ブック放題が意外と便利!利用してわかったメリット・デメリットまとめ|評判や口コミもチェック

ブック放題 メリット・デメリット
ヨメ
ヨメ

漫画と雑誌が読み放題の「ブック放題」ってどうなの?

トミー
トミー

正直、Kindle Unlimitedの劣化版かと思っていたけど、使ってみると意外と便利だったよ

ヨメ
ヨメ

どんなところが良かったのか教えて!

トミー
トミー

じゃあ、ブック放題を使ってみて良かったところとイマイチだったところをまとめるね

ブログ「トレデン」の管理人で、普段は書籍や電子書籍の販売に携わっている書店員のトミー(@trendebooks)と申します。ご訪問いただき、誠にありがとうございます。

ブック放題は月額550円(税込)という安さで雑誌と漫画が読み放題になるコスパ最強の人気の読み放題サービスです。

ただ、AmazonのKindle Unlimitedやdブック、楽天マガジンなどの雑誌読み放題がある中で、ブック放題を選ぶ理由や利用するメリットはなんでしょうか?

そこで、この記事では実際にブック放題を利用してみて分かったメリット・デメリット、利用者の口コミや評判についてもまとめました。

トミー
トミー

ブック放題が気になっている方の参考になれば嬉しいです!

\初めての利用なら1ヶ月間無料!!/

ブック放題とは?

サービス名ブック放題
品揃え
  • 雑誌(350誌以上)
  • 漫画(30,000冊以上)
月額料金550円(税込)
無料期間加入日から1ヶ月間
支払い方法
  • クレジットカード
  • ソフトバンク携帯払い
  • Yahoo!ウォレット

ブック放題は株式会社ビューン社が運営する電子書籍読み放題サービスです。雑誌と漫画が月額550円(税込)という安さで読めることから注目を集めています。

雑誌も漫画も読み放題で心ゆくまで読みたい方にオススメのサービスです。

もともとはソフトバンクユーザー向けに提供していたサービスで、現在はソフトバンク以外のユーザーも利用できるようになっています。

トミー
トミー

雑誌と漫画が好きな方にオススメの電子書籍読み放題サービスです

※雑誌だけ読み放題で利用したい場合は雑誌読み放題サービスも検討するとよいでしょう

続いてブック放題のメリット・デメリットをチェックしていきましょう。

ブック放題の6つのメリット

  • 雑誌と漫画が読み放題
  • 雑誌の最新号が読める
  • 「るるぶ」を取り扱っている
  • オフライン対応
  • 月額550円
  • 無料で1ヶ月間お試し利用できる

雑誌と漫画が読み放題

ブック放題の魅力の1つが雑誌と漫画が読み放題という点です。雑誌と漫画の両方が読み放題になるサービスって実はそんなに多くありません。

他のストアで漫画と雑誌が読み放題になるのはAmazonが運営するKindleストアの「Kindle Unlimited」、コミックシーモア読み放題、ブックパス読み放題くらいです。

サービス名品揃え
ブック放題
  • 雑誌(350誌以上)
  • 漫画(30,000冊以上)
Kindle Unlimited
  • 雑誌(10,000冊以上)
  • 漫画(50,000冊以上)
コミックシーモア
  • 雑誌(300冊以上)
  • 漫画(30,000冊以上)
ブックパス
  • 雑誌(300誌以上)
  • 漫画(5,000冊以上)

読み放題で読める冊数はKindle Unlimitedが圧倒的ですが、ブック放題は雑誌と漫画の品揃えのバランスが素晴らしいです。

コミックシーモア読み放題は漫画の品揃えは申し分ありませんが、雑誌がイマイチ。逆にブックパスはコミックの品揃えがイマイチです。

雑誌も漫画も読み放題で楽しみたいならブックパスは選択肢にしっかりと入ってくるでしょう。

トミー
トミー

雑誌350誌が読み放題は素晴らしいです

月額550円

ブックパスの魅力は月額550円(税込)という手ごろな利用料金です。

品揃えでは圧倒的だったKindle Unlimitedですが、月額料金は980円(税込)なのでほぼ倍の値段になります。1ヶ月だけなら430円高いだけですが、年間にするとブックパスの方が5,160円安く利用できます。

