいと思います。

「Kobo Sage」と「Kobo Libra 2」の比較表

比較項目Kobo SageKobo Libra 2
ディスプレイCarta flush E Ink HD 1200 タッチスクリーンCarta flush E Ink HD 1200 タッチスクリーン
サイズ8インチ7インチ
解像度1920 x 1440
(300 ppi)
1680 x 1264
(300 ppi)
容量32GB32GB
ライトComfortLight PROComfortLight PRO
重さ240.8g215g
ページめくりボタンありあり
防水機能ありあり
Koboスタイラス対応非対応
カラーブラックホワイト/ブラック
金額(税込)30,800円23,980円

「Kobo Sage」と「Kobo Libra 2」で同じところ

  • Carta flush E Ink HD 1200 タッチスクリーン
  • 解像度は1920 x 1440 (300 ppi)
  • 端末のストレージは32GB
  • バッテリー持続時間は数週間
  • 防水機能
  • ページめくりボタン

「Kobo Sage」と「Kobo Libra 2」の画面はどちらも「Carta flush E Ink HD 1200 タッチスクリーン」で解像度も同じです。そのため、画面表示はほぼ同じような見え方になると思います。

端末のストレージも32GB、ページめくりボタンと防水機能がついているのも同じです。

「Kobo Sage」と「Kobo Libra 2」で違うところ

Kobo Sage
  • 画面サイズが8.0インチ
  • フラットディスプレイ
  • スタイラス対応
  • 色はブラックのみ
  • 重さは240.8g
  • 30,800円(税込)
Kobo Libra 2
  • 画面サイズが7.0インチ
  • 画面に段差がある
  • スタイラス非対応
  • ブラック/ホワイトの2色
  • 重さは215g
  • 23,980円(税込)

僕がKobo端末に求める防水機能、ページめくりボタン、ストレージの大きさ(32GB)は「Kobo Sage」と「Kobo Libra 2」どちらも満たしているので、正直に言えばどちらを買っても問題ありませんでした。

むしろ、価格差を考えると「Kobo Libra 2」を買う予定でした。

それでも「Kobo Sage」を買った理由は画面サイズ、フラットディスプレイ、スタイラス対応の3つがあったからです。

最近はお風呂で漫画を読むことが増えたのでできれば少しでも大きな画面で楽しみたいと思いました。そして、画面にこだわるならフラットディスプレイのほうがより見やすくなるのではないかと。

スタイラスについては完全に僕の興味です。僕はiPadでも読書やメモ書きをしてスタイラスとApple Pencilの使い心地の違いなどを試してみたくなりました。

「Kobo Sage」を実際に利用してみて「Kobo Libra 2」とどちらがおすすめか

「Kobo Sage」を実際に利用してみて、大きな画面は魅力的でもあり、重さが手に余る感じがいまいちだと感じました。

持ち運びもしながら手に負担もかけずに読書をするなら正直に言えば「Kobo Libra 2」(「Kobo Libra H2O」の後継機)のほうがよかったかなぁと少し公開しています。

スタイラスも期待値ほどではなく、むしろタブレットに文字を書くならiPad + Apple Pencilを使ったほうがいいと思うので大きい画面にこだわりがないのなら「Kobo Libra 2」をおすすめします。

「Kobo Sage」を使った感想レビュー|まとめ

「Kobo Sage」を使った感想・レビューでした。

良かったところは以下の5つです。

Kobo Sageの良かったところ
  • 防水機能
  • ページめくりボタン
  • 8.0インチの画面でページの見開き読みに最適
  • Carta flush E Ink HD 1200 タッチスクリーン
  • 端末のストレージが32GB

イマイチと感じた点は以下の3つです。

Kobo Sageのイマイチなところ
  • 価格が高い
  • デカくて重い
  • フラットスクリーンが期待はずれ

とても大きくて漫画を見開きで読むのにも最適な端末です。見開き読みなら片手で持っても読みやすいですよ。

ただ、多くの方にとっては「Kobo Sage」より「Kobo Libra 2」のほうが価格も安く、軽くて使いやすいのでいいのではないかと思います。

それでは、良き電子書籍ライフを!

created by Rinker
¥30,800(2021/11/27 01:03:46時点 楽天市場調べ-詳細)