どれを選ぶ?「Kobo」端末4モデルを徹底比較【Forma/Libra/Clara/Nia】

Kobo 電子書籍専用リーダー端末 選び方 アイキャッチ
ヨメ
ヨメ

リーダー端末の「Kobo」が私も欲しいんだけど、どれを使えばいいのかな?

トミー
トミー

予算とか読む本で変わってくるよ

ヨメ
ヨメ

ふむふむ。じゃあ、どういう基準で選べばいいかおしえて

トミー
トミー

じゃあ、いま販売している4モデルの比較をして選ぶときに注目するといいポイントを解説していくね

電子書籍ストアに勤務している書店員のトミー(@trendebooks)です。

楽天Koboは電子書籍専用リーダー端末「Kobo」シリーズ(全4機種)を販売しています。専用リーダーを使うと電子書籍がとても読みやすなるので、読書が好きな方にはぜひともオススメしたいアイテムです。

しかし、Koboを買おうと思うと魅力的な4機種の中から1つを選ばなければいけません。

それぞれ特徴があって、僕も自分用のKoboを買うときにめちゃくちゃ比較をして、悩んで、納得のいくものを購入しました。

そこで、この記事では楽天Koboの電子書籍端末「Kobo」シリーズを選ぶときに僕が悩んだとこや、比較したポイントを解説していきます。

トミー
トミー

ちなみに僕は比較検討した結果「Kobo Libra H2O」を購入しました

created by Rinker
¥25,080(2020/10/31 05:26:36時点 楽天市場調べ-詳細)

関連記事 Kobo Libra H2Oを使った感想とレビュー|8つのメリットと5つのデメリットを徹底解説

\高いポイント還元率×クーポン値引きでお得!/

「Kobo」シリーズを購入するときの注意点

まずはじめに楽天Koboシリーズを購入するときの注意点をまとめておきます。

買ったあとに「こんなはずじゃなかった〜」とならないようにするためにも必ずチェックしてください。

  • 楽天Koboで購入した電子書籍しか読めない
  • Wi-Fiもしくはネットに接続したパソコンが必要
  • 容量は後から増やせない
  • 白黒表示しかできない
トミー
トミー

解説していきます

楽天Koboで購入した電子書籍しか読めない

楽天kobo電子書籍ストア ロゴ

「Kobo」シリーズは楽天Koboで購入した電子書籍しか読むことができません。

よって、「Kobo」シリーズを使う場合は必然的に楽天Koboで電子書籍を買う必要があります。

トミー
トミー

すでに楽天Koboで電子書籍を買っているなら気にしなくてOKです!

Wi-Fiもしくはネットに接続したパソコンが必要

wi-fi イメージ

「Kobo」シリーズを利用するためにはネット接続が必須です。Wi-Fi、もしくはパソコンにUSBケーブルを使って接続しなければいけません。

ネットに接続できないと、そもそもアカウントが登録できなくなるので読書すらできません。

トミー
トミー

ネット環境は必須です

容量は後から増やせない

SDカード HDD 容量イメージ

「Kobo」シリーズの容量は「Kobo Nia」「Kobo Clara」「Kobo Libra」の3機種が容量が8GB、最上位モデルの「Kobo Forma」が32GBです。

あとからSDカードなどで容量を増やすことはできません。

8GBもしくは32GBのなかでやりくりしなければいけないので容量を重視する方は機種選びのときに注意してください。

トミー
トミー

漫画をたくさん読むなら特に注意が必要です

白黒表示しかできない

kobo libra h2o スマホ 比較

「Kobo」シリーズは白黒表示しかできません。カラーの漫画やラノベの挿絵、ビジネス書などの図解などすべて白黒になります。

カラーで読んだほうがいい作品には使っていても正直向いていないと思います。カラーはスマホやiPadなどのタブレットの方がさすがにあっていますね。

トミー
トミー

電子書籍専用リーダーは小説などの活字を読むのに適しています

「Kobo」シリーズのラインナップ【Forma/Libra/Clara/Nia】

kobo 端末 ラインナップ

Koboシリーズは現在4機種【Forma/Libra/Clara/Nia】で展開しています。

各端末のスペック比較は以下の表のとおりです。

機種名Kobo FormaKobo LibraKobo ClaraKobo nia
ディスプレイCarta E Ink
タッチスクリーン
Carta E Ink
タッチスクリーン
Carta E Ink
タッチスクリーン
Carta E Ink
タッチスクリーン
ディスプレイサイズ8インチ7インチ6インチ6インチ
解像度300ppi300ppi300ppi212ppi
容量8GB / 32GB8GB8GB8GB
バッテリー持続時間数週間数週間数週間数週間
ライトフロントライト
ナチュラルライト機能
フロントライト
ナチュラルライト機能
フロントライト
ナチュラルライト機能
フロントライト
重さ197g192g166g172g
ページめくりタッチ / スワイプ
ボタン
タッチ / スワイプ
ボタン
タッチ / スワイプタッチ / スワイプ
防水機能ありありなしなし
価格34,980円25,080円15,180円10,978円

画面は4機種すべてが紙の読み心地に近い「Carta E Ink」ディスプレイを採用しており、すべて画面のタッチ、スワイプに対応しています。

「Kobo Forma」「Kobo Libra」の上位機種はページめくりができる物理ボタンもついています。この物理ボタンは使ってみると案外便利でした。

関連記事 Kobo Libra H2Oを使った感想とレビュー|8つのメリットと5つのデメリットを徹底解説

ヨメ
ヨメ

選ぶときどこに注目すればいいの?