コミックシーモアも安い読み放題ライトプランで月額780円、読み放題フルプランだと1,480円、ブックパスは618円です。

雑誌と漫画の読み放題で最安はブック放題になります。

トミー
トミー

利用料金を出来るだけ安く抑えたいならブック放題がオススメ

雑誌の最新号が読める

雑誌読み放題で重要なポイントの1つは最新号が読めるかどうかです。

ブック放題の雑誌読み放題は最新号がしっかりと読めるので雑誌読み放題サービスとして利用して申し分ありません。

「るるぶ」を取り扱っている

個人的にブック放題でビビッときたのは「るるぶ」を取り扱っているところです。やっぱり旅行する時はガイドブックがあると心強いですよね。

ただ、旅行の荷物に加えて紙の雑誌を持っていくのは荷物になってしまいます。

電子版の「るるぶ」ならスマホがあれば読むことができますし、荷物にもなりません。

自粛期間が終わって旅行を楽しめるようになったらうまく活用したいなと考えています。

トミー
トミー

スマホでるるぶが読めるのは絶対便利ですよね

オフライン対応

ブック放題のアプリに電子書籍をダウンロードすればオフラインでの読書ができます。

読み放題サービスによってはアプリの提供がなく、ブラウザビューアーのみという場合も多い中で、オフラインに対応しているブック放題は素晴らしいですね。

もちろん、ブラウザビューアーにも対応しているので読む環境によって選ぶことができるのもありがたいです。

トミー
トミー

いつでも読めるアプリのオフライン対応、サッと読めるブラウザビューアーの両方が使えるのは便利です

無料で1ヶ月間お試し利用できる

これまでブック放題のメリットについて書いてきましたが、やっぱり最後は実際に使ってみて使い心地やどんな雑誌・漫画を読むことができるのかチェックしたいところ。

そこで役に立つのが1ヶ月無料お試し利用です。

ブック放題を初めて利用する場合は利用を開始した日から1ヶ月間無料で全ての機能を使うことができます。

ブック放題の4つのデメリット

  • 品揃えが中途半端
  • 漫画は名作が中心
  • 会員登録がちょっと面倒
  • 支払い方法が少ない

品揃えが中途半端

ブック放題は雑誌と漫画の両方が読み放題のハイブリッドなサービスです。しかしながら裏を返すと専門の読み放題にやや劣ります。

「楽天マガジン」「dマガジン」などの雑誌の読み放題専門サービスは500誌以上が読み放題、さらに月額料金はブック放題より安いです。

漫画の読み放題もお金はかかりますが、Kindle Unlimited、コミックシーモア読み放題フルの方が品揃えが多くなっています。

品揃えの良さを求める場合は注意が必要です。

関連記事 本当に役立つ電子書籍読み放題サービス超厳選6つを紹介!特徴や選び方のポイントも解説

漫画は名作が中心

漫画の読み放題はいわゆる「名作漫画」が中心です。いわゆるちょっと”古い”漫画ですね。

いま連載中の人気漫画や大手出版社の人気作は残念ながら読み放題の対象外になります。

名作中心なのでもちろん面白い作品は多いですし、普段なら絶対に単品購入しないような作品がたくさん読めるので満足しています。

ただ、漫画のラインナップは利用者によってかなり評価が別れると思いますのでデメリットとさせていただきました。読みたい漫画があるかどうかは事前に確認しておきましょう。

ちなみにブック放題で読める漫画で僕のオススメは「将太の寿司」「カイジ」「やれたかも委員会」とかですね。あと最近は麻雀にハマっているので麻雀漫画も読みました。

会員登録がちょっと面倒

ブック放題はもともとソフトバンクユーザー向けのサービスだったので会員登録の方法が少し面倒でした。

会員登録をするためには以下のアカウントがないと登録できません。

  • My SoftBank
  • Yahoo! Japan ID
  • Apple ID
  • LINE ID
  • facebook ID

メールアドレスのみでの登録はできません。

僕はiPhoneユーザーなのでApple IDを利用しました。Apple IDを持っていなかったら正直に言ってしまうと利用してなかったかもしれません。

それくらい、会員登録はハードルが高いなと感じました。

もちろん、アカウントを持っていればすぐに登録できますのでご安心を。

トミー
トミー

IDを持っていない場合は作る必要があるのでちょっと手間ですね

支払い方法が少ない

ブック放題の支払い方法は会員登録のときにどのIDを利用したかで決まります。

  • My SoftBank → ソフトバンクまとめて支払い
  • Yahoo! Japan ID → Yahoo!ウォレット
  • Apple ID → クレジットカード
  • LINE ID→ クレジットカード
  • facebook ID→ クレジットカード

定番のクレジットカードで支払いをするためにはApple ID、LINE ID、facebook IDが必要になります。

支払い方法自体少ないですし、登録に利用したIDで支払い方法が決まってしまうのはちょっと不便だなと感じました。

トミー
トミー

IDによらずいろいろな支払い方法が選べると便利なんですけどね

ブック放題の口コミや評判

ブック放題のメリット・デメリット、口コミや評判|まとめ

ブック放題は月額550円(税込)で雑誌350誌と漫画30,000冊以上が利用できる読み放題サービスです。

ブック放題のメリットは以下の6つでした。

  • 雑誌と漫画が読み放題
  • 雑誌の最新号が読める
  • 「るるぶ」を取り扱っている
  • オフライン対応
  • 月額550円
  • 無料で1ヶ月間お試し利用できる

550円という低価格で雑誌と漫画の両方が読めるのはブック放題だけ。コスパ最強で、雑誌も漫画も読みたい方にはオススメできるサービスです。

アプリでオフラインの読書にも対応しているので移動時間やちょっとした空き時間にもスマホでサッと読むことができます。

手ごろな値段で電子書籍読み放題サービスを利用してみたい方にオススメです。

ブック放題を初めて利用する場合、無料で最初の1ヶ月お試し利用できます。利用してみて本当に自分にあっているサービスなのか確かめることができるのでまずは無料お試ししてみてくださいね。

それでは、よき電子書籍ライフを!

\初めての利用なら1ヶ月間無料!!/