トミー
トミー

次の6つの項目を比較してみよう

  • 価格
  • 容量
  • 防水機能
  • ディスプレイサイズ
  • 解像度
  • ページめくりボタン

※バッテリー、重さ、ライトについては4機種であまり変わりはないのでそこまで重視しなくてもいいかなと思います。

「Kobo」シリーズ徹底比較|選ぶときのポイント

価格

豚の貯金箱 金
機種名Kobo formaKobo LibraKobo ClaraKobo Nia
価格34,980円25,080円15,180円10,978円

まず最初に注目すべきポイントは価格だと思います。価格は「Kobo Forma」と「Kobo Nia」で2万円以上違っているので、しっかりと予算と相談しましょう。

「Kobo」シリーズは一番安い「Kobo Nia」でも1万円ちょっととかなり高額ですが、楽天スーパーセール・楽天お買い物マラソンのときには機種の値引きや電子書籍割引クーポンがもらえるので普段よりもお得に買うことができます。

関連記事 楽天Koboリーダー端末セール情報まとめ|Forma/Libra H2O/Clara HD/niaを安くお得に買うための方法を解説

さらに、買いまわりのポイントアップ、楽天SPUの還元率を上げるなどの工夫をすればさらに安く買うことも可能です。

僕は「Kobo Libra」をいろいろ駆使して最終的に15,000円前後(ポイント還元含む)で購入しました。

  • 楽天スーパーセールで2,200円引き(25,080円⇒22,880円)
  • 事前に貯めていた楽天スーパーポイントで6,000円引き(6,000ポイント使用)
  • さらに1,500ポイントくらい還元

ポイント還元は楽天SPU(6%)、買いまわり(2%)、0と5のつく日(1%)、楽天スポーツチームの勝利(1%)を利用しています

予算が15,000円くらいだったので当初は「Kobo Clara」を買う予定でしたが、値引きとポイントを駆使することで上位の機種の「Kobo Libra」を予算内で買えて満足です。

トミー
トミー

予算を決めたら、値引きやポイント還元を上手に使いましょう

  • 価格は1万円〜3万円
  • 楽天スーパーセールなどで安くなるときが狙い目
  • ポイント還元率をできるだけ上げよう
  • 普段からポイントを貯めておくと予算が組みやすい

容量

SDカード HDD 容量イメージ
機種名Kobo FormaKobo LibraKobo ClaraKobo Nia
容量32GB8GB8GB8GB

「Kobo」シリーズは最上位モデルの「Kobo Forma」は容量が32GBで残りの3機種は8GBdです。

先に注意点でも記載したとおり、KoboシリーズはあとからSDカードなどで容量が増やせません。特にコミックを中心に読む場合は容量には注意しましょう。

32GBと8GBで持ち歩ける電子書籍の目安です。

ジャンル8GB32GB
漫画・雑誌100〜120冊400〜480冊
小説、ビジネス書2,000冊以上8,000冊以上
ライトノベル500冊以上2,000冊以上

※ライトノベルやビジネス書でもイラストや図解が多い作品は容量が大きくなります

関連記事 電子書籍の容量(ファイルサイズ)は?|漫画、ラノベ、小説、雑誌などのサイズまとめ

8GBだと漫画は100冊前後、どんなに多くても150冊程度しか持ち歩けません。

もちろん、読まない漫画は削除して読む漫画をダウンロードしておけばいいのですが、ちょっと手間ですよね。

手間なく漫画をたくさん持ち歩きたいなら32GBがオススメです。

小説やライトノベルなどの活字が中心なら8GBでも十分だと思います。

トミー
トミー

僕は活字を中心に持ち歩いているので8GBでも問題なく使えています

  • 容量はあとから増やせないので注意
  • 漫画は8GBだと100冊前後しか入らない
  • 活字は8GBでも問題なし

防水機能

kobo 防水機能
機種名Kobo FormaKobo LibraKobo ClaraKobo Nia
防水機能ありありなしなし

僕が電子書籍専用リーダーを購入するときに重視したポイントの1つが「防水機能」です。

「kobo」シリーズで防水機能がついているのは「Kobo Forma」「Kobo Libra」の上位モデルだけ。「Kobo Clara」に防水機能がついていたら最高だったのですが、残念ながら防水機能はありません。

防水機能のある端末にするとお風呂で読書ができます。僕は「Kobo Libra」と「Kobo Clara」で悩みましたがお風呂でリラックスしながら読書をするのが好きなので防水機能のある「Kobo Libra」を選びました。

通勤時間や寝る前などの利用なら防水機能はわざわざ付けなくてもいいと思います。

トミー
トミー

お風呂で小説や漫画が読めるので防水機能つきにして大正解でした

  • 防水機能があるとお風呂で読書できる
  • 通勤時間、寝る前など水場での利用がないなら防水機能はいらない

解像度

機種名Kobo FormaKobo LibraKobo ClaraKobo Nia
解像度300ppi300ppi300ppi212ppi

解像度とは画面の鮮明さです。解像度が低いと文字や線が滲んでしまいます。

「Kobo」シリーズは最安の「Kobo Nia」だけが解像度212ppiです。212ppiだと文字が滲んだりぼやけたりすることがあるらしいので、僕は300ppiの「Kobo Clara」以上の機種をおすすめします。

トミー
トミー

ストレスなく読書するためにも300ppi以上がおすすめ

  • 「Kobo Nia」だけが解像度212ppi
  • 僕は300ppi以上をおすすめします

ページめくりボタン

機種名Kobo FormaKobo LibraKobo ClaraKobo Nia
ページめくりボタンありありなしなし

「Kobo Forma」と「Kobo Libra」には「ページめくりボタン」がついています。ボタンの上に自然と親指を置くことができて、ポチッとボタンを押せばぺーじがめくれます。

対して、「Kobo Clara」「Kobo Nia」は「ページめくりボタン」がついていないのでページをめくるためには親指を横にスライドしたりKoboを持っていない手で画面をタッチしなければいけません。

ボタンを押すだけでページをめくることができるのは使ってみるとすごく便利でした。

予算がゆるすなら「ページめくりボタン」ありをおすすめします。

トミー
トミー

使ってわかるこの便利さ

  • 「Kobo Nia」だけが解像度212ppi
  • 僕は300ppi以上をおすすめします

「Kobo」シリーズはどれがいい?ランキングにしてみた

Kobo Clara

「Kobo」シリーズで価格、スペックで最もバランスがいい機種です。個人的には防水機能が無いところだけがマイナスポイントですが、通勤時間や寝る前の時間など水場での利用を考えていないならコスパのいいアイテムです。

Kobo Libra

電子書籍を読むだけのタブレットに25,080円と価格はちょっと高いですが、防水機能、ページめくりボタン、漫画も活字も読みやすい7インチディスプレイと電子書籍を超絶快適に読むことができる端末です。正直、使ってみてあまりの使いやすさにびっくりしました。予算が許すなら一番おすすめしたい端末です。

Kobo Forma

最上位機種。容量は「Kobo」シリーズで唯一の32GB、最大の8インチディスプレイ、防水機能、ページめくり機能、大きいけど200gをきる軽さと文句のつけようがない素晴らしいスペックです。唯一文句があるとすれば34,980円という価格。電子書籍を読むだけの端末なのでやっぱり高く感じます。これならもうちょっと頑張ってiPad miniを買ってもいのでは?と思ってしまいました。

Kobo Nia

「Kobo」シリーズで最も安い10,978円という価格が魅力。「Kobo Clara」の性能を落とした機種なのでハッキリ言ってもうちょっとだけ頑張って「Kobo Clara」を買ったほうがいいと思います。

僕は「Kobo Forma」と「Kobo Clara」で悩みましたが防水機能が重要なポイントだったので最終的に「Kobo Forma」を購入しました。セールやポイント還元でそれなりにお得に買えましたが、やっぱり価格は高いですよね…なので2位にしました。

防水機能無しでいいなら一番おすすめは「Kobo Clara」です。価格と性能のバランスが一番優れています。試しに電子書籍専用端末を使ってみたいならオススメです。

楽天スーパーセールや楽天お買い物マラソンでお得に買えるチャンスを狙いましょう。

関連記事 楽天Koboリーダー端末セール情報まとめ|Forma/Libra H2O/Clara HD/niaを安くお得に買うための方法を解説

「Kobo」端末4モデルを徹底比較【Forma/Libra/Clara/Nia】|まとめ

「Kobo」端末4モデルの比較して選ぶときのポイントをまとめました。

一番のオススメは価格と性能のバランスが一番優れている「Kobo Clara」です。防水機能が不要ならコスパが一番優れていて、電子書籍専用端末リーダーデビューにもオススメです。

僕は防水機能があると便利だと思ったので「Kobo Forma」を購入しました。防水機能、ページめくりボタン、7インチのディスプレイとワンランク上の電子書籍読書を楽しむことができます。

価格が25,080円というところが一番のネックだと思いますので楽天スーパーセールやお買い物マラソン、ポイント還元などを利用して安く買いましょう。

トミー
トミー

Koboで電子書籍の読書を楽しみましょう!

それでは、よき電子書籍ライフを!

created by Rinker
¥34,980(2020/10/30 12:51:28時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥25,080(2020/10/31 05:26:36時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥15,180(2020/10/31 04:21:38時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥10,978(2020/10/30 18:22:52時点 楽天市場調べ-詳細